logo

ぷらっとホーム、既存のLAN網を利用可能な構内KVM延長器「PShareIPエクステンダ」を、アボセントジャパン株式会社との共同企画製品として販売開始

ぷらっとホーム株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木友康、以下ぷらっとホーム)は、アボセントジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:粟倉豊、以下アボセント)との共同企画製品として、既存のLAN網をそのまま利用可能な構内KVM延長器「PShareIPエクステンダ」の販売を、11月16日より開始いたします。

■PShareIPエクステンダについて
PShareIPエクステンダは、エンタープライズ分野で高い評価を得るアボセント社より供給される、IPネットワークに対応した次世代の構内KVM延長器です。PShareIPエクステンダを導入することにより、過酷な環境、機密エリア、立ち入り禁止区域などの外からの、遠隔システム管理が可能となります。

IPネットワーク対応で既存のLAN網をそのまま利用可能なため、従来機器のような専用配線は必要とせず、遠隔監視・管理が必要な場面で即座に導入が可能です。PShareIPエクステンダは高品質のDVIビデオとCDオーディオを利用可能、管理可能な対象を更に広げます。

ぷらっとホームは今後も、様々なブランドとの共同企画を行い、システム監視・管理・制御をトータルにサポートする製品を販売してゆく予定です。

■特長
USB2.0,DVI-Iエクステンド対応デジタルデスクトップ
KVM(キーボード、ビデオ、マウス)およびオーディオインターフェースのIPデジタル延長
ゼロクライアントオペレーション
LAN内でPCと操作をハードウエアによる1対1の分離
高精細画像、動画も遅延なく表示
■ラインナップ・価格
PShareIPエクステンダ
型番:LVIPBND1-105
WEB・直販価格:198,000円(税込)(本体価格:188,572円)

■仕様・その他の情報
リンク

■高解像度の製品画像
リンク

■「PShare」シリーズについて
「PShare」シリーズは、システム監視・管理・制御をトータルにサポートし、お客様のあらゆるニーズに応える、ぷらっとホームのオリジナルブランド製品です。1999年に常時エミュレーション方式のKVM切替機を販売開始し、その安定した接続やビデオ表示性能が高く評価され、オフィスやデータセンター、工場をはじめとする多くのユーザー様にご利用いただき、国内で4万2千台を超える販売実績に至りました。

現在はKVM関連製品にとどまらず、システム管理者の声を形にした様々な製品をPShareシリーズとして販売しています。

■アボセントについて
アボセントは、統合および集中化されたインバンド方式およびアウトオブバンド方式のハードウェアとソフトウェアによって、巨大なITインフラを手元から一括管理することによって運用コストを削減し、管理を簡素化し、24時間365日のシステム安定稼働を実現する、IT環境の可用性を改善するITインフラストラクチャ管理ソリューションを提供しています。LANDeskを提供するアボセントは、システム、セキュリティ、プロセスの管理ソリューションの主要サプライヤーです。詳しい情報については次のWebサイトをご参照ください:www.avocent.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事