お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「ディスプレイ市場総覧2006」を販売開始

大画面薄型テレビから携帯電話機までディスプレイ市場とその市場を取り巻く約300点の図表を収録!

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、株式会社 日経ビーピーコンサルティング(代表取締役 樫村 弘幸 東京都港区)が発行した調査資料「ディスプレイ市場総覧2006」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成19年10月10日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
「ディスプレイ市場総覧2006」を販売開始

~大画面薄型テレビから携帯電話機まで
 ディスプレイ市場とその市場を取り巻く約300点の図表を収録!~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、株式会社 日経ビーピーコンサルティング(代表取締役 樫村 弘幸 東京都港区)が発行した調査資料「ディスプレイ市場総覧2006」の販売を開始しました。

詳細ページ: リンク


■■ 資料概要 ■■

液晶ディスプレイやプラズマ・ディスプレイ・パネル(PDP)の市場調査で評価の高いテクノ・システム・リサーチと、デジタル家電分野のマーケット情報を提供している日経マーケット・アクセスが薄型ディスプレイに特化して市場動向を解説!

薄型テレビから携帯電話機、デジタル・カメラ、カーナビなどで市場が急拡大する薄型ディスプレイの市場動向など、マーケティングに必要なデータを掲載しています。特にエレクトロニクス産業の中核となってきた薄型テレビについては部品から最終製品までの生産動向や市場動向を詳細に分析したディスプレイ関連ビジネスに必須の一冊です。


■■ 資料の特徴 ■■

◆日経マーケット・アクセスのディスプレイ関連、デジタル家電関連の記事も豊富に掲載。

◆「ディスプレイの市場調査・分析で 評価の高い(株)テクノ・システム・リサーチ(TSR,リンク)が全面協力」

◆国内のみならず世界の状況もわかるデータ集。グローバルな市場の動きを把握できます。グラフや表データは「日経マーケット・アクセス」同様、Excel形式で提供。読者の皆様が自由に加工して使えます。
 ※データをご利用いただけるのは以下のような場合に限ります。
 社内資料や会議資料など内部的資料への記事の引用や部分転載。
 取引先への企画書など不特定多数を対象としない対外的資料への記事やデー
 タの引用や部分転載。
 ただし、インターネット、イントラネットなどネットワークを通じた掲示や
 配布はできません。


■■ 資料目次 ■■

第1部 TSRの見るディスプレイ市場
 1.1 総論
  1.1.1 薄型ディスプレイ応用機器市場
 1.2 大型液晶パネル市場
  1.2.1 大型液晶パネル市場総論
  1.2.2 世界のパソコン市場動向
  1.2.3 世界のパソコン用ディスプレイ画面サイズ推移
  1.2.4 世界の大型TFT液晶パネルの生産
  1.2.5 世界の大型TFT液晶パネルの需給予測
  1.2.6 世界の液晶テレビの需給予測
 1.3 PDP市場
  1.3.1 世界のPDP生産量
  1.3.2 世界のPDP画面サイズ/解像度構成比
  1.3.3 世界のPDP生産能力
 1.4 地域別薄型テレビ市場
  1.4.1 世界カラー・テレビ需要台数
  1.4.2 地域別テレビ市場動向
 1.5 製品別薄型テレビ市場動向
  1.5.1 世界の薄型テレビの画面サイズ別構成比
  1.5.2 世界の薄型テレビの平均画面サイズ推移
  1.5.3 世界の薄型テレビの生産動向
  1.5.4 世界の液晶テレビとPDPテレビの画面サイズ別推移
  1.5.5 世界の液晶テレビ生産台数シェア
  1.5.6 世界のPDPテレビ生産台数シェア
  1.5.7 世界の薄型テレビのニュー・ブランド比率
  1.5.8 新興メーカーのビジネス・モデル
  1.5.9 テレビ用液晶パネル・モジュール・シェア
  1.5.10 テレビ用液晶パネルの供給関係
  1.5.11 テレビ用PDPモジュール・シェア
  1.5.12 テレビ用パネル価格推移
  1.5.13 薄型テレビ価格推移
 1.6 中小型アクティブ液晶パネル市場
  1.6.1 中小型アクティブ液晶生産
  1.6.2 携帯電話機向けアクティブ液晶
  1.6.3 デジタル・スチル・カメラ向けアクティブ液晶
  1.6.4 ビデオ・カメラ向けアクティブ液晶
  1.6.5 携帯型ゲーム機向けアクティブ液晶
  1.6.6 PDA向けアクティブ液晶
  1.6.7 車載モニター向けアクティブ液晶
  1.6.8 アミューズメント機向けアクティブ液晶
  1.6.9 携帯型DVD向けアクティブ液晶
  1.6.10 携帯型AV機器向けアクティブ液晶
  1.6.11 中小型アクティブ液晶の価格推移
  1.6.12 中小型アクティブ液晶の需給
  1.6.13 生産ラインの平均稼働率
 1.7 中小型アクティブ液晶の主要応用機器動向
  1.7.1 中小型液晶の主要応用機器
  1.7.2 世界の携帯電話機の需要予測
  1.7.3 世界のデジタル・スチル・カメラの需要予測
  1.7.4 世界の携帯型AV機器の需要予測
  1.7.5 今後注目の応用機器
  
第2部 日経マーケット・アクセスの記事に見るディスプレイ関連市場
 2.1 テレビ
  2.1.1 世界テレビ需要
  2.1.2 国内テレビ市場
  2.1.3 世界薄型テレビ生産
  2.1.4 世界薄型テレビ生産と国内市場
  2.1.5 中国薄型テレビ市場
 2.2 携帯電話機
  2.2.1 世界携帯電話機生産
  2.2.2 世界携帯電話機販売額
  2.2.3 世界携帯電話機需要
  2.2.4 世界携帯電話機中期予測
  2.2.5 国内携帯電話機メーカー生産
  2.2.6 中国携帯電話機生産
  2.2.7 携帯電話機のカメラ利用
 2.3 デジタル・スチル・カメラ/ビデオ・カメラ
  2.3.1 世界デジタル・スチル・カメラ生産台数
  2.3.2 国内デジカメ・メーカー出荷
  2.3.3 世界ビデオ・カメラ生産
 2.4 携帯型オーディオ
  2.4.1 世界携帯型オーディオ生産
  2.4.2 国内携帯型オーディオ市場
 2.5 車載システム
  2.5.1 国内カーナビ市場
  2.5.2 国内カーナビ市場中期予測
  2.5.3 欧州携帯型ナビ市場
  2.5.4 中国カーナビ市場
  2.5.5 ワンセグ対応機
 2.6 パソコン
  2.6.1 世界パソコン生産
  2.6.2 世界パソコン用ディスプレイ市場
  2.6.3 国内パソコン・シェア
  2.6.4 テレビ・チューナー搭載デスクトップ型パソコン
  2.6.5 無線LAN/テレビ・チューナー搭載ノート型パソコン
  2.6.6 国内パソコン出荷
  2.6.7 国内パソコン・サポート(1)
  2.6.8 国内パソコン・サポート(2)
  2.6.9 国内パソコン・サポート(3)
 2.7 ゲーム機
  2.7.1 携帯型ゲーム機生産
  2.7.2 テレビ・ゲーム機生産
  2.7.3 ゲーム機利用状況
  2.7.4 ネットワーク・ゲーム
 2.8 家電全般
  2.8.1 国内家電普及率
  2.8.2 国内電子工業生産
 2.9ディスプレイ・デバイス
  2.9.1 PDP生産
  2.9.2 携帯電話機向けカラー液晶生産
  2.9.3 大型TFT液晶用部材
  2.9.4 ディスプレイ・デバイス市場
 2.10 半導体
  2.10.1 世界半導体売上高ランキング
  2.10.2 世界半導体市場予測
  2.10.3 デジタル家電向け半導体
  2.10.4 イメージ・センサー出荷
 2.11 HDD
  2.11.1 世界HDD出荷(1)
  2.11.2 世界HDD出荷(2)
  2.11.3 デジタル家電向けHDD出荷
  
第3部 官公庁・業界団体のデータから見るディスプレイ市場
 3.1 機械統計
  3.1.1 液晶素子
  3.1.2 PDPモジュール
  3.1.3 フラットパネル・ディスプレイ製造装置
  3.1.4 薄型テレビ
  3.1.5 ビデオ・カメラ
  3.1.6 デジタル・スチル・カメラ
  3.1.7 携帯電話機
  3.1.8 カーナビゲーション・システム
 3.2 電子情報技術産業協会
  3.2.1 テレビ
  3.2.2 ビデオ・カメラ
  3.2.3 カーナビゲーション・システム
  3.2.4 携帯電話機
  3.2.5 携帯型オーディオ
  3.2.6 パソコン
 3.3 光産業技術振興協会
  3.3.1 光産業
  3.4 カメラ映像機器工業会
  3.4.1 デジタル・スチル・カメラ出荷台数
  3.4.2 デジタル・スチル・カメラ出荷金額


■■ 概要 ■■

商 品 名:ディスプレイ市場総覧2006
発 刊 日:2006年6月30日
判   型:A4判・約300頁
発   行:株式会社 日経ビーピーコンサルティング
販   売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
価   格:49,800円(税抜47,428円+消費税2,372円)別途送料500円

詳細ページ: リンク


【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒107-0052
      東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒107-0052
東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
TEL: 03-3560-1368 / FAX: 03-3560-1330
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。