logo

グルーヴプロモーション株式会社MRR事業部 調査資料『ケータイ向けポイント市場の展望』販売を開始

~携帯電話との融合によるインパクトを探る~

本レポートではまず全体的なポイントに関する現状と、ポイントと密接に関連
するクーポン、電子マネーについての定義と役割を明らかにしました。さらに
、変化するポイントの現状を整理し、最後に携帯電話との融合によるポイント
の可能性についてインパクト予測を行っています。

報道関係各位

2008年2月21日
グルーヴプロモーション株式会社
MRR事業部
リンク

――――――――――――――――――――――――――――――――――
グルーブプロモーションMRR事業部、
調査資料『ケータイ向けポイント市場の展望
     ~携帯電話との融合によるインパクトを探る~』販売を開始

詳細はこちら⇒ リンク
――――――――――――――――――――――――――――――――――

■■概要■■
IT、情報通信市場の調査レポート販売サイトであるMRR(運営会社:
グルーヴプロモーション)は、株式会社ROA Groupが提供する調査資料、
『ケータイ向けポイント市場の展望
 ~携帯電話との融合によるインパクトを探る~』の販売を開始しました。

詳細はこちら⇒ リンク


■■資料概要■■

本レポートではまず全体的なポイントに関する現状と、ポイントと密接に関連
するクーポン、電子マネーについての定義と役割を明らかにしました。さらに
、変化するポイントの現状を整理し、最後に携帯電話との融合によるポイント
の可能性についてインパクト予測を行っています。


■■レポートサマリー■■

第二の通貨とも呼ばれているポイントは、我々の生活の中に浸透し、もはや収
集していない人はいないといっても過言ではないだろう。従来は店舗で何かを
購入した時に「おまけ」として付与され、次回の来店を期待するためのツール
として利用されていたポイントであるが、最近ではこうした目的に加え、イン
ターネットを利用したアンケートへの回答や広告のクリックなどユーザーのア
クションに対するインセンティブとしてポイントを付与するケースも増加して
いる。

このようなポイントサービスにより、ユーザーは必ずしもいつも対価を払わず
にポイントを稼ぐことができるようになった。また、その獲得したポイントが
他のポイントとの交換比率関係で高くなるなど、ポイントの収集だけでなく利
用の場も拡大している。

[図]ポイントをめぐる環境
 リンク
 Source: ROA Group

ポイント市場は、リアルにおけるポイントカードからインターネットの世界へ
と波及し、最近では携帯電話向けのポイントサイトも急増している。携帯電話
の国内における普及率は8割を超え、携帯電話からインターネットへアクセス
するユーザーも多くなった。こうした環境の中、特にモバイル広告に関連した
ポイントサイトが続々と登場して注目を浴びている。携帯電話を対象としたポ
イントはまだ一部ではあるが、携帯電話の持つ「携行性」を考えると、今後モ
バイルとポイントの融合はさらに加速することが予測される。さらに電子マネ
ーとポイントの交換が盛んになっている中、もともと電子マネーと親和性の高
い携帯電話が多様なポイントを集約するツールとして重要な役割を果たすこと
も考えられる。

[図]ポイントの様々な媒体
 リンク
 Source: ROA Group


■■調査範囲■■

ポイントが流通するための媒体も多様化している中、本レポートではまず全体
的なポイントに関する現状と、ポイントと密接に関連するクーポン、電子マネ
ーについての定義と役割を明らかにした。さらに、変化するポイントの現状を
整理し、最後に携帯電話との融合によるポイントの可能性についてインパクト
予測を行っている。


■■調査方法■■

本レポートの作成に当たっては、ポイントを発行している企業や携帯電話キャ
リアなどのニュースリリース、IR資料、また関連団体などが発信しているオー
プン情報などをもとにしたSecondary Researchを中心に行っている。さらに
ROA Groupが独自で行ったポイントに関する定義をもとに、国内において領域
の広いポイント活動を整理し、携帯電話との融合による将来的な予測を行った。


■■資料目次■■

1 ポイントの現状と定義
 1-1 ポイントの定義
  1-1-1 値引きとポイントの違い
  1-1-2 ポイントに対する会計処理
  1-1-3 ポイントを発行する対象の広がり
  1-1-4 仮想通貨との違い
 1-2 クーポンの定義
  1-2-1 ポイントとクーポンの違い
 1-3 電子マネーの定義
  1-3-1 ポイントと電子マネーの違い
  1-3-2 電子マネーに関わる法律
  1-3-3 疑似マネーの関係分析

2 ポイント市場の変化
 2-1 各業界のポイントシステムの連携
  2-1-1 マイレージ
  2-1-2 クレジットカードによるポイント
  2-1-3 小売・流通店のポイント
  2-1-4 電子マネーのポイント
 2-2 企業間のポイント提携
  2-2-1 Tポイント
 2-3 インターネット上でのポイント交換
  2-3-1 ポイント探検倶楽部
  2-3-2 Gポイント

3 ポイントと携帯電話の融合
 3-1 携帯電話を取り巻くポイント
  3-1-1 キャリアの発行するポイント
  3-1-2 携帯電話向けポイントサービス
   3-1-2-1 モッピー(moppy)
  3-1-3 電子マネーと携帯アプリを利用したポイント
   3-1-3-1 マツキヨポイント
  3-1-4 クーポン
   3-1-4-1 ぐるなびタッチ

4 ポイントと携帯電話の融合による市場へのインパクト予測
 4-1 ポイントの電子マネーへの集約によるモバイル決済市場の拡大
  4-1-1 電子マネーの役割
  4-1-2 既存ポイントプログラム・サービスと携帯電話の融合、楽天+Edyの提携
  4-1-3 FeliCa以外の電子マネーの可能性
 4-2 電子マネーや携帯電話をインフラとして展開するポイントシステムの増加
  4-2-1 目黒区商店街の例
 4-3 ポイントとクーポンの連携サービス
  4-3-1 FeliCaポケット
 4-4 キャリアがポイントサイトを行う可能性
  4-4-1 回収代行サービスとポイント付与対象の拡大
  4-4-2 キャリアが発行するポイント
  4-4-3 ポイントサイトのセキュリティ
 4-5 SIMロックフリーによるポイント・クーポン情報の収納

5 ポイントと携帯の融合による市場予測


■■図表目次■■

[図1-1] ポイントをめぐる環境
[図1-2] ポイントの種類
[図1-3] 値引きとポイント付与の違い
[図1-4] ポイント発行機会の拡大
[図1-5] ポイントと電子マネーの発行に関する違い
[図1-6] 疑似マネーの関係分析
[図2-1] ポイントと電子マネーをめぐる相関図
[図2-2] マイレージを主体としたポイントサービス提携関係図
[図2-3] カードショッピング市場規模の推移(1986年~2006年)
[図2-4] ポイントと企業間提携
[図2-5] Tポイント加入店との提携関係
[図2-6] Gポイントのサービス
[図3-1] 携帯電話で利用できるポイント・クーポンの種類
[図3-2] モッピーのサービス内容
[図3-3] FeliCa ICチップ累計出荷推移
[図3-4] マツキヨポイントアプリ利用の流れ
[図3-5] 「ぐるなびタッチ」の仕組み
[図4-1] 電子マネーの発行形態による種類
[図4-2] FeliCaポケットイメージ
[図5-1] 「AIDMA」の法則とモバイルによるプロモーション
[図5-2] 携帯電話市場の予測とモバイルによるポイントの可能性

[表1-1] 代表的な仮想通貨の比較
[表1-2] クーポンとポイントの違い
[表2-1] 各種プリペイド電子マネーの比較
[表3-1] 携帯各社のポイントサービス比較
[表4-1] 携帯各社の回収代行サービス


■■資料の仕様■■
商 品 名:「ケータイ向けポイント市場の展望」
発 刊 日:2008年2月
判   型:A4カラーコピー印刷 ページ数:63頁
発   行:株式会社ROA Group
販   売:グルーヴプロモーション株式会社
頒   価:【PDF版】99,750円(税込)
      【PDF+印刷版】102,900円(税込)
      【印刷版】99,750円(税込)


■■お申し込み方法■■

下記URLよりお申込みください。
リンク


■その他、現在ご提供中の調査資料

【デジタルサイネージ最新動向と広告効果】
デジタルサイネージとは、一般家庭以外の場所にある電子看板/電子ポスター
でその主要視聴は20代以下の女性。また影響度は広告媒体の中で最高の伸び率
として、既存メディアを補完するメディアとなりうる可能性が高いと推察され
ます。
リンク

【2008年日本移動体通信市場の予測】
ROA Groupが提示した2008年度の最大のトピックは、競争のさらなる激化と産
業間のコンバージェンストレンドがさらに定着してきていることで、徐々に従
来の移動体通信産業のエコシステムが崩壊し、各企業別にコア事業をベースと
して新たに融合された移動体通信産業のエコシステムが発展してきている点に
あります。
リンク

【GPSケータイ市場の動向と今後の展望③】
総務省令(事業用電気通信設備規則)の改正により、2007年4月以降に市場投
入される3G端末は原則として、GPSモジュールを内蔵し、「110」「118」「119
」番通報時に警察や海上保安本部、消防へ携帯電話端末の位置情報を通知する
ことが義務化されました。しかしながら現状では、セキュリティの目的で子供
の位置情報を把握したり、知らない場所へ行った際のナビゲーションや地図を
検索するなどの、アプリケーションとしての使い方が主流となっています。
リンク


■モバイル・マーケティング・マガジン創刊

モバイル・マーケティング最前線のリサーチャー、コンサルタントが参加。
独自調査に基づく分析、最新情報を毎週無料配信!

お申込みはコチラから
リンク


■■グルーヴプロモーション株式会社について■■
設立:2006年1月
会社名:グルーヴプロモーション株式会社(旧 株式会社ナノプロ)
所在地:
本社/東京都渋谷区恵比寿4-20-3恵比寿ガーデンプレイス18階
神南オフィス/東京都渋谷区神南1-13-8パーク・アヴェニュー神南404
事業内容:
(1)ネットプロモーション事業
インターネットならびにモバイル向けの成果報酬型プロモーション事業
(2)デジタル・プラットフォーム事業
デジタル配信できるあらゆるコンテンツをカバーするプラットフォーム事業
(3) メディア&コンテンツ事業
システム・プラットフォームの開発ならびに提供
関連コンテンツの制作・販売

代表取締役:森田裕行
URL: リンク


■■本件に関するお問い合わせ先■■
〒150-0041
東京都渋谷区神南1-13-8パーク・アヴェニュー神南404
グルーヴプロモーション株式会社(旧 株式会社ナノプロ)
TEL:03-6379-9771 / E-Mail: info-mrr@nanopro.jp
担当:MRR事業部

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。