logo

これで万全!オフィスのトータル・セキュリティ・サービス 『Security BOSS』が、わが国初の社内PCセキュリティ統制管理ソリューションを提供開始

~社内PCのセキュリティを確保する仕組みの構築、運用、監視、追跡までの全てをアウトソーシング・サービスで実現~

株式会社 NTTPCコミュニケーションズ(以下NTTPC、代表取締役社長:石田 守、本社:東京都港区)は、10月24日から社内PCのセキュリティに対する統制や管理を万全にするサービス群として、『Security BOSS』フォレンジック・サービス(PCの不正利用監査および追跡)、PCセキュリティ運用サービス(PCの資産管理、セキュリティ強度確保、および外部記憶装置利用制御)、および検疫運用サービス(持ち込みPCの認証、接続制御)を、順次開始します。

このサービスを利用することで、インターネット以外からのウィルス侵入の原因となる、持ち込みPCの接続制御や侵入ウィルスに対する社内PC全体の耐性強化、情報持ち出しの温床となる可搬媒体の使用制御や禁止アプリケーションの使用阻止、そして監査機能としてのPC操作履歴の管理や不正発生時の原因追跡という、社内PCのセキュリティ統制管理に必要かつ十分な機能を、全てアウトソーシング・サービスで網羅することが可能です。

今まで多くの人手をかけて対応せざるをえなかった、一連の社内PCの統制管理コストも、劇的に削減することが出来ます(月額30万円~)。

『Security BOSS』は、オフィスの情報セキュリティ対策について、「何から、どのような対応をしたらよいか分からない」といった悩みを抱える企業に対して、必要かつ十分な対策を、24時間体制のNTTPC Security Operation Center (セキュリティ・オペレーション・センタ、以下 SOC) を通じてマネージド・サービスの形でアウトソーシングできるようにした、全く新しいコンセプトのオフィスのトータル・セキュリティ・サービス群です。NTTPCが提供しているネットワークやデータセンタとも高い親和性を持つことから、これらの組み合わせによるネットワーク・ソリューションとしても提供します。

NTTPCはNTTグループで最初のISP事業者であり、22年間に及ぶ全国規模のネットワーク、データセンタ、各種コンピュータ・システムの運用経験と実績を活かしたマネージド・サービス群としてのトータル・セキュリティ・サービス『Security BOSS』を開発し、今後も機能向上に向けて取り組んでいきます。

なお、今回リリースしたサービスは、株式会社 ソリトンシステムズ(以下、ソリトン、代表取締役社長:鎌田 信夫、本社:東京都新宿区、ジャスダック証券取引所:3040)の端末統制製品群と、株式会社UBIC(以下、UBIC、代表取締役社長:守本 正宏、本社:東京都港区、東京証券取引所マザーズ:2158)のコンピュータ・フォレンジック技術を採用し、NTTPCのSOCが持つ高度な運用監視技術と融合させて実現したものです。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。