logo

スカイコムとマイクロソフトECMソリューションの提供で協業体制を構築

Microsoft Office SharePoint Serverのコンテンツ管理環境で、PDFが取り扱えるオンリーワン・ソリューションとして、トータルセキュリティ強化に貢献

株式会社スカイコム(本社:東京都台東区、代表取締役社長 荒武 捷ニ)と、マイクロソフト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表執行役 社長 ダレン ヒューストン)の2社は、企業向けの ECM(エンタープライズコンテンツ管理)ソリューションの提供に関して協業することを発表します。

2社が提供するソリューションは、スカイコムの提供する高速PDF作成ソフト「SkyPDF」とマイクロソフトの「Microsoft Office SharePoint Server 2007」を組み合わせたもので、スカイコムが本ソリューションに関する設計・構築・販売を行います。


また、本協業の一環として、スカイコムは、SharePoint Serverの部門レベルでの導入検証に最適な新パッケージ製品「SkyPDF for SharePoint Server 2007」を、本日12月14日に発表し、同日より販売開始します。
これにより、両社はSharePoint Serverを連携させた利便性の高いトータルシステムを市場に投入していくことで合意し、SharePoint ServerベースのECMソリューションの認知度向上と早期の市場拡大を図ります。
今回発表した「SkyPDF for SharePoint Server」は、「Microsoft Office SharePoint Server」のコンテンツ管理環境のセキュリティを強化するために、PDFツールとして初めて「Microsoft SharePoint Server」に対応するソリューションをスカイコムが開発しました。
      
            
PDFは、閲覧環境を選ばず高い再現性を提供する文書フォーマットとして、企業や官公庁、自治体による採用が加速しています。スカイコムの「SkyPDF」製品シリーズはビジネス用途に特化し、次のような特長があります。

(1)Microsoft Office (Word / Excel / PowerPointなど)の文書を、一般的なPDF作成ツールに比べて約2-10倍以上の高スピードを誇る、高品質・高圧縮なPDFに変換可能 (※1)
(2)PDFに電子署名、タイムスタンプを付与して、文書の存在証明、改ざん検出が可能で、内部統制に対応 (※2)
(3)PDFでは初めてRFC3126長期保存フォーマットを実装しており、特許庁のガイドラインによりタイムスタンプ、電子署名など、先使用権主張を可能とする文書などの保存に有効 (※3)


これら利便性の高いPDFを、「IRM(※4)権限の自動付与」を可能にし、「Microsoft SharePoint Server」によるドキュメント管理環境で利用可能にしたのが、今回発表した新製品「SkyPDF for SharePoint Server」です。
また、従来「Microsoft SharePoint Server」でIRM権限付与が可能なファイルは、Word、Excel、PowerPointと3つのMicrosoft Office文書に限定されていたため、それ以外のファイルへのIRM付与が重要課題となっていました。今回発表した「SkyPDF for SharePoint Server」は「Microsoft SharePoint Server」が対応していないファイル(Visio、一太郎、DocuWorksなど)もPDF化することでIRM権限の自動付与が可能となり、一元化したセキュアなドキュメント管理が実現できます。
これにより、IRM権限付与可能なコンテンツが大幅に増え、セキュリティ対策が飛躍的に向上するため、「Microsoft SharePoint Server」ユーザのコンテンツセキュリティ課題を一気に解決します。


「SkyPDF for SharePoint Server」は、次の3つのスカイコム製品を同梱した「SkyPDF for SharePoint Serverパック」として販売します。

 SkyPDF for SharePoint Serverパック:
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
①「SkyPDF for SharePoint Server 2007」: PDFにIRM権限付与
②「SkyPDF Web Server 2.0」: Webブラウザからの簡単操作で、サーバ上でPDF高速作成
③「SkyPDF Viewer 1.7」: IRM権限が付与されたPDFを閲覧するクライアント用表示ソフト


「SkyPDF for SharePoint Serverパック」の販売価格は、税込価格987万円からで、スカイコムの直販ならびに同社の販売代理店を通じて販売します。
企業における情報活用の基盤として成長著しいエンタープライズポータル市場において、「Microsoft SharePoint Server」はトップシェアにあり(※5)、スカイコムは、「Microsoft SharePoint Server」の既存ユーザ、ならびに新規ユーザをターゲットに向こう3年間で20億円の販売を見込んでいます。
また、スカイコムとマイクロソフトは、コンテンツ管理 / 情報共有などのビジネスソリューションを広く紹介することを目的として、セミナーなどのマーケティング活動を積極的に共同展開します。その第1弾として、共同セミナーを2008年2月6日にマイクロソフト本社(東京都渋谷区)で開催する予定です。


協業の意義
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
スカイコム、マイクロソフトは、2006年3月より協業を進めてきておりますが、この「SkyPDF for SharePoint Server 2007」において今回協業を実現することのマイクロソフトの意義は以下の通りです。
・マイクロソフトが行うマーケティング活動での本連携ソリューションの紹介
・本連携ソリューションを構築するために必要な技術支援をスカイコム及びそのパートナ企業へ提供
・保守業務を越えて全社情報基盤へ展開するため、コンサルティングサービスの提供。また、
テクノロジーコンサルティングサービスを適宜提供。


パートナ企業の株式会社CSKWinテクノロジ第一開発部部長 土方常彦様は、「この度の「SkyPDF for SharePoint Server 2007」のリリースを心より歓迎いたします。弊社はWindowsに関するトータルなコンサルティングにより、お客様のビジネスに将来にわたって有益なシステム環境をご提供しており、インフラからアプリケーション分野まで数多くの構築実績があります。情報活用、セキュリティなど、お客様の抱える様々な問題を迅速に解決する過程で、スカイコム社が提供するPDFソリューションと連携することにより、更に価値ある「Microsoft Office SharePoint Server 2007」ビジネスが加速することを期待しております。」と述べられております。

また、日本ユニシス株式会社商品企画部.NETビジネス企画室室長 宮里亮一様は、「日本ユニシスは、スカイコム様の「SkyPDF for SharePoint Server 2007」のリリースを歓迎致します。弊社は、平成18年11月のMicrosoft Office SharePoint Server 2007(以下MOSS 2007)発表時より、MOSS2007構築サービスを提供し、20社を超えるお客様にご採用頂いております。 スカイコム様のPDFソリューションにより、エンタープライズコンテンツ管理分野におけるセキュリティレベルが強化され、多くのお客様に対して、より付加価値の高いソリューションを提供できるものと確信しております。」 と述べられています。

さらに、日本電気株式会社 第一システムソフトウェア事業部 セキュリティグループ統括マネージャー 沢田輝実様は、「今回リリースの「SkyPDF for SharePoint Server 2007」と「Microsoft Office SharePoint Server2007」が連携しソリューションを提供すること歓迎いたします。従来より、スカイコム様とは、PDF文書の安全かつ確実な長期保存を実現する製品「Sky PDF Archiving Signature Server」等の共同開発・販売を行ってまいりました。
今回のソリューションにより、閲覧・検索の自由度とセキュリティを両立したコンテンツ管理の提供が可能となり、お客様の満足度を必ずや高められる事と期待しております。弊社は、今後も、PDFを活用した電子文書のセキュリティの分野でスカイコム社と積極的に連携を推進してまいります。」というコメントをいただいております。

___________________________
◆「SkyPDF for SharePoint Serverパック」の販売について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇販売開始:2007年12月14日
◇出荷開始:2007年12月20日

◇販売価格:税込価格987万円 / 1,000クライアント ~

◇同梱物 :上記価格のパッケージには以下が同梱されています。
(1)「SkyPDF for SharePoint Server 2007」 2サーバライセンス
   ※CAL 1000ライセンス付
(2)「SkyPDF Web Server 2.0」 2サーバライセンス
(3)「SkyPDF Viewer 1.7」 無償クライアントライセンス
    ※無償提供。 ビューワは以下から無償で追加ダウンロード可能です。
リンク


※「SkyPDF for SharePoint Server」は、マイクロソフト「SharePoint Server」のアドオンソフトです。Active Directory、RMSサーバ、DBサーバなどの各ソフトウェアが別途必要となります。


◇販売経路:スカイコムおよび販売代理店


___________________________
◆「SkyPDF for SharePoint Server 2007」の製品特長
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(1) PDF作成:「SharePoint Server」環境下で、高速・高品質・高圧縮なPDF作成が可能です。
(2) PDFにIRM権限自動付与: Microsoft Office以外の各種ファイル(Visio、一太郎、DocuWorksなど)のファイルもPDFにしてIRM権限付与できます。
(3) セキュリティ強化:多様なファイルが混在するドキュメントを一元管理でき、セキュリティを強化できます。
(4) やさしい:マイクロソフトの「SharePoint Server」のアドオンソフトであるため、同一GUIで違和感なく操作できます。

※「SkyPDF for SharePoint Server 2007」の製品詳細は以下をご覧ください。
リンク

__________________
◆「SharePoint Server 2007について」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
SharePoint Server 2007 には、コンテンツやビジネス プロセスの管理、組織の枠を越えて情報を検索および共有する方法の簡素化、より良い情報に基づく意思決定の実現など、ビジネスに不可欠なニーズを満たせるように、企業規模の機能が用意されています。SharePoint Server 2007 は、個別に細分化されたシステムを利用するのではなく、1つの統合プラットフォーム内で全社のイントラネット、エクストラネット、および Web アプリケーションをすべてサポートします。

※Microsoft Office SharePoint Server 2007の詳細は以下をご覧ください。
リンク

_______
◆動作環境
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※以下に表組みで分かりやすく掲載していますのでご参照ください。
リンク

………………
サーバ環境
………………
◇ SkyPDF for SharePoint Serve
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 [SKYCOM]
  ・SkyPDF for SharePoint Server 2007 
 [Microsoft]
  ・Microsoft Office SharePoint Server 2007
  ・Microsoft RMS Client 1.0 SP2
  ・Microsoft RMS Server 1.0 SP2
  ・Microsoft .NET Framework 3.0
  ・Microsoft Windows Server 2003
  ・Microsoft Active Directory
  ・Microsoft SQL Server 2000/2005

◇ SkyPDF Web Server
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
[SKYCOM]
・SkyPDF Web Server 2.0

[Microsoft]
  ・Microsoft Windows Server 2003
  ・Microsoft .NET Framework 2.0
  ・PDF生成対象アプリケーション MS/Office、VISIO他


………………………………
クライアント環境
………………………………
 [SKYCOM]
  ・SkyPDF Viewer 1.7

 [Microsoft]
  ・Microsoft Windows XP/2000
  ・Microsoft .NET Framework 2.0
  ・Microsoft RMS Client 1.0 SP2
  ・Microsoft Internet Explorer(5.5sp2以降推奨)


※ご参考資料として、システム構成図とPDF作成フローを以下でご覧いただけます。
リンク

用語解説

(※1) スカイコム社内テスト比。詳細は以下をご覧ください。
リンク
(※2) タイムスタンプ認証局は、アマノタイムビジネス、PFU、セイコープレシジョン、NTTデータ等に対応しています。電子署名機能を使うためにはスカイコム製品「SkyPDF Pro 3.0」(別売)、タイムスタンプ機能を使うには「SkyPDF Tools 1.5」(別売)が必要となります。
(※3) NECとの共同開発によるソリューションです。長期署名機能を使うためにはスカイコム製品「SkyPDF Archiving Signature製品シリーズ」(別売)が必要となります。
(※4) IRM (Information Rights Management): ドキュメントに有効期限を設定して表示をコントロールしたり、ファイルの転送や印刷、メールでの送信などを禁止したりするなど、ビジネス上で機密や財務などの重要情報を取り扱う上でのセキュリティをサポートする機能。
(※5) IDC Japan は、「エンタープライズポータル市場が今後最も成長が期待される市場であり、2006-2011年のCAGR(年間平均成長率) 19.8%の高成長率で推移する」と予測。また、同市場において、「マイクロソフトをシェア26.4%、ランク1位」と評価し、「Office SharePoint Server 2007(2006年11月販売開始)の売上が好調な立ち上がりをみせている」とコメントしています。
出典:IDC Japan, 7/2007「国内コラボレーティブアプリケーション市場 2006年の分析と2007年~2011年の予測」

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事