お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ソフトブレーンとJRIヨーロッパ、 eセールスマネージャー販売パートナー契約締結

ホワイトカラーの業務効率改善サービスを提供するソフトブレーン株式会社(東京都港区、代表取締役社長 松田 孝裕、以下ソフトブレーン)と欧州最大級の日系ソフトウェア会社であるJRI Europe,Ltd.(ロンドン、代表取締役社長 関 俊彦、以下JRIヨーロッパ)は、ソフトブレーンのCRM/SFAソリューション「eセールスマネージャー」の販売パートナー契約を締結いたしましたので、本日発表させていただきます。

ソフトブレーンは、プロセスマネージメントにより業務効率化を実現するCRM/SFAソリューションである「eセールスマネージャー」の国内外展開を強化するために、ご賛同いただいた多くの企業と販売パートナー契約を締結し、積極的に販売展開を行ってまいりました。国内では1400社を超える導入実績を有しております。また、すでに中国、東南アジアで「eセールスマネージャー」の販売を展開しており、海外において30社を超える企業が導入しております。
さらに、先日、ドイツテレコムの法人顧客事業会社であるT-Systemsの日本法人T-Systemsジャパン株式会社との協業を発表しており、アジアをはじめ、欧州を視野に入れた「eセールスマネージャー」の海外展開に力を入れていく予定です。

一方、JRIヨーロッパは、株式会社日本総合研究所の英国現地法人として、欧州に進出する日系企業のITサポート、システム開発/保守、パッケージの販売及びカスタマイズなどを中心に展開しており、ロンドンを中心に欧州地区全域に亘って200社を超えるお客様をサポートしております。
JRIヨーロッパでは、国際ビジネスを積極的に支援するソリューションのひとつとして「eセールスマネージャー」をサービスに取り入れ、より充実したソリューション提供体制を整えるため、この度ソフトブレーンと販売パートナー契約を締結することとなりました。これにあわせて、JRIヨーロッパ自体も「eセールスマネージャー」の導入を決定しており、今後の欧州での営業活動に役立てていく予定です。

なお、ソフトブレーンは、メイド・イン・ジャパン・ソフトウェア・コンソーシアム(以下、MIJSコンソーシアム)参加企業の1つです。MIJSコンソーシアムは、国内中堅ソフトウェアベンダー13社が集まり2006年8月に設立され(現在の参加企業24社、2007年11月末日現在)、各社のソフトウェアを連携し、SaaS展開で、顧客ニーズに応えたストレスフリーな接続の実現を目指しています。また、優秀な国産ソフトウェアを海外に出していくことを目的に設立されました。
そのため、今回のMIJSコンソーシアム参加企業であるソフトブレーンとJRIヨーロッパとの契約は、海外展開の大きな足がかりになると考えております。

2008年度、両社は、日系企業をはじめとした欧州企業10社への「eセールスマネージャー」導入を目指しております。

以上

【ソフトブレーン株式会社について】
U R L :リンク
事業内容:
非製造部門の業務支援ソリューションの提供
・改革支援ソリューション事業
・BPO事業

【JRI Europe,Ltd.について】
U R L :リンク
事業内容:
欧州進出日系企業の包括ITサポート、システム開発/保守、パッケージの販売及びカスタマイズなど

*記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

【本ニュースリリースに関するお問合せ先】
■ソフトブレーン株式会社
 コーポレート本部経営企画部広報課 高橋
 TEL:03-6714-2800 FAX:03-6717-5835 
E-Mail:press@softbrain.co.jp
■JRI Europe,Ltd.
 ニュービジネス担当 川島・柴崎
 TEL:+44 20 7406 2717 FAX:+44 20 7406 2799
E-Mail:info@jri-europe.co.uk

用語解説

【eセールスマネージャーについて】
 個人プレーに依存し、結果だけを求める営業スタイルは結局良い結果が望めません。組織としての営業プロセスを設計し、プロセスを計測しながらマネージメントを行うことで結果をコントロールする営業スタイルが求められています。eセールスマネージャーはそのような先進的な営業スタイルのために、ビジネスプロセスマネージャーという汎用性の高いエンジンを適用して企業全体の効率改善に貢献するためのシステムです。設計コンセプトとして、文章入力に頼らない情報入力方式を採用し、携帯電話からも簡単に使えるようにし、入力コストを下げるだけでなく、情報の客観性と数字化も同時に実現します。また、マーケットも商品も組織も絶えず変化しているため、収集すべきデータと営業のプロセスも絶えず変化します。営業部署が簡単にDBや営業プロセスの設定と変更が行えるという高い柔軟性は、設定したプロセスが途中から合わなくなるという心配を不要にします。

関連情報
http://www.e-sales.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。