お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

2012年には、300万人以上の高齢者がネットワーク接続によって家庭で医療センサを利用する

米国の調査会社パークスアソシエイツ社は調査レポート「在宅医療向けセンサ技術市場:概観レポート - Executive Brief: Sensor Technology for Home Health Applications」のプレスリリースにおいて、家庭でのモニタリングや健康改善などのネットワーク接続による医療センサアプリケーションの高齢者の利用数が2012年に米国で340万人以上になるとの予測結果を発表した。

2012年には、米国の340万人以上の高齢者が、家庭でモニタリングや健康改善などのネットワーク接続による医療センサアプリケーションを利用しているだろうと、米国調査会社パークスアソシエイツ社は報告している。この調査レポートは、デバイスの軽量化、機能向上、信頼性向上などのセンサ技術の革新を予測しており、今後5年間で家庭向けの医療アプリケーションの導入がすすむだろうとしている。

技術的な課題が改善した上で、センサによる家庭向けモニタリングアプリケーションに対する利用者の信頼が高まり、介護者や保険業者などの様々な産業分野で認知されるようになれば、全面的な導入につながるだろうとパークスアソシエイツ社は述べている。

「センサによる高齢者ケアアプリケーションの医療上の需要において、重要な促進要因となるのは"誰が支払うのか?"という問題である。消費者、政府の老人医療健康保険制度、低所得者向け医療扶助制度プログラム、長期医療保険業者、退職者健康保険制度の全てがこの新技術に対する出資者となるならば、この産業はより早く促進するだろう。

パークスアソシエイツ社の調査レポート「在宅医療向けセンサ技術市場:概観レポート - Executive Brief: Sensor Technology for Home Health Applications」は、ECG電極、血液グルコースセンサ、SpO2センサ、アクティビティーセンサや新しいボディセンサネットワーク(BSN)アプリケーションなどの主要センサ技術の傾向を調査している。


[調査レポート]
在宅医療向けセンサ技術市場:概観レポート
Executive Brief: Sensor Technology for Home Health Applications
リンク

[調査対象としている身体センサ]
- 心電図センサ
- SpO2センサ
- グルコースセンサ
- フローセンサ
- ボディセンサ

パークスアソシエイツ社(Parks Associates)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

年齢層別デジタルホームヘルスサービスへの価値認識

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。