logo

[Rankey]日常生活の気になることを何でも解決してくれるサービス-ポータル情報検索

現在韓国内のポータルサイトは、総合ポータルとして全てのサービスを、文字通りひとつのサイトで完結して利用できるようになっている。電子メールをチェックし、よく見るブログにアクセスし、同じ趣味や興味を共有するコミュニティカフェを訪問し、ニュース記事を読み、気に入った動画を鑑賞し、知りたいものがあれば、それらを全て情報検索サービスを通じて答えを捜し出している訳である。

韓国で有名なポータルサイトのひとつである「ネイト(Nate.com)」で、公開されている新しいEmpas社のTVコマーシャルに、最近とても気になる広告があった。
ウサギがメガネをかけている画像イメージであった。恐らくこのCMは、Empas社の情報検索能力が高いことを強調するためのイメージ広告だったのではないかと思われる。この他にも、何か気になることがある場合、韓国では「ネイバー(Naver.com)に聞いてみて」という言葉を、いつもよく私たちは使う。勿論このことは、コマーシャルの影響も大きいと思われる。一番の理由は、ポータル情報検索が私たちが気になる問題の大半を解決してくれるからである。その結果として、とうとう今では気になることがあれば、まず最初にインターネットで情報検索を行なうという習慣が身に付いてしまっている。

現在韓国内のポータルサイトは、総合ポータルとして全てのサービスを、文字通りひとつのサイトで完結して利用できるようになっている。電子メールをチェックし、よく見るブログにアクセスし、同じ趣味や興味を共有するコミュニティカフェを訪問し、ニュース記事を読み、気に入った動画を鑑賞し、知りたいものがあれば、それらを全て情報検索サービスを通じて答えを捜し出している訳である。
特にやることがない暇な時間に、ポータルサイトの中をあれこれと覗いたりして利用していると、いつの間にか時間が経っていることに気付くことも珍しいことではない。
このように、ポータルサイトで提供されるサービスの大部分は、私たちにとって非常に便利で役立つ存在である。それらのサービスが全てひとつのサイト上で、簡単かつ便利に利用できるのである。もちろんポータルサイトへの独占的影響力が強まっているのも事実である。ポータルサイト会社とコンテンツ提供会社と間に不公正な取引関係があるのではという疑いも否定できないし、インターネット産業全般を見た場合でも、ポータルサービスの独占という寡占が及ぼす影響を無視することはできないであろう。しかしながら、今はポータルの情報検索サービスに限定したお話しをしてみたいと思う。

2007年11月第2週のポータル情報検索において、1週間の訪問者数は約1,442万人であった。ネイバーにおける情報検索の1週間の平均訪問者数は495万人を越えており、1日の平均ページビューも3,750万ページ以上を記録している。
このように毎日多くのインターネットネットユーザーが利用している情報検索サービスであるが、韓国における最初のサービスは2000年にインターネットハンギョレ社の「デ−ビディック」によって開始された。このサービスは2001年から2002年までの間に、多くのユーザーから人気を博し、その後2003年2月末にEmpas社により「知識取引所」という名称でサービスは引継がれている。
一方2002年10月には、従来無料サービスであった「デ−ビディック」が有料化を宣言を行なった。この時期に、ネイバーによる「知識情報サービス」という無料検索サービスも開始されたこともあり、多くのインターネットの利用者たちはネイバーのサイトに移動していった。こうしてネイバーは極めて積極的なマーケティング戦略を行なった結果、韓国内の多くのユーザーから絶大な人気を得ることにより、韓国における現在の成功と名声得るこが出来たと言えよう。

このような過程を通じて、急激に発展したポータルサイトの情報検索サービスは、現在ではポータルサービスのメニューとして不可欠の存在になった。生活の中の小さな好奇心から、最新流行トレンドに関する気になる事や、専門的な知識に至るまで、情報検索サービスで調べれば、全ての答えが簡単に分かるようになっている。
情報検索サービスの進歩こそ、Web2.0の精神に最も符合するコンテンツであると考えられる。インタネットユーザーが知りたい事を、自発的な参加で解決して、その情報を共有する情報検索サービスの特性こそ、Web2.0と最もよく符合して言える。同時にその情報の正確性と公正性、そして出典及び著作権に対する愼重な配慮と権利保護があればこそ、さらなる発展が期待できるだろうと思われる。

ランキードットコム(www.rankey.com)WebDataLab.ウェブアナリスト
RanketyToolbar:jp.rankey.comリンク

関連情報
http://jp.rankey.com
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。