logo

CSR、BlueCore Playerのデザインに費用対効果が高いATL製リチウム ポリマー電池を採用

業界をリードする電池を統合し、製品開発期間の短縮を実現

CSR は、本日、DSP、OLED画面、RISCプロセッサ、充電器を搭載するCSRのMP3リファレンス デザイン、「BlueCore Player」に、充電可能で費用対効果が高いATL製リチウム ポリマー電池を採用することを発表。最終製品開発企業は、ATL製の電池がBlueCore Player に標準仕様として組み込まれることで、個別に部品を選定することが不要となり、BlueCore Playerベースの最終製品の「開発期間の最短化」、「迅速な市場投入」が可能。

BlueCore Playerは、BlueCore5-Multimediaシリコンをベースとして、コードレスで音楽が聴けるように設計。リスナーは、Bluetoothステレオ ヘッドフォンを使用して、音楽のワイヤレス ストリーミングを行い、またヘッドフォンからプレイヤーを遠隔操作することも可能。BlueCore Playerは、16ビットのステレオCODECを搭載し、高品質なステレオ サウンドを保証します。また、BlueCore Playerは、再生の開始・停止およびボリューム コントロールを制御するBluetooth Audio Video Remote Control Profile(AVRCP)と、英語、中国語、日本語などの多様な言語フォントをサポート。さらに、トラック名、アーティスト名、および再生モードを読み上げるオーディオ メニュー ナビゲーション機能にも対応、OLED表示画面が不要なため、部品コストのさらなる低減を実現。CSRは、アプリケーション ソフトウェア、ハードウェア、ソフトウェア開発キット、現地テクニカル サポート及び、ガーバーデータなどのデザイン ファイルを含む包括的な開発ソリューションを提供。

ATL製のリチウム ポリマー電池は、世界中のMP3プレイヤーの主要ブランドすべてに搭載されており、最短30分の素早い充電で、最大24時間の再生時間を実現。

お問い合せ先

      

シーエスアール株式会社
深田 学
E-mail:prjp@csr.com

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。