logo

ナイキ、アディダスなどのグローバルブランドスポーツ用品が購入可能に!BLUETAGショップが3/3(月)よりSSK商品の取扱を追加~世界に挑戦するアスリート支援システムをブルータグがさらに拡大~

 アスリート支援事業を行うブルータグ株式会社(東京都港区 代表取締役社長:今矢賢一(以下「当社」という))は2008年3月3日(月)より
自社のオンラインショップ「BLUETAGショップ」(URL:リンク)にて株式会社エスエスケイ(大阪市中央区 代表取締役社長:佐々木恭一(以下「SSK」という))の
スポーツ関連商品10万点の中からセレクトした商品の取扱を順次開始いたします。
 この度のSSK商品の供給開始によりSSK野球用品をはじめ、ナイキ、アディダス等のグローバルブランドのスポーツ用品をBLUETAGショップで購入することが可能となります。
また、販売収入の一部がBLUETAGアスリートの活動支援に充てられます。
当社はこれらの活動を通じて、多くの人々にスポーツの楽しさを伝え、世界に挑戦するアスリートを支援したいと考えております。



■商品の取扱開始の目的

 より多くのお客様にBLUETAGショップでの購買活動を通じ、スポーツ振興・アスリート支援の輪を広げる為にスポーツ関連商品の数を一気に増加することになりました。
 是非、BLUETAGショップで取り扱っているスポーツ関連商品を活用し、4月から始まる新生活ではスポーツを取り入れたライフスタイルを通じて健康的に、
また快適に過ごして頂きたいと当社は願っています。

■BLUETAGショップとは?

 BLUETAGショップとは、購入者が自らの意思で選択した※1.支援先に対して購入金額の5%(※2.ワンコインサポートを除く)を支援できる
アスリート支援・スポーツ振興ができるオンラインショップです。これまで企業スポンサー頼りだったアスリートの支援環境を、インターネットを活用することにより、
小さな個人の支援をたくさん集め、それを熱伝導的に拡げることで大きな支援にしていくことを目指しています。
 スポンサー企業の支援が得にくいマイナー競技でも、競技に携わる競技者や家族、友人、その競技の体験者など、支援する意思のある個人は存在します。
そのような個人がもっと身近に、インターネットショッピングを通じて簡単にアスリート支援できる仕組みとしてBLUETAGショップはスタートしました。

※1.支援先は、独立行政法人日本スポーツ振興センターが運営するスポーツ振興基金およびBLUETAGが認定した
  各競技の世界に挑戦するアスリート達、または各競技の日本代表チームとなります。
※2.ワンコインサポートとは、500円(ワンコイン)でアスリート支援ができる仕組みです。
  ワンコインサポートの証として、BLUETAGリングを購入者に発送しており、BLUETAGリング(500円)の20%が購入者の選択したアスリート
  またはスポーツ振興基金へ支援金として当社を通じて支払われます。

■ブルータグ株式会社について

 ブルータグ株式会社はスポーツ関連商品・サービスを扱う「BLUETAG.JP」(リンク)での販売収入の一部でアスリートを支援する事業を展開しています。
 競技で収入を得られるプロリーグがなく、仕事と両立して練習をすることが困難なスポーツ選手や知名度は低いものの、世界で戦える可能性を秘めたアスリートを
「BLUETAGアスリート」として認定し、活動を支援しています。
インターネットを介し、スポンサー企業と一般消費者、マイナースポーツに情熱を傾けているアスリートたちを結びつけるシステムを構築しております。

■会社概要

会社名:     ブルータグ株式会社
所在地:     東京都港区南青山1-2-6Latticeaoyama708
代表者:     代表取締役社長 今矢賢一    
URL:       リンク
設立:      2006年11月
資本金:     6,500万円
事業内容:  ・スポーツ振興・アスリート支援業務
         ・スポーツマーケティングプログラムの開発、コンサルティング
         ・観客動員プログラムの企画
         ・スポーツ用品メーカーとの商品開発企画
         ・Eコマース支援事業
         ・スポーツ関連メディアの企画開発

会社名:     株式会社エスエスケイ
所在地:     大阪市中央区上本町西1丁目2番19号
代表者:     代表取締役社長 佐々木恭一
URL:       htp://www.ssksports.com/
設立:      1946年11月
資本金:     9,828万円
事業内容:   スポーツ用品の製造卸売及び輸出入

関連情報
http://bluetag.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事