お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

貨物用コンテナのセキュリティトラッキング

米国の調査会社ABIリサーチの最新市場調査レポートが10月に刊行予定です。

コンテナによる輸送は、世界中で荷物の運搬に不可欠である。世界全体でトラフィックが増加し、コンテナや運搬する貨物のトラッキング(追跡)の必要性も高まった。盗難防止や、テロリストの大量破壊目的での武器の運搬を防御するために、安全を確保する必要がある。コンテナセキュリティ市場は、業界全体の技術規格や政府委任にあまり進展が見られないため、依然として初期段階にある。米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「貨物用コンテナのセキュリティトラッキング」は、この市場でソリューション開発に使用されているRFID、OCR、セルラー、衛星などの様々な技術に関する調査を行っている。技術規格では、最近の大きな進歩に注目し、様々な政府機関、業界団体、個々の企業が果たしている役割を説明している。また、関連トピックに関する一連のデータや、この発展途上市場で利益を得ている様々な企業についても記載している。


◆調査レポート
貨物用コンテナのセキュリティトラッキング:サプライチェーンマネジメントと国土安全のためのRFID、セルラー、衛星通信
リンク

◆米国ABIリサーチについて
リンク

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。