logo

「新規事業開発、製品開発のための戦略リスクマネジメント」を開催

事業計画の4つのリスクと3つの分析

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)が発足した組織『BizMarketingアカデミー』は、リスクマネジメントをテーマとしたセミナー「計画のリスクを見逃すな!新規事業開発、製品開発のための戦略リスクマネジメント」を開催することを発表しました。

講座は3月19日に開催予定。

報道関係者各位

平成20年2月15日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3月19日(水)開催】
計画のリスクを見逃すな!
「新規事業開発、製品開発のための戦略リスクマネジメント」
~事業計画の4つのリスクと3つの分析~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)が発足した組織『BizMarketingアカデミー』は、リスクマネジメントをテーマとしたセミナー「計画のリスクを見逃すな!新規事業開発、製品開発のための戦略リスクマネジメント」を開催することを発表しました。

講座は3月19日に開催予定。

詳細ページ: リンク

■■ 講座の概要 ■■

リスク性質を見極めた意思決定が成功に繋がる!
リスクから価値を創造する「戦略リスク・マネジメント」とは?

リスクには様々なものがありますが、大きく分けると2つあります。
1つ目のリスクは、保険でカバーできるようなリスクです。静的なリスクのことで、マイナスの影響だけを及ぼし得るものです。2つ目のリスクは動的なリスクで、その一部が戦略リスクと呼ばれています。このリスクは、マイナスだけでなく、プラスの影響も与え得るものです。
戦略リスクは、適切に対応すれば、むしろ事業価値をあげることも可能です。

本セミナーでは、新規事業や製品開発の戦略リスクを分析・評価する具体的な手法をご紹介すると共に、ポートフォリオの視点から全社的に捉える全社的戦略リスクマネジメントシステムをご紹介いたします。


■■ 講座の特徴 ■■

1.事業計画のリスク分析手法がわかる
2.分析したリスクの活用方法がわかる
3.目標設定、アクションの優先順位、意思決定に必要なリスク分析がわかる
4.ポートフォリオ分析がわかる
5.事業計画を立てる指針がわかる


【参加者の方に特典】
本講座を受講された方全員に、企画担当者向け戦略リスクマネジメントツール「デシジョンシェア」の90日間利用版CD-ROM(販売価格15,750円)を進呈いたします。


■■ こんな方におすすめ ■■

・新規事業開発に携わる方
・製品開発に携わる方
・事業計画策定に携わるマネージメント層の方
・新規事業や製品開発を行う企業経営者の方


■■ 講座の内容 ■■

【1】全社的戦略リスクマネジメントとは

【2】全社的戦略リスクマネジメントのシステム紹介

【3】個別事業計画のリスク分析手法
 1. リスク分析プロセスの概要
 2. リスクの4つの原因
  ・リスクの原因1:目的設定の誤り
  ・リスクの原因2:検討シナリオの誤り
  ・リスクの原因3:計算モデルの誤り
  ・リスクの原因4:設定データの誤り
 3. 3つのリスク分析手法と活用法
  ・What-If分析:リスクを洗い出し、不確実性下の目標設定に活用
  ・感度分析:リスクの原因の大きさを相対比較し、分析に基づくアクショ
   ンの優先順位付けに活用
  ・モンテカルロシミュレーション:事業のリターンのぶれ幅を算出しリス
   クの大きさを知ると共に、他のプロジェクトとの相対比較による意思決
   定に活用

【4】戦略リスクのポートフォリオ分析紹介


■■ 講師プロフィール ■■

●講師:小川 康(インテグラート株式会社 代表取締役社長)

略歴:
米国ペンシルバニア大学ウォートンスクール修了(MBA)、東京大学工学部都市工学科卒業。東京海上火災保険、Wharton SBDC(米国)、ブーズ・アレン・ハミルトンを経て、インテグラートに入社。製造業・ベンチャー企業を中心とした戦略コンサルティング及び、投資ファンドを顧客とした財務分析の経験をベースに、インテグラートの独自ソフトと意思決定手法を活用した事業投資支援コンサルティングに従事し、豊富な実績を有する。

主な著書・研究:
ベンチャー企業事業計画の策定・分析手法 (共著、ベンチャーエンタープライズセンター、1999年2月)/仮説志向による起業計画の検証 (共著、研究開発マネジメント(アーバンプロデュース)に掲載、1999年9月)/戦略経営コンセプトブック(共著、東洋経済新報社、2002年12月)/技術の事業性評価における不確実性のマネジメント(共著、月刊テクノロジーマネジメント、2004年6月)/ポートフォリオマネジメントによる研究開発ポートフォリオの最適化(共著、月刊テクノロジーマネジメント、2004年7月)/研究者・技術者のためのファイナンス基礎講座(月刊テクノロジーマネジメント、2005年12月)/ハイリスクR&D投資の意思決定力を高めよ(共著、早稲田ビジネススクールレビュー、2006年7月)/医薬品評価、意思決定手法(共著、技術情報協会、2007年8月)


■■ 開催概要 ■■

◆セミナー名:
 計画のリスクを見逃すな!
「新規事業開発、製品開発のための戦略リスクマネジメント」
 ~事業計画の4つのリスクと3つの分析~

◆日時・会場:
 2008年3月19日(水)14:00~17:30(受付 13:30~)
※セミナー内で、簡単な名刺交換のお時間もございます。

◆主催:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

◆会場:「クロス・ヘッド株式会社 セミナールーム」
    東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー 7F
<地図> リンク

※会場は変更になる可能性がございます。
 万一、変更がある場合は速やかにご連絡させていただきます。

◆受講料:39,900円 (税抜 38,000円+消費税 1,900円)

◆定 員:限定30名

◆お申し込み方法
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、下記ウェブサイトよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。

※お申し込みに関する注意点をご了承された上で、お申し込み下さい。

----------------------------------------------------------
・ウェブサイト : リンク
・e-mail    : info@shop.ns-research.jp
・TEL/FAX   : 03-3560-1368 / 03-3560-1330
----------------------------------------------------------
※プレスの方は事前に「 info@shop.ns-research.jp 」までご相談ください。

◆お申し込みに関する注意点

<キャンセルに関して>
・お客様のご都合によりキャンセルされる場合はキャンセル期限までに、下記お問い合わせ窓口までメールと電話でご連絡下さい。
その後のキャンセルについてはお申し受けできませんのでご了承下さい。

・キャンセル期限を過ぎてからお客さまのご都合で講座にご参加頂けなくなった場合やセミナー開催前にご入金をいただけなかった場合も、セミナー受講料は全額お支払い頂く事となりますのでご了承下さい。

ご入金期限/キャンセル期限:2008年3月12日(水)

<ご出席に関して>
※受講料は期日までに弊社指定の口座までご入金下さい。
ご入金確認後、弊社より「受講票」をメールにてお送りいたしますので、開催当日にプリントアウトしてご持参下さい。ご入金が確認出来ない場合または「受講票」をお持ちでない場合、講座への参加ができないことがあります。ご注意下さい。

<開催中止の場合に関して>
※講座の参加人数が規定の数に達しなかった場合、講座は中止となります。その際は、お支払いいただいた受講料は返金いたします。あらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

◆セミナーにご持参頂くもの
・受講票
・筆記用具


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒107-0052
      東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒107-0052
東京都港区赤坂1-5-11 新虎ノ門ビル9F
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
TEL: 03-3560-1368 / FAX: 03-3560-1330
担当:吉田
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事