logo

政治家専門ブログで、選挙プランナーの三浦博史氏のコラムが、始まります。

選挙最新情報を提供します。

政治家専門ブログでは、国政版および、地方議員版など、専門サイトとして、提供しております。
今回は、政治家向けの情報として、選挙プランナーに選挙の最新情報をお届けします。

政治家専門ブログで、選挙プランナーの三浦博史氏のコラムが、始まります。


ニュースリリース 2007.10.29        ON-LINE Election.推進委員会

【目的】
 選挙へ出馬する政治家への参考情報と、有権者の選挙への興味の向上


【概要】
 何度も選挙を勝ち抜いてきた人たちがいます。落選・当選を繰り返してきた
人たちがいます。政治の世界に飛び込もうという人たちがいます。また、有権
者として、選挙にかかわっている人たちがいます。選挙とは、戦いであり、イ
ベントであり、日本そして、地域の将来を考える重要なチャンスです。過去の
選挙戦が参考になるケースもあるでしょうし、最新の技術を駆使しなければ、
選挙戦に勝ち抜くこともできないかもしれません。
 そこで、選挙情報専門サイトElection.では、選挙最新情報をお届けすること
になりました。選挙のプランナーとして、多くの選挙にかかわってきた、三浦
氏が選挙情報専門サイトの姉妹サイトである政治家専門ブログを使い選挙の情
報をお届けします。

 選挙に役立つ様々な情報を発信していきます。ご期待下さい。


「選挙プランナー三浦博史の選挙戦最新情報」
  リンク



三浦博史(みうら・ひろし)氏のプロフィール

 1951年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部卒。安田信託銀行勤務を経て、
故椎名素夫代議士公設秘書。1988年米国国務省個人招聘プログラムにより、
米国の政治・選挙事情視察。1989年総合選挙プランニング会社「アスク株式
会社」設立。代表取締役として現在に到る。以来、数々の国政・首長選挙を手が
け、2006年11月仲井真弘多沖縄県知事、2007年東京都知事選では石原
慎太郎陣営の選挙参謀を務めた。日本選挙学会会員、日本世論調査研究会会員。
著書に『選挙立候補マニュアル』(ビジネス社)、『洗脳選挙』(光文社)、
『舞台ウラの選挙』(青春新書)。明治学院大学法学部非常勤講師。



【選挙情報専門サイト「Election.」について】  リンク
 選挙情報専門サイト「Election.」(以下Election.)は、「選挙」という一大イ
ベントに特化したサイトとして、2000年6月衆議院選挙公示と同時に公開されま
した。
 本来、民主主義の根幹を担うべき「選挙」に対して、有権者は常に関心を持ち、
権利を行使しているでしょうか。答えは昨今マスコミで報道される「投票率」を
見れば明らかです。Election.は、そんな現状を疑問視し、インターネットとい
うメディアを使って選挙と有権者をもっと密接に結びつけることができないかと
いう発想から生まれました。
 おかげさまでElection.の趣旨は広く賛同と共感を得ることができ、公開当初
からYahooやnetnavi(日経BP)、MSN(Microsoft)でも注目サイトとして紹介され、
独自に選挙速報やオンライン世論調査を行うなど、精力的な活動を行ってきてい
ます。また、インターネット上だけでなく実際に政治家と会い、意見交換をする
場として「居酒屋トークセッション」を企画するなど、各新聞社・TVなどのマス
コミからも注目されております。

Electionにつきましては、 リンク   
をご覧ください。


<取材申込等・連絡先・お問合せ先>
「ON-LINE ELECTION 推進委員会」
・メールアドレス hirai@election.co.jp
・住所 福岡市中央区天神4丁目8-2 8F
(株)イーハイブ
・担当者氏名 平井 良明(ひらい よしあき)
・電話 092-738-1707
<電話での連絡可能時間帯> AM9:00~PM7:00
<関連URL>
    「選挙プランナー三浦博史の選挙戦最新情報」
                   リンク

    選挙情報専門サイトElection. リンク

Election連携WEBLOG 政治家ブログ総合サイト”ele-log”
                   リンク

━━━━━━━━━━選挙情報サイト election.co.jp━━━━━━━━
URL:リンク お問合せは、info@election.co.jp
       発行:ON-LINE ELECTION 推進委員会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事