logo

CSR、モバイルアプリケーション向け、シームレスな位置特定を実現するGPSソフトウェアを発表

CSR は、本日、高速で高精度位置特定を実現するエンベデッドGPSソフトウェア製品、「E5000」を発表。

当社は、3GSM World Congressにて、3DLABS製の高性能マルチメディア プロセッサや、PND (Personal Navigation Device) プラットフォームのSamsung 2440を含む、多くのプラットフォーム上でのE5000の採用例を紹介する。

E5000は、業界で最も優れたコスト競争力を有す、豊富な機能を持つGPSソリューションです。本製品は、「タイムトゥファーストフィックス(TTFF) 高速測位時間」、「優れたトラッキング精度」、「小型フットプリント」、「低消費電力」を同時に実現。CSRのGPSソリューションは、ソフトウェア ベースで、RFフロントエンド以外のハードウェアを必要としない。E5000は、競合他社のハードウェアGPSソリューションに比べ、消費電力は半分以下で、スペースも大幅に低減されている。

CSR社、モバイル ハンドセット コネクティビティ ビジネス ユニット担当SVP、Matthew Phillipsは、「CSRは、最高レベルのGPS機能を、【格段な低コスト】、【小型フットプリント】、【低消費電力】で実現できるため、製品開発メーカーにとって大きなメリットとなります。当社GPSソリューションの優れた機能は、携帯電話とその他のポータブルアプリケーションで、【高速】、【高精度】の位置特定が可能となります。CSRは、製品開発メーカーが2007年中の採用及び導入に向けて【屋内位置特定】、【ヨーロッパGalileoシステムのサポート】、【位置認知技術】を含む、シームレスな位置特定機能を提供予定です。CSRは、これらの最先端GPS機能を提供により、より優れたユーザー体験を実現します」とコメント。

CSRのE5000ソフトウェアは、複数のオペレーティング システムと各種のハードウェア プラットフォームで使用可能で、柔軟なアプリケーションとサービスの提供を可能にする。

CSRは、携帯電話用に標準化されたSUPL (Secure User Plane Location) をサポートするグローバルGPSアシスタンス サーバーと、高感度A-GPSソリューションを3GSMで展示する。

* 本文に記載されたすべてのブランド名とその商品名はそれぞれ帰属者の登録商標または商標です。
* 本リリースに関連する画像は、次のURLからダウンロードすることができます。
リンク

      
<本件に関する問い合せ先>
シーエスアール株式会社
ジェネラル マネージャー:
富永 創樹
E-mail:prjp@csr.com

このプレスリリースの付帯情報

E5000

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。