logo

無料小冊子のダウンロード提供開始 「クライアントPC管理 多くの企業がエージェントレスを選択する5つの理由」

-PCに負荷を与えることなく内部統制の整備を加速-

株式会社蒼天(本社:東京都中央区、代表取締役 芦辺 多津治)は、日本版SOX法(J-SOX)の適用初年度を目前にした今、システム担当者向けにJ-SOXを中心とした内部統制の整備に向けたシステム構築の参考となるよう、無料小冊子「クライアントPC管理、多くの企業がエージェントレスを選択する5つの理由」のダウンロード提供を開始しました。

ダウンロードサイト
リンク


企業のシステム担当者は、2008年4月以降の事業年度に向けた内部統制の整備のために非常に多くの業務に追われています。その整備の中で最も手間のかかるクライアントPCのログ管理は、システム構築に多くの工数を要し、PCユーザに対しても少なからず影響を及ぼす可能性があることから、未だ未着手の企業が多数存在しています。

蒼天は、そのようなクライアントPCのログ管理に着手できていない企業のシステム担当者向けに、エージェントレス方式(非常駐型)のクライアント管理ソフトウェアを、何故多くの企業が採用し、どのように展開しているのかを詳しく説明した小冊子を作成し、無料配布を行うこととしました。


蒼天が開発したエージェントレス方式のクライアント管理ソフトウェア「LogVillage2.0」は、昨年11月のリリースより100社以上の企業に導入されており、大手から中堅・中小企業まで、PCに負荷を与えたくないというユーザを中心に幅広く採用されています。

小冊子「クライアントPC管理、多くの企業がエージェントレス方式を選択する5つの理由」は、「LogVillage2.0」ユーザの生の声を軸に蒼天が執筆しました。


_____________________________
■小冊子「クライアントPC管理、
多くの企業がエージェントレスを選択する5つの理由」の目次
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
1.クライアントPC管理における2つの方式

2.多くの企業がエージェントレスを選択する理由

第1の理由:管理対象PCへの性能的負荷が少ない
第2の理由:ソフトウェア干渉が発生しない
第3の理由:短期間での導入が可能
第4の理由:本番運用開始後のメンテナンス工数が軽減
第5の理由:内部統制対策に必要な機能の充実

3.まとめ

________________________
■「LogVillage 2.0」の主な機能
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
LogVillage 2.0の詳細は以下をご参照ください。
リンク

◇基本機能
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(1)操作ログ収集機能
・Webアクセス履歴:URL、Webページタイトル、日時、ユーザ名をログ収集します。管理者へのアラート通知も設定可能です。
・印刷履歴:印刷したファイル名、日時、ユーザ名、プリンター名をログ収集し、ユーザ単位、PC単位での表示が可能です。
・不正アプリケーション検出:許可されていないアプリケーションのインストールを検出し、管理者にメール通知します。
・不正デバイス検出:許可されていない記憶デバイスの接続を検出し、管理者にメール通知します。
・ログオン/オフ履歴:PCへのログオン、ログオフの日時、ユーザ名を記録し、ユーザ単位、PC単位での表示が可能です。

(2)稼動管理機能
・PCパフォーマンス管理機能:CPU利用率、メモリ空き容量、ディスクのI/O量、ネットワークI/O量各々の高利用率順に表示します。
・アプリケーション利用実績:アプリケーション毎の利用時間、CPU利用率を集計表示し、高価なアプリケーションの投資対効果を測定することが可能です。
・死活監視:アプリケーション、サービスプログラムの死活監視

(3)資産管理機能 
・ソフトウェア資産一覧:ソフトウェア名、インストール台数、ライセンス数を一覧表示できます。
・ライセンス一覧:プロダクトID毎のインストール台数を一覧表示できます。
・PC詳細情報&管理台帳:PC毎のハードウェア情報、ソフトウェア情報、OS情報を表示できます。

(4) ファイル管理機能
・ファイルの作成・更新・コピー・移動・リネーム・削除を表示。
・一定期間更新されないファイルを一覧表示するなど、ファイルのライフサイクルマネジメントが可能。
・ブラックリストに指定したファイルが存在した場合にアラート通知します。


◇サポート
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(1)「LogVillageソムリエ」
蒼天のサポートセンターから、ユーザ企業の「LogVillage」の管理サーバにオンラインで直接アクセスし、「LogVillage」の運用方法や問題の解決方法などについて支援します。


________________________
◆株式会社蒼天について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
株式会社蒼天は、OSコア部分および大規模データベースシステムの設計で高い技術とスキルを持つ技術者を擁し、独自開発技術をベースとして、サーバシステムやデータベースシステムのパフォーマンス解析・改善のためのパッケージソフトウェア開発、販売およびコンサルティングサービスを提供します。2003年に設立し、主な開発製品は、クライアント監視・管理ソフトウェア「LogVillage」、不正接続検出ソフトウェア「サーチライト」、リソース管理ソフトウェア「GASAIRE」などがあります。また、2007年2月、製品開発およびマーケティング体制の強化を図るべく、三菱UFJキャピタル株式会社、株式会社フレイのベンチャーキャピタル2社、ならびに印刷・映像などのデジタルコンテンツ制作環境のシステムインテグレーションを行う株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン、2007年4月、りそなキャピタル株式会社、商工中金、独立系ソフトウェア開発である株式会社CIJ、2007年6月にはみずほキャピタル株式会社を割当先とする第三者割当増資を実施しました。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。