logo

4Gのインテレクチャルプロパティとロイヤリティ

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが、10月に刊行されました。

IP(インテレクチャルプロパティ、知的財産)は、最近急速に、企業が参入市場を選択する際や、企業の選択肢や収益の見通しを大幅に制限するような、有力なポートフォリオを除外するような、重要な差別化要因になりつつある。特許が過度になり、改革を妨害していると指摘する人がいる一方、主要な市場参入者が強力なIPポートフォリオの必要性を認識しているため、R&Dレベル向上と改革に拍車がかかった。米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「4Gのインテレクチャルプロパティとロイヤリティ:LTE、WiMAX、UMBの分析」は、4G技術におけるIPの背景を詳細に分析し、特にLTE、WiMAX、UMB、ビームフォーミング、高速パワー制御、ハイブリッドARQ、MIMO、OFDM、OFDMA、SC-FDMA、SDMAなどの基礎技術の分析に焦点を当てている。また、4Gターミナルに関連する潜在的なロイヤリティのシナリオを分析している。


◆調査レポート
4Gのインテレクチャルプロパティとロイヤリティ:LTE、WiMAX、UMBの分析
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。