logo

アクテル、業界で最も低消費電力のFPGAを採用した 電池駆動のIcicleキットを発売

携帯機器の電池寿命を延長する クールな新製品「Icicle<TM>基板」の効果を実証

アクテル(米国カリフォルニア州マウンテンビュー、日本法人:アクテルジャパン株式会社、東京都渋谷区)は本日、業界で最も低消費電力のフィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ(FPGA)を携帯アプリケーションに採用する利点を際立たせる、新製品Icicleキットを発表しました。

このキットは、アクテルの5マイクロワット(μW)のIGLOO<TM> FPGAを活用して、超低消費電力、柔軟な実装オプション、電池節約といったIGLOOの携帯アプリケーションに適した長所を示します。この99ドルのキットを活用することで、低消費電力のIGLOOをベースとする携帯機器設計を容易かつ短時間にプログラム、評価、修正できるようになります。Icicle評価基板は、1.4インチ x 3.6インチ(3.556cm x 9.144cm)と、小型の携帯電話クラスの大きさで、充電式のリチウムイオン電池で動作し、競合他社のFPGA開発ソリューションと比べて消費電力は7分の1以下です。


アクテルの上級副社長、Fares Mubarakのコメント
「今日の携帯エレクトロニクス市場では、消費電力と電池寿命の延長が重要になっており、私どもの5マイクロワット(μW)のIGLOO FPGAもこの市場に向けた適合性を強化しています。アクテルのクールな新製品Icicleキットによって、設計者は各種モードでの消費電力を仔細に検討でき、これらの画期的なFPGAソリューションによって、これまでにない低消費電力の利点と大幅な電池節約がより際立ちます」


Icicle基板は、不揮発性で12万5,000ゲートのAGL125 IGLOO FPGAを組み込み、RoHSに準拠した環境に優しいソリューションです。基板には、充電式リチウムイオン電池、USB-UARTインターフェイス、パワー・マネジメント回路が組み込まれています。


キットには、Icicle評価基板の他に、プログラム機能を拡張する高性能なプログラム・スティックが含まれます。更に、使用回数無制限のアクテルLibero統合設計環境(IDE)ゴールド・エディションがライセンス料無料で付属します。これにより、Icicleキットを使用する設計者は、アクテルのLibero IDE v8.1に最近導入された電力解析ツールを活用して設計内の主要な電力源を把握できます。キットには、この他にもユーザーガイドとチュートリアル、プリント回路基板(PCB)スケマティック、レイアウト、サンプル設計が含まれます。


価格と入手時期
Icicleキットは、アクテルより99ドルで今すぐ入手可能です。


アクテルについて
アクテルの革新的なFPGAおよびプログラマブル・システム・チップ(PSC)の両ソリューションは、チップ・レベルでもシステム・レベルでも電力消費を削減し、電力効率に優れる設計を実現します。アクテル(ACTL)はNasdaq National Marketに上場しています。詳しい情報はウェブサイトリンクをご覧下さい。

用語解説

※Actelの名称とロゴはActel Corporationの登録商標です。その他の全ての商標とサービスマークは、それぞれの企業・団体に所有権が帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。