logo

CSRのBlueCore5-Multimediaオーディオ ストリーミング テクノロジー、トヨタのG-BOOKテレマティクス システムに採用

CSR は、本日当社のBlueCore5-Multimediaシリコンが、トヨタ社の新しいテレマティクス/ナビゲーション デバイス、「G-BOOK mX」、「G-BOOK mX Pro」に搭載されたことを発表。G-BOOKは、携帯電話、MP3プレイヤー、パーソナル メディア デバイスなどから極めてクリアなオーディオを、車載ステレオ システムにワイヤレスでストリーミングすることが可能で、エンドユーザーにクオリティの高いハンズフリー体験を提供する。

BlueCore5-Multimediaは、高機能な高音質車載アプリケーションに最適。
以下BlueCore5-Multimediaの特徴:
■ハンズフリー モードにおいて、統合されたデジタル シグナル プロセッサ(DSP)上に実装される業界最高水準のエコー キャンセレーション機能を提供

■音楽再生時には、内蔵CODECによって-95dBのS/N比を実現

■+8dBmの送信電力、-90dBmの受信感度で、通信範囲を拡大し、受信品質をさらに向上させることが可能

■トヨタ社が将来のG-BOOK製品で遠隔操作機能を搭載するために欠かせないBluetooth Audiovisual Remote Control Profile(AVRCP)などの車載用途に必要なほとんどのBluetoothプロファイルをサポート

CSR社、オートモーティブ ビジネス ユニット担当VP、Rafik Jalladは、「BlueCore5-Multimediaは、特にモノラル及び、ステレオのBluetoothヘッドセットアプリケーション向けに設計されており、かつてない水準のオーティオ品質を実現します。当社は、Bluetoothと多くのテクノロジーを統合する優れたDSPアーキテクチャの開発にさらに注力することで、お客様の【製品開発時間の短縮】、【市場への迅速な製品投入】の実現に引き続き貢献してゆきます。CSRは、トヨタ様のような一流企業と協業することにより、製品の機能と性能をさらにアピールしてまいります」と述べた。

CSRについて
CSR plcはBluetooth テクノロジーの世界的なリーディング プロバイダであり、さらにWi-Fi (IEEE802.11) 等のシングルチップ無線通信規格の専門技術を開発しています。CSRは、Bluetooth規格に準拠した、2.4GHz高周波回路、ベースバンド及びマイクロコントローラを集積したBlueCore ハードウェア/ソフトウェア ソリューションを提供しています。CSRの顧客は、Apple, Dell, LG, Motorola, NEC, Nokia,パナソニック、RIM、Samsung, シャープ、ソニー、TomTom, 東芝等のグローバル企業です。CSR は、ケンブリッジ(英国)に本社ならびに営業所があり、日本、韓国、台湾、中国、インド、フランス、デンマーク、スウェーデン、米国(ダラスおよびデトロイト)に営業所があります。

お問い合せ先
シーエスアール株式会社
深田 学
E-mail:prjp@csr.com

このプレスリリースの付帯情報

CSR in G-Book

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。