logo

監査法人による内部統制構築・運用のための方法論、各フェーズでの支援ツールをDVD化 ~ 講義映像、テンプレート・サンプルコンテンツなどの各種ツールをDVD販売 ~

株式会社ケイ・ジー・ティー 2008年01月31日 10時00分
From PR TIMES

株式会社ケイ・ジー・ティー(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:加藤 浩 以下KGT)は、仰星監査法人(本部:東京都千代田区、理事長:澤田 眞史)が開発した内部統制構築、運用のための方法論、各フェーズでの支援ツールをDVD化した、「内部統制ソリューション『北斗メソッド』」を2008年2月1日より販売開始します。


従来、監査法人やコンサルティング会社と契約しなければ受けられなかった、「内部統制の文書化や評価を進めて行く上で必要なガイドラインや各種ツール類」を、多くの企業に対し安価に提供することにより、人員不足で悩む監査法人、コスト負担に悩むエンドユーザー双方に対する解決策を提供します。
昨年8月にストリーミングサービスとして提供し好評であったため、サービス期間を限定しないDVDパッケージ化を行い、更にお求めやすい価格に変更いたしました。

■ サービス提供の背景
金融商品取引法(いわゆるJ-SOX法)の施行を本年に控え、企業においては内部統制体制の確立が急務となっていますが、現実には運用方法と判断を下すための具体的な指針がないことが多くの企業の悩みとなっています。

仰星監査法人グループでは、監査経験を持つ公認会計士、業務プロセス改革のコンサルタント、そしてITスペシャリストらのスキルミックスチームを編成し、J-SOXを導入するためのガイドラインとこれを具体化する手技法『北斗メソッド』を開発しました。2007年4月より、クライアント企業に対して、集合研修方式により、『北斗メソッド』の考え方とノウハウの提供を行っていますが、教室と講師陣の物理的な制約で、限られたクライアントへの対応しかできないという問題を抱えていました。

一方KGTでは、内部統制ソリューションCi-Towerの販売を通じ、内部統制の実務のコンサルティング、研修の要望を多くの企業から聞きながらも、提供可能なコンサルティング会社の慢性的な人員不足などにより、この要望に応えることができませんでした。

この問題点の解決手段として、仰星監査法人の提供する『北斗メソッド』の研修内容を、KGTがDVDコンテンツ化することにより多くの企業に提供することにいたしました。

■ 期待される効果
通常、年間数千万円のコンサルティング費用を払ったクライアントが受けることのできる講座内容、テンプレート・サンプルコンテンツなどの各種ツールを、安価に、場所、時間を問わず自由に利用できます。担当者・スキルレベルに合わせて必要なパートを選択することも可能です。
日本における「財務報告に係る内部統制の評価・報告制度」は、本年初年度を迎える制度であり、経営者は評価する側としても、一方監査される側としても初めての経験になります。従って、今後実務上では様々な試行錯誤が予想され、『北斗メソッド』も改訂を続けていく予定です。

■ 特徴
-監査法人提供の豊富なツール群
-懇切丁寧な専門家による解説
-実際の集合研修の講義ビデオ&資料で講義を受講している臨場感
-費用対効果抜群 (コンサルティング契約の20分の1以下の費用でツールとノウハウを)
-プロジェクトの推進に合わせたパート別の購入も可能
-購入前にインターネットで講義内容を視聴可能(トライアルパスポート)

■ コンテンツ概要と価格
各パートのビデオコンテンツには、研修映像と研修説明資料が収録。パートI~Vの一括セット購入で、¥1,302,000(税込)。パート別購入も可、価格は下記参照。
(※ 金融商品取引法や実施基準の改正、日本公認会計士協会からの実務指針の公表等により、現在のコンテンツの変更、または新たなトピック研修コンテンツの提供などをタイムリーに実施する予定のため、パート、コンテンツ類は今後変更されることがあります)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【パートI:全社的な内部統制の可視化と評価、全社的なリスクの洗い出し】
¥367,500 (約 10時間)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
実施基準で例示されている42の評価項目を、より具体的な要件に落とし込んだチェックリスト及び、現状の統制状況の記述と、整備・運用テスト、不備の是正、基本的要素別有効性評価に至る過程のワークシートと活用方法の説明
■ 含まれるツール類
・全社レベルの内部統制チェックリスト【1.全社編、2.財務報告編、3.IT編】(テンプレート)
・整備・運用状況テストシート【1.全社編、2.財務報告編、3.IT編】(テンプレート)
・不備改善シート【1.全社編、2.財務報告編、3.IT編】(テンプレート)
・全社的なリスク評価ワークシート(テンプレート)
・理解度をテストするための確認書(サンプルコンテンツ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【パートII:財務報告に係る内部統制の評価範囲の決定】
¥262,500 (約 3時間30分)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
事業拠点、勘定科目、業務プロセスの3要素を加味し、実施基準に沿って評価範囲のシミュレーションができるExcelシート、及びその基礎資料を収集するための各種ワークシートと活用方法の説明
■ 含まれるツール類
・連結財務指標の推移データ登録シート(テンプレート)
・重要な欠陥の判断指針リスト(テンプレート)
・重要な事業拠点選定ワークシート(テンプレート)
・事業拠点別の財務諸表データ登録シート(テンプレート)
・評価範囲Excelシート(テンプレート)
・評価範囲Excelシート操作マニュアル(マニュアル)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【パートIII:決算・財務報告プロセスの内部統制の可視化と評価】
¥262,500 (約 5時間30分)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
決算・財務報告プロセスでの内部統制の評価を「全ての事業拠点について全社的観点で評価することが適切と考えられるプロセス」と「固有の業務プロセスとして評価するもの」に区分し、前者に対しての『チェックリスト形式のワークシート』、後者に対しての『3点セットと自己点検シート』と活用方法の説明
■ 含まれるツール類
・決算・財務報告プロセスのチェックリスト【全社的観点】(テンプレート)
・整備・運用状況テストシート(テンプレート)
・不備改善シート(テンプレート)
・決算・財務報告プロセス(個別評価プロセス)雛形(サンプルコンテンツ)
・自己点検シート雛形(サンプルコンテンツ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【パートIV:業務プロセスに係る内部統制の可視化と評価】
¥315,000 (約 18時間)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
業務プロセスに係る内部統制の可視化、可視化された業務プロセスに係るウォークスルーの実施方法、統制の要点(キーコントロール)の識別方法、更に運用テストに至る一連の作業で使用するツール類と活用方法の説明(リスク・コントロールサンプルコンテンツ付き)
*内部統制支援ツール『Ci-Tower BPM北斗バージョン』を使用しての解説です
■ 含まれるツール類
・業務プロセス概要調査表(補助ツール)
・本社経理部門の人員表(補助ツール)
・サブプロセス(L2)構成一覧(テンプレート)
・サブプロセス(L2)&勘定科目マッピング一覧(テンプレート)
・WT_RCM作成Excelシート(テンプレート、補助ツール)
・WT_RCM作成Excel操作マニュアル(マニュアル)
・KC(キーコントロール)選定シート作成Excelシート(テンプレート、補助ツール)
・KC選定シート作成Excel操作マニュアル(マニュアル)
・業務機能コンテンツ(サンプルコンテンツ)
・業務機能コンテンツの使用方法(マニュアル)
・リスクコントロールコンテンツ(サンプルコンテンツ)
・リスクコントロールコンテンツの使用方法(マニュアル)
・文書化ガイド(解説書)
・評価ガイド(解説書)
※以下はCi-Tower北斗バージョンより出力
 -L0&L1業務プロセスモデル(サンプルコンテンツ)
 -L2業務プロセスチャート(サンプルコンテンツ)
 -リスクコントロール評価シート(テンプレート、サンプルコンテンツ)
 -業務記述書(テンプレート、サンプルコンテンツ)
 -ウォークスルー手続書(テンプレート)
 -ウォークスルー結果記入シート(テンプレート)
 -運用状況評価シート(テンプレート)
 -不備改善シート(テンプレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【パートV:IT全般統制の可視化と評価】
¥367,500 (約 6時間30分)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
IT全般統制に関して、自社のIT環境をたな卸しするためのワークシート、評価単位としてのIT基盤を特定するためのワークシート、特定されたIT基盤を評価するためのチェックリスト、ITプロセスに係るRCMの作成方法及び整備・運用テストの方法の解説
(チェックリストは実施基準をベースにCOBIT for SOX2他の代表的な基準を参考にしています)
■ 含まれるツール類
・IT環境調査書(テンプレート)
・会計及び関連AP調査票(テンプレート)
・IT統制 各種準備対応表(解説書)
・IT統制関連規定等チェックリスト(補助ツール)
・IT全般統制 評価単位表(テンプレート)
・IT全般統制記述書(テンプレート)
・整備テスト指示書及びテスト結果記述書(テンプレート)
・運用テスト指示書及びテスト結果記述書(テンプレート)
・不備改善シート(テンプレート)
・EUC調査表(テンプレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【オプション】
実施基準の勘どころ、内部統制監査に関する実務上の取り扱い、本番期モデルスケジュールなど
(講義収録時間:約6時間30分) 全パートに無償バンドル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【プレスリリースURL】 リンク
【紹介ページURL】 リンク

【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社ケイ・ジー・ティー
インターネットソリューション事業部 営業部 営業1グループ
Tel: 03-3225-0767、E-mail: cit-info@kgt.co.jp

【報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社ケイ・ジー・ティー
インターネットソリューション事業部 事業推進部 井手
Tel: 03-3225-0373、E-mail: is-promo@kgt.co.jp

◆ 株式会社ケイ・ジー・ティー (KGT Inc.) 会社概要
サイバネットシステム株式会社の100%子会社として、コンピュータソフトウェアの開発、販売ならびに、コンピュータシステムの開発・販売及び運用に関するコンサルテーションを提供しています。汎用可視化ソフトウェア販売、コンサルテーションを行うビジュアリゼーション事業と、内部統制ソリューション、ITシステムのキャパシティ管理ソリューション等を提供するエンタープライズソリューションソフトウェア、ならびに世界的に評価の高いネットワーク、セキュリティーソフトウェアの販売サポートを行うインターネットソリューション事業を中心に顧客ニーズに対応しています。
リンク

以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。