お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

PCチップセットへの埋め込みが進むグラフィックプロセッサ

インスタット社は出版レポート「世界のPC向けチップセット市場調査:地域別出荷台数予測とグラフィックプロセッサの動向 - PC Chipsets Worldwide: Do You Want Graphics With That?」のプレスリリースにおいて、消費者向けのデスクトップコンピュータのチップセットの収益が2008年に14.8%に上昇するなどの予測結果を発表した。

PCの設計において、チップセットへのグラフィックプロセッサの搭載という傾向が高まっていると米国調査会社インスタット社は報告する。統合型やスタンドアロンバージョンの高性能グラフィックスが提供されるようになるだろうが、ビジネス向けや消費者向けの通常のグラフィックプロセッサの大多数は、統合型に移行していくだろう。

「メモリコントロール、USB、1394、現在のグラフィックなどの機能を果たしているチップセットも、グルー論理で小さく始まったにもかかわらず、大きく成長している」とインスタット社のアナリストIan Lao氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ 消費者向けのデスクトップコンピュータのチップセットの収益は、2007年に11.2%、2008年には14.8%に上昇すると予測される
■ 消費者向けノートPCのチップセットによる収益は、2007年に27%と予測される
■ ノートPCは、フォームファクタや消費電力を考慮しなくてはならないので、デュアルグラフィックプロセッサの搭載はありそうにない

インスタット社の調査レポート「世界のPC向けチップセット市場調査:地域別出荷台数予測とグラフィックプロセッサの動向 - PC Chipsets Worldwide: Do You Want Graphics With That?」は、世界のPCチップセット市場を調査した。チップセットの出荷数と収益の地域別予測、市場の直面する新しい技術的課題の分析、主要ベンダのプロフィールを掲載している。調査レポートの著者Ian Lao氏とその他のインスタット社のアナリストが、半導体とエレクトロニクス産業に関するさまざまな技術的、市場トピックに関してコンサルティングサービスを提供する。


[調査レポート]
世界のPC向けチップセット市場調査:地域別出荷台数予測とグラフィックプロセッサの動向
PC Chipsets Worldwide: Do You Want Graphics With That?
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。