logo

「ネット動画ビジネス市場調査2008」を販売開始

ネット動画“新時代”に向けた ビジネスの可能性を探る

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、株式会社 日経BPコンサルティング(代表取締役 樫村 弘幸 東京都港区)発行の調査資料「ネット動画ビジネス市場調査2008」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成19年12月21日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
「ネット動画ビジネス市場調査2008」を販売開始

~ネット動画“新時代”に向けた ビジネスの可能性を探る~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、株式会社 日経BPコンサルティング(代表取締役 樫村 弘幸 東京都港区)発行の調査資料「ネット動画ビジネス市場調査2008」の販売を開始しました。

詳細ページ: リンク


■■ 資料概要 ■■

ネット動画がWeb2.0的な広がりを見せ、インターネットの可能性が実証された2007年。 これに続く2008年は、ネット動画配信の新たなビジネス・モデルをユーザーに提示し、ネット・サービスとしての可能性を問う年になりそうです。同時にネット上の動画広告も、本格的な展開期を迎える見通しです。本報告書では、ユーザー参加により急速に広がりを見せたWeb2.0的ネット動画の利用実態を徹底調査し、新たなフェーズを迎える動画配信時代に向けたニーズとビジネスの可能性を探りました。


■■ 調査の特徴 ■■

◆あの動画サイトにはなぜ人が集まるのか?その要因を徹底調査!!
次は“動画”---。とはいえ、無料の投稿動画を集めたサイトばかりに人気が集中。いったい人気サイトには何があるのか、ユーザーにとって人気動画共有サイトは何が魅力なのか。その要因を さまざまな角度で徹底分析します。

◆動画広告へのユーザーの反応と視聴の可能性を分析
一部のサイトで採用が始まっている動画広告だが、これまでユーザーからネガティブな反応が多かった。これを改善し、視聴率を上げる手段はないのか。ユーザーの動画広告に対する視聴意向を掘り下げる。

◆携帯電話機ユーザーによる動画視聴の現状と期待度
画面が小さく、スペック上の制限が大きい携帯電話機。いつでも持ち歩ける携帯電話機でユーザーは、どのような動画サイトを利用し始めているのか。主要な動画サイトの認知度や利用経験を調べ、その結果を掲載します。また、パソコンでの動画視聴とはどのようにニーズが異なるのか。さらに各ユーザーのワンセグ利用実態も合わせて調査して比較します。

◆動画共有/配信サイトのユーザー利用意向度
主要な動画共有/動画配信サイト、テレビ向け動画配信サービスなど、有料・無料合せて約30件についてユーザーからの評価を掲載。また動画共有サイトに集まるユーザーと、動画配信サービスのユーザーでは特性上の相違があるかなどを分析。ユーザーの求めている動画サイト像探ります。


■■ 調査対象 ■■

●パソコン向け
 [動画共有/コミュニティー・サイト系]
  YouTube
  ニコニコ動画
  Google Video
  Ask.jp ビデオ
  Excite ドガログ
  AmebaVision
  ClipLife
  eyeVio(アイビオ)
  DailyMotion
  DivX Stage 6
  mixi 動画
  MyspaceTV
 [動画ポータル系]
  GyaO
  Yahoo! 動画
  BIGLOBEストリーム
  @nifty動画
  MSNビデオ
  So-net 動画
  gooブロードバンドナビ
  OCN Broadband Media
  ShowTime
 [テレビ局系]
  第2日本テレビ
  フジテレビ On Demand
  TBS BooBo BOX
   TBS動画配信 DOUGA6.1ch
  テレ朝bb
  ワッチミー!TV
  スカパー! 動画
  WOWOW動画

●テレビ向け
 アクトビラ ビデオ
 ギャオネクスト
 BBTV ひかりone TVサービス
 OCN Theater
 OnDemandTV
 4th MEDIA

●携帯電話機向け
 携帯電話向け「Yahoo!動画」
 Yahoo!ビデオキャスト
 YouTubeモバイル版
 モバイルGyaO
 ニコニコ動画モバイル
 モバドーガ
 Amebaモバイル(アメブロ)
 AmebaVision(モバイル)
 Excite ドガログモバイル
 エンタDX ドーガ堂
 動画ウルトラヒーローズ
 eyeVio(アイビオ)
 Qlick.TV
 インタレストTV
 CMサイトmobile
 アニメBB
 アニメフルチャンネル
 zoomeモバイル
 日テレNEWS24携帯配信サービス

【YouTube内のブランド・チャンネルの認知度も調査しました】
 TOKYO MXチャンネル(東京メトロポリタンテレビジョン)
 SkyPerfecTVチャンネル(スカイパーフェクト・コミュニケーションズ)
 吉本興業チャンネル(吉本興業グループ)


■■ 調査項目 ■■

●Part1:動画サイト/動画サービスの利用について
 ・プライベートでのネット動画の視聴経験の有無
 ・動画サイト/サービス別の認知度
 ・動画サイト/サービスの利用経験の有無(動画サイト/サービス別)
 ・動画サイト/サービスの視聴頻度(動画サイト/サービス別)
 ・動画サイト/サービスの利用理由(動画サイト/サービス別)
 ・充実していると思う動画のジャンル/内容(動画サイト/サービス別)
 ・動画サイト/サービスの他の人への紹介経験の有無
  (動画サイト/サービス別)
 ・動画サイト/サービスの今後の視聴意向(動画サイト/サービス別)
 ・動画サイト/サービスを利用しない理由
  (ネット動画を視聴したことのない人)
 ・「ニコニコ動画」と「YouTube」でのコメント書き込み経験
 ・「ニコニコ動画」の有料会員登録の有無
 ・「ニコニコ動画」で有料会員にならない理由
 ・視聴するネット動画コンテンツの種類
 ・ネット動画コンテンツの1週間当たりの視聴時間 
 ・ネット動画コンテンツについての情報の入手経路
 ・ネット動画コンテンツを探す方法
 ・有料のネット動画コンテンツの視聴経験
 ・動画共有サイトでの投稿経験の有無
 ・動画投稿により収入が得られる場合の投稿の意向
 ・著作権監視体制が強化された場合の動画共有サイト視聴頻度の増減予測
 ・動画サイト/サービスの利用によるテレビ視聴時間への影響
 ・動画サイト/サービスの利用により視聴時間が減少したテレビ番組の
  ジャンル

●Part2:動画広告について
 ・動画広告を広告と認知して視聴した経験の有無
 ・動画広告に対する視聴態度
 ・動画コンテンツ再生前後などに再生される動画広告への視聴意識

 *動画広告の視聴により特典が得られる場合の視聴意向
 *動画広告の引用により収入が得られる場合の利用意向
 *動画広告によりコンテンツが無料化される場合の広告許容の意識
 *「YouTube」における広告チャンネルの視聴率

●Part3:携帯電話機での動画コンテンツ視聴について
 ・携帯電話機の所有
 ・利用している携帯電話キャリア
 ・携帯電話機向け動画サイトの認知度(動画サイト別)
 ・携帯電話機向け動画サイトの利用経験の有無(動画サイト別)
 ・携帯電話機向け動画サイトの利用状況(動画サイト別)
 ・携帯電話機向け動画サイト全体の利用頻度
 ・携帯電話機向け動画サイトで視聴する動画コンテンツの種類
 ・携帯電話機向け動画サイトや動画コンテンツの情報入手経路
 ・携帯電話機での動画コンテンツ視聴における不満点
 ・携帯電話機で視聴したい動画
 ・ワンセグの視聴頻度
 ・ワンセグの視聴時間
 ・ワンセグの視聴場所・タイミング
 ・ワンセグによるデータ放送の利用状況
 ・ワンセグでよく視聴する番組のジャンル
 ・ワンセグを視聴しない理由

●回答者属性
 ・性別
 ・年齢
 ・職業
 ・同居者
 ・居住地域
 ・プライベートでのインターネット契約回線の種類
 ・プライベートで契約しているインターネット接続プロバイダー
 ・プライベートで主に視聴している放送
 ・SNSコミュニティーへの参加状況
 ・ブログへの書き込み経験


■■ 調査概要 ■■

【調査目的】
インターネットなどの通信回線経由での動画コンテンツ利用が増えている状況を捉え、インターネット・ユーザーの動画サイトや動画サービスの利用状況と意識を調査。

【調査内容】
・動画サイト/サービスの利用実態
・動画サイトの広告メディアとしての可能性
・動画サイトの普及とテレビ視聴との関連性
・動画広告の視聴の現状と特典付き広告による視聴率向上の可能性
・携帯電話機からの動画サイト利用

【有効回答数】
8225
〔年代別〕
・20歳代:1406
・30歳代:2308
・40歳代:2463
・50歳代:1523
・60歳代:525
〔性別〕
・男性:54.0%
・女性:45.8%

【調査時期】
2007年11月12日~11月19日

【調査機関】
調査企画、設計、分析=日経マーケット・アクセス


■■ 概要 ■■

商 品 名:ネット動画ビジネス市場調査2008
発 刊 日:2007年12月14日
発   行:株式会社 日経BPコンサルティング
販   売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
価   格:

■詳細編
 ・A4レポート・約500ページ
 ・CD-ROM(ローデータ/自由意見、単純集計/設問間クロスデータ)
定   価:367,500円(税抜 350,000円+消費税 17,500円)別途送料500円
07年内割引:262,500円(税抜 250,000円+消費税 12,500円)別途送料500円

■概要編
 ・A4レポート 約150ページ
  (Part1~2の単純集計結果のみ。Part2の*印は含まれません)
定   価:84,000円(税抜 80,000円+消費税 4,000円)別途送料500円
07年内割引:52,500円(税抜 50,000円+消費税 2,500円)別途送料500円


詳細ページ: リンク

【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒107-0052
      東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒107-0052
東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
TEL: 03-3560-1368 / FAX: 03-3560-1330
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。