logo

2011年には200億ドルを上回るイーサネットスイッチ市場

イーサネットスイッチの世界市場は2006年に着実な成長を見せた。米国調査会社インスタット社では、2005年から2006までのイーサネットスイッチ市場は、出荷数で19.3%、収益で15.5%伸びたという調査結果を発表するとともに、イーサネットスイッチの総市場は2011年に200億ドルに到達すると予測している。

2006年、イーサネットスイッチの世界市場は着実に成長した。米国調査会社インスタット社は、2005年から2006までのイーサネットスイッチ市場は、出荷数で19.3%、収益で15.5%伸びていたと報告している。イーサネットスイッチの総市場は、2011年に200億ドルに到達すると予測している。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ 2006年の大きな驚きは、ファストイーサネットの出荷数の成長だった。これらの製品にまだ需要があることが確認された
■ 10ギガビットイーサネットセグメントは、バックボーン需要とネットワーク統合アプリケーションによって、2006年も成長を続けた
■ ギガビットイーサネットポートの出荷数は2006年に44.6%増加し、収益は22.3%増加した

インスタット社の調査レポート「世界のイーサネットスイッチ市場:製品別市場シェアと5年間予測 - Worldwide Ethernet Switch Market Analysis」は、世界のイーサネットスイッチ市場を調査している。Layer 2、3、2/3、4-7、2/3/4-7、マネージドとアンマネージド、固定とモジュラー、ファストイーサネット、GigE、10ギガビットイーサネットなど、主要なセグメントごとに詳細な市場シェアと5年間予測を記載している。

[調査レポート]
世界のイーサネットスイッチ市場:製品別市場シェアと5年間予測
Worldwide Ethernet Switch Market Analysis
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。