お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

【グルプロ社MRR事業部】 「携帯電話事業者各社の海外動向-2006年度-」販売を開始

~陰りがみえはじめたi-mode提携~

IT、情報通信市場の調査レポート販売サイトMRR (運営会社:グルーヴプロ
モーション 【旧 株式会社ナノプロ】 代表取締役 森田裕行)は、携帯
市場のレポートで定評のあるエムレポートが制作した「携帯電話事業者各社の
海外動向-2006年度-」の販売を開始しました。

2007年10月2日

報道関係各位

グルーヴプロモーション株式会社(旧 株式会社ナノプロ)
MRR事業部
リンク

――――――――――――――――――――――――――――――――――
【グルプロ社MRR事業部】
「携帯電話事業者各社の海外動向-2006年度-」の販売を開始

 ~陰りがみえはじめたi-mode提携~

詳細はこちら⇒ リンク
――――――――――――――――――――――――――――――――――

■■概要■■
IT、情報通信市場の調査レポート販売サイトMRR (運営会社:グルーヴプロ
モーション 【旧 株式会社ナノプロ】 代表取締役 森田裕行)は、携帯
市場のレポートで定評のあるエムレポートが制作した「携帯電話事業者各社の
海外動向-2006年度-」の販売を開始しました。


詳細はこちら⇒ リンク


■■資料概要■■

◆i-mode提携に暗雲が漂いはじめたNTTドコモ

NTTドコモの国際サービス収入が好調に拡大しています。国際ローミング・
サービス「WORLD WING」対応端末の拡充などにより、2006年度通期の売上高も
前年度比36.0%増となる340億円に高まりました。NTTドコモは対応端末の拡充
以外にも、対応端末のレンタル料無料やパケット通信料割引などの施策も実施
しています。さらにシンガポールで開催された通信機器総合展示会、
「CommunicAsia 2007」では、ブース内で積極的にポート・インを紹介するなど、
海外から国内への渡航者向け利用促進策も行っています。

海外展開ではアジア事業者7社とのConexus Mobile Allianceも本格的に
動き出しつつあり、2006年12月には新たにフィリピンSMART Communicationsも
加盟しました。ただ、これまで小規模ながらも拡大一辺倒であった「i-mode」に
変化があらわれています。豪Telstraや英O2がi-modeのサービス終了を発表し、
当初はi-modeを開始する予定であったインドHutchison EssarもVodafone Group
入りが決定したため、i-modeライセンス契約も解消しました。i-mode展開に暗雲
が漂いはじめています。

◆提供地域拡大のauと国内市場最優先のSBM

KDDI(au)は「au ICカード」を利用した「GLOBAL EXPERT」を開始したものの、
auの動向をみる限り、国際サービスの要は「GLOBAL PASSPORT」にあります。
従って、GLOBAL PASSPORTの提供地域拡大を進めつつ、データ通信ローミングの
拡大にも余念がありません。一方、ソフトバンクモバイルは海外展開よりも、
国内市場の足場固めに専念する傾向にあります。


■■キーワード■■

◆国際サービス収入が拡大傾向のドコモ!!
NTTドコモは国際ローミング・サービス「WORLD WING」対応端末の拡充などに
より、2006年度通期の売上高もが前年度比36.0%増となる340億円に高まった。

◆auはGLOBAL PASSPORTを積極拡大!!
KDDI(au)における国際サービスの要は「GLOBAL PASSPORT」にあり、
提供地域拡大を進めつつデータ通信ローミングの拡大にも余念がない。

◆国内最優先のソフトバンクモバイル!!!
現在のところ、ソフトバンクモバイルは国内市場の足場固めに専念しており、
海外展開ではサービス提供ではなく、技術や知識、コンテンツを輸出することを
検討している。

【2.NTTドコモの動向】

◆将来は国際関連事業収入を1,000億円に拡大

NTTドコモは今後の成長の柱に、国際ローミングや国際電話といった、
国際関連事業を位置付けており、売上高を2006年度通期の340億円から
1,000億円に引き上げる考えです。具体的な達成時期は提示していないものの、
特に海外事業者との国際ローミング収入の増加を見込んでいます。
2007年秋/冬モデルの「FOMA 905i」シリーズでは海外市場で主流のGSM方式も
利用できるようになり、利用可能地域が大幅拡大します。


■■目次/図表■■

要約
キーワード

1.市場概況
 i-mode提携に暗雲が漂いはじめたNTTドコモ
 GLOBAL PASSPORTの提供地域拡大を進めるau
 現在は国内市場を最優先させるソフトバンクモバイル

2.NTTドコモの動向
 【業績推移】
  06年度は340億円に拡大した国際サービス収入
  表:国際サービス収入の半期別売上高推移(2005~2006年度通期)
  将来は国際関連事業収入を1,000億円に拡大
  表:国際サービス収入の売上高推移(2003~2007年度+将来)
  表:自端末ローミング比率の四半期別推移
    (2006年3月~2007年3月、エムレポート推定)
  表:FOMA+movaの半期別ARPU推移と予測(2005~2007年度通期)
  表:FOMAの半期別ARPU推移と予測(2005~2007年度通期)
  表:movaの半期別ARPU推移と予測(2005~2007年度通期)
 【事業の方向性】
  中国本土への進出も時機尚早
  ベトナム市場にも注目
  海外渡航時の端末利用について注意点を案内
  07年9月までWORLD WING対応端末のレンタル料が無料
  07年7月から9月までWORLD WINGのパケット通信料を割引
  07年7月に米AT&T Mobilityとハワイの3G網共同構築で合意
  表:米AT&T Mobilityの会社概要
  CommunicAsia 2007でポート・インを積極的に紹介
  07年5月から6月まで韓国3Gエリア拡大記念キャンペーンを実施
  07年2月~3月まで国際TV電話/国際SMSを半額で利用可
  07年3月に国際ローミング対応端末の不具合を発表
  06年8月にWORLD WINGで輻輳が発生
 【出資/会社設立の動向】
  07年5月に英Gobi Fund IIへの出資を決定
  07年1月に英Fidatone Mobileへの出資を発表
  06年12月にフィリピンSMARTがConexus Mobile Allianceへ加盟
  表:Conexus Mobile Allianceの参加事業者の会社概要
  06年12月にフィリピンPLDTの株式追加取得を発表
  表:PLDT/SMART/FPCの概要
  06年11月にFCCからGuam Cellularなどの買収の認可を取得
  表:Guam Cellular/Guam Wirelessの会社概要
  06年9月に英NGMNを設立
  表:英NGMNによる計画の基本方針
 【新サービスの動向】
  07年4月から国際通話料割引サービスの提供を開始
  06年10月に韓国で国際ローミングを拡大
 【端末の動向】
  06年度末に550万台となったWORLD WING対応端末台数
  表:国際ローミング対応端末の四半期別推移(2006年3月~2007年3月)
  FOMA 905iシリーズでGSM方式も標準搭載
  07年7月にKTFとHSDPA方式USB型端末の共同調達を発表
  表:FOMA A2502 HIGH-SPEEDの主な仕様
  図:FOMA A2502 HIGH-SPEED
  06年7月からHTC製Windows Mobile OS搭載端末の販売を開始
  表:hTc Zの主な仕様
 【i-mode採用事業者の動向】
  拡大一辺倒のi-modeに暗雲
  表:海外市場におけるi-mode展開状況
  英O2がi-modeを終了
  07年12月に豪Telstraがi-modeを終了
  07年秋にi-modeを終了する露MTS
  07年から端末を乗車券などにする仏Bouygues Telecom
  07年5月から香港でi-modeを開始
  07年5月からルーマニアでi-modeを開始
  06年12月にi-modeでのNapster Mobileを発表した02 Ireland
  07年5月にHutchison Essarとのi-modeライセンス契約を解消
  06年9月からブルガリアでi-modeを開始
  06年6月にi-mode完全対応端末を発表した英Sony Ericsson
  表:Sony Ericsson K610imの主な仕様
  図:Sony Ericsson K610im
  06年6月に香港HTCLと香港/マカオのi-mode提供で提携
  表:Hutchison Telephone Company Limitedの会社概要

3.KDDIの動向
 【事業の方向性】
  07年8月に中部国際空港KDDIカウンターを開設
  07年6月に海外市場向け端末レンタルの利用料を改定
  表:auグローバルエキスパート端末レンタルサービスの利用料
 【新サービスの動向】
  07年7月からインドネシアでデータ通信ローミングの提供を開始
  07年7月からブラジルでGLOBAL PASSPORTの提供を開始
  07年6月からインドでデータ通信ローミングの提供を開始
  07年5月からカナダでデータ通信ローミングの提供を開始
  06年9月からバリ島でGLOBAL PASSPORTの提供を開始
  06年8月から米国やハワイでデータ通信ローミングの提供を開始
  06年8月からベトナムやペルーでGLOBAL PASSPORTの提供を開始
  06年6月からインドやジャマイカでGLOBAL PASSPORTの提供を開始
 【端末の動向】
  GLOBAL PASSPORT対応端末は8機種を投入中
  表:GLOBAL PASSPORT対応端末の市場投入時期
  07年7月にGLOBAL PASSPORT対応の新端末を販売
  表:A5527SAの主な仕様
  図:A5527SA

4.ソフトバンクモバイルの動向
 【事業の方向性】
  現在は国内市場を最優先
  07年4月~5月に国際ローミング通話料を割引
  06年10月からソフトバンク国際電話の利用限度額を廃止
 【携帯電話ユーザ数】
  06年9月末に国際ローミングの累積ユーザ数が350万を突破
 【新サービスの動向】
  07年4月からフィリピンGlobe Telecomと国際SMSを開始
  06年12月から国際ローミング対応地域が170ヶ国/地域に拡大
  表:国際ローミング・サービスの対応地域

5.その他の動向
 米KDDI Americaの動向
  07年4月から米国でポストペイ・サービスを開始
  07年3月から米国でプリペイド・サービスを開始
 07年6月に米国でサービスを開始した日本通信子会社
 a2networkの動向
  07年6月からベリー eメール着信通知サービスを開始
  表:a2network/独a2networkの会社概要
  ドイツでberry mobileを開始

6.関連リンク
  表:関連リンク


■■資料の仕様■■
商 品 名:「携帯電話事業者各社の海外動向-2006年度-」
発 刊 日:2007年9月25日
判   型:A4版32頁〔PDF資料〕
発   行:エムレポート
販   売:グルーヴプロモーション株式会社(旧 株式会社ナノプロ)
頒   価:21,000円(税抜20,000円+消費税1,00円)

■■お申し込み方法■■
下記URLよりおご購入ください。
⇒ リンク


■その他、現在、ご提供中の調査資料

【デジタルサイネージ最新動向と広告効果】

デジタルサイネージとは、一般家庭以外の場所にある電子看板/電子ポスターで
その主要視聴は20代以下の女性。また影響度は広告媒体の中で最高の伸び率と
して、既存メディアを補完するメディアとなりうる可能性が高いと推察されます。
リンク


【iPhoneに関するアンケート調査】

米国で発売されたアップル社のiPhoneについての認知度、購買意欲のほか、携帯
電話を購入する際に重視すること、iPodの利用状況等リサーチ。iPhoneに関する
本格的なアンケート調査は、日本国内では初めてとなります。
リンク


【市場別の移動体通信市場の予測 中国携帯電話市場の予測 】

ROA Groupが毎年発行する定期レポートで、アジア地域の中でもコア戦略国家
の移動体通信市場予測を行なったものです。主要なキープレイヤーの戦略
や事業展開に対する分析・今後の展望を中心に作成されたレポートとなります。

【中国版はこちら】
  リンク

【韓国版はこちら】
  リンク

【インドネシア版はこちら】
  リンク


■モバイル・マーケティング・マガジン創刊

モバイル・マーケティング最前線のリサーチャー、コンサルタントが参加。
独自調査に基づく分析、最新情報を毎週無料配信!

お申込みはコチラから
リンク



■■グルーヴプロモーション株式会社について■■
設立:2006年1月
会社名:グルーヴプロモーション株式会社(旧 株式会社ナノプロ)
所在地:
本社/東京都渋谷区恵比寿4-20-3恵比寿ガーデンプレイス18階
神南オフィス/東京都渋谷区神南1-13-8パーク・アヴェニュー神南404
事業内容:
(1)ネットプロモーション事業
インターネットならびにモバイル向けの成果報酬型プロモーション事業
(2)デジタル・プラットフォーム事業
デジタル配信できるあらゆるコンテンツをカバーするプラットフォーム事業
(3)メディア&コンテンツ事業
システム・プラットフォームの開発ならびに提供
関連コンテンツの制作・販売

代表取締役:森田裕行
URL: リンク

■■本件に関するお問い合わせ先■■
〒150-0041
東京都渋谷区神南1-13-8パーク・アヴェニュー神南404
グルーヴプロモーション株式会社(旧 株式会社ナノプロ)
TEL:03-6379-9771 / E-Mail: info-mrr@nanopro.jp
担当:MRR事業部

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。