logo

車輌向け障害物検知システム

米国の調査会社ABIリサーチの市場調査レポートが1月に刊行予定です。

近年の燃料の高騰で経済性に関心が集まり、車輌の安全性は二の次となっていた。だが車の安全性は、依然として世界の消費者や政府にとって重要事項である。乗員保護が大きく進歩したにも関わらず、毎年衝突事故によって多くの人々が命を落としている。衝突事故件数を減少させるため、メーカーはどのような取り組みをしているのだろうか。競合するどの技術のパフォーマンスが最も高く、長期間市場の主流となるのだろうか。米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「車輌向け障害物検知システム」は、世界市場の動向分析、システム開発者が様々なアプローチで取り組んでいる技術の査定、既存の製品発表の論考を行っている。2013年までの世界の障害物検知センサーの地域別予測も行っている。

◆調査レポート
車輌向け障害物検知システム:超音波、レーダー、光線レーダー、カメラの車輌安全技術市場分析 リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。