logo

CSRとTelechips、インターネット ラジオ機能付きWi-Fiフォト フレームを共同開発

CSRは、本日、CSRのシングルチップWi-Fiテクノロジー、「UniFi」が、Telechips社のWi-Fi対応デジタル フォト フレーム プラットフォームに採用されたことを発表。このプラットフォームは、CSRのUniFiを搭載することで、ワイヤレス接続が可能になる。ユーザーは、当社のUniFi搭載のプラットフォームを活用して、「好きな写真を8インチLCDディスプレイへ直接送信」、「Wi-Fiアクセス ポイント経由でのインターネット ラジオのワイヤレス ストリーミング」が可能になる。さらに、ODMの開発期間を大幅に短縮します。本プラットフォームは、2008年1月末までに、発売が開始される予定。

本プラットフォームは、CSRのUniFiとTelechipsのTCC8300メディア プロセッサを搭載し、マルチメディア デバイス向けの最も一般的なオペレーティング システム上で動作するため、最終製品開発メーカーは簡単に統合して使用することが可能。CSRのUniFiは、業界最低消費電力を実現するWi-Fiソリューションで、わずか5.8×6.4mmという極小サイズのチップ スケール パッケージ(CSP)を特徴としている。また、CSRのUniFiは、外部コンポーネントが不要なチップ アーキテクチャを採用し、「総部品コスト(BOM)の低減」、「Wi-Fi性能の強化」を実現できる。

ユーザーは、CSRのUniFiを搭載したTelechipsのプラットフォームを使用して、Wi-Fi経由でインターネット ラジオのストリーミングが可能。本プラットフォームは、Rhapsody、ShoutCast、WM Audio、vTunerなどの音楽配信サービスに対応。ユーザーは、ライブ放送やオン デマンド アクセスを通じて何千もの楽曲を聴くことが可能。ユーザーは、メモリ カードに保存された画像を表示したり、Wi-Fi経由でFlickrやPicasaなどの写真共有サイトにアクセスして、オンライン写真アルバムを閲覧したりすることもできる。さらに、本プラットフォームは、Yahoo、MSN、CNN、BBCなどのソースからのRSSフィードをサポートしているだけでなく、為替レートや交通情報も表示可能。



CSR社、コンスーマ ビジネス ユニット担当VP、Tracy Hopkinsは、「このプラットフォームをベースとするWi-Fi対応のデジタル フォト フレームは、CSRのUniFiテクノロジーを搭載することで、フォト フレーム機能のみならず、インターネット ラジオの高品質なストリーミングにおいても、最高の性能と機能性を提供しています。 Wi-Fi対応デバイス市場は、明らかに急成長を続けています。当社とTelechips社が協力することで、ODMの皆様は、高品質な多機能デバイスを、最短の開発期間で市場に提供できるようになります」とコメント。   
Telechips社、CEO、Minho Seoは、「当社のほとんどのお客様にとって、機能性の向上は現在でも、製品開発における大きな差別化要因であり、ワイヤレス接続は必須の機能となりつつあります。当社とCSR社の協力により、クラス最高のWi-Fi接続を実現するプラットフォームを開発することができました。これによって、お客様は、これまで以上に迅速かつ低コストで、市場のニーズに対応する製品の開発が可能になります」と語った。

シーエスアール株式会社
深田 学
E-mail:prjp@csr.com

このプレスリリースの付帯情報

telechips

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。