logo

アクテル、携帯ディスプレイをターゲットに業界で最も低消費電力のFPGAの採用を促進

38億個の市場規模が見込まれる中小型液晶パネル・ディスプレイに フラッシュベースのIGLOOファミリが柔軟性とコントロールを提供

アクテル(米国カリフォルニア州マウンテンビュー、日本法人:アクテルジャパン株式会社、東京都渋谷区)は、急成長している携帯アプリケーション向けに低消費電力のソリューションを提供することに重点を置いています。本日、液晶ディスプレイ(LCD)のコントロール用として柔軟なソリューションを発表しました。

アクテルの業界をリードする5マイクロワット(μW)のIGLOOフィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ(FPGA)を活用して、新しい IGLOOビデオ・デモ基板、液晶パネル付きの液晶アダプター基板、IGLOOビデオ・デモ・キット(IVDK)、ディスプレイ関連のリファレンス・ブロックを提供します。中小型液晶ディスプレイを使用する消費者向け・産業用・医療用・自動車用・防衛用の携帯機器・デバイスは省電力の必要性が高く、こうした液晶ディスプレイの設計者にこれらの製品が役立つものとアクテルは考えています。


パーソナル・メディア・プレイヤー、MP3デバイス、PDA、デジタルカメラなどの携帯機器が普及し、液晶の使用も急増しています。市場調査会社 iSuppliの分析によれば、中小型ディスプレイ(10インチ以下)は、この市場の中で最も高成長が予測されており、中小型パネルの出荷数は2007年で38億個、2011年で45億個と予想されています。


アクテルの上級副社長、Fares Mubarakのコメント
「携帯アプリケーションでの液晶ディスプレイ・コントロールに対応する場合、進化する標準と技術に対応し、望まれる消費電力、フットプリント、開発期間を実現するには、低消費電力のリプロブラマブルなソリューションが必要とされます。IGLOOは、競合するプログラマブル・ロジック製品と比べ、スタティック電力消費が200分の1、電池寿命が10倍以上になり、低消費電力が重要な場合はIGLOOが優位に立ちます」


携帯機器では、液晶が総電力消費の最大50%を占めるため、電力効率に優れたソリューションを必要とします。IGLOOデバイスは、1マイクロ秒(μs)未満でFlash*Freezeモードに容易に移行し、元に復帰します。同モードではIGLOOの電力消費は最小5μWで、その間もシステム・メモリとデータ・レジスタの内容を保持しています。その結果、フラッシュベースのIGLOO FPGAは、液晶パネルとコントローラの双方が省電力モードで機能できるようにしながら、液晶データとバックライトは休止させるため、液晶アプリケーションの電池の節約に効果的です。


アクテルの低消費電力のIGLOOデバイスは、ASSPディスプレイ・コントローラーの代替品としての使用が可能で、ASSPとの違いは、液晶の種類や表示技術の変化にリプログラムで即時に対応できるため、必要に応じてパネル間の移行が容易にできます。更に、機能が豊富なIGLOOはグルーロジックの増加にも対応でき、複雑な液晶コントロールをワンチップに実装できるため、基板スペースを節約できます。


デモ用プラットフォームで各種の液晶の設計時間を短縮
アクテルのパートナーで、ビデオと液晶を 専門とする設計サービス会社のAttodyneは、Actel IGLOO AGL600を採用して、ビデオ信号を処理して液晶に送るIGLOOビデオ・デモ基板を提供しています。IGLOOビデオ・デモ基板へのビデオ入力は、複数のソースからCMOSカメラ・ヘッドボードやDVI-D入力などへ実行されます。この基板は50ピンのオンボード・コネクタを経由して液晶パネルを駆動し、あるいはLVDSインターフェースから2個のRJ45コネクタを経由してPanel Standardization Working Group(液晶パネルの標準化を進める装置メーカーの団体)の規格に準拠したシングル/デュアル・チャンネルの標準パネルを駆動します。


イメージ・スケーリング、アルファ・ブレンディング、色変換、デインタレース(順次走査変換)といった高度な液晶コントローラの機能を動作するために、3種類の液晶アダプター基板が発売されます。液晶パネルのサイズは7インチ、4.3インチ、2.7インチの3種類、解像度はWVGA (800x480) から QVGA (320x240)までが用意されます。アダプター基板にはまた、LDC用の適切なコネクタ、ドライバー、インバーター、IGLOOビデオ・デモ基板とのインターフェースが含まれます。


IGLOOビデオ・デモ・キットはビデオ・デモ基板に液晶アダプター基板、ソフトウェア、デモ版、電源、DVI-Dケーブルを組み合わせ、ユーザーは即時に液晶コントローラを製作できます。


Attodyneの社長、Ray Page氏のコメント
「アクテルのIGLOOファミリは、携帯用液晶コントロール・アプリケーションにこれまでにない低消費電力ソリューションを提供してくれます。アクテルとの協力により、設計者が数ヵ月間も設計期間を短縮でき、厳しい低消費電力への要求が容易に達成できるようになる高度で柔軟なソリューションを作り出すことができました」


アクテルはまた、パートナーの協力を得て、ビデオ・タイミング生成、色変換、シングルチャンネルLVDSトランスミッター、オンスクリーン・ディスプレイ、2種類の画像/ビデオ・ソースのアルファ・ブレンディング、フレーム・グラバー、フレーム・バッファ、フレーム率変換、カラー・マネジメント機能を含む各種のリファレンス・ブロックを開発し、液晶ディスプレイ向け製品の充実を図ります。


価格と入手について
IGLOOビデオ・デモ・キット、IGLOOビデオ・デモ基板、液晶アダプター基板、ディスプレイ関連の各種のリファレンス・ブロックはパートナー企業のAttodyneより入手可能です。価格はAttodyne(www.attodyne.com)にお問い合わせ下さい。


アクテルについて
アクテルの革新的なFPGAであるプログラマブル・システム・チップ・ソリューションは、チップ・レベル、システム・レベル双方の電力消費を削減し、電力効率に優れた設計を実現します。アクテル(ACTL)はNasdaq National Marketに上場しています。詳しい情報はウェブサイト(jp.actel.com)をご覧下さい。

用語解説

※ Actelの名称とロゴはActel Corporationの登録商標です。その他の全ての商標とサービスマークは、それぞれの企業・団体に所有権が帰属します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事