お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

料金ベースの遠隔操作のホームオートメーションは成長する

米国調査会社インスタット社は、北米における有料の遠隔操作によるホームオートメーションとセキュリティシステム市場は、現在は穏やかだが、今後大きな成長性があるという調査結果を発表している。また同社では、北米でホームオートメーションやセキュリティシステムを制御または監視するために遠隔接続料金を支払う世帯数は、2007年から2011年までに毎年平均25%成長するという予測結果も発表している。

有料の遠隔操作によるホームオートメーションとセキュリティシステム北米市場は、現在は穏やかだが、今後大きな成長性があると米国調査会社インスタット社は報告する。北米で、ホームオートメーションやセキュリティシステムを制御または監視するために遠隔接続料金を支払う世帯数は、2007年から2011年までに毎年平均25%成長するだろう。

「これまでのところ、技術に詳しい人や早期採用者の家庭で採用しているのは、オートメーションシステムをホームネットワークに接続しているもので、新製品の第一世代を経験している。早期採用者は製品性能に厳しく、第一世代の製品にはしばしば解決すべきバグがいくつかあるものである」と、インスタット社のアナリストJoyce Putscher氏は言う。

インスタット社は、以下についても調査した。
■ PCネットワークに接続したホームオートメーションシステムの採用数は、4年後に約3倍になるだろう
インスタット社の調査によると、借家住まいの人たちの方が持ち家の人たちに比べて年収が低い傾向にあるにもかかわらず、借家住まいの人たちは持ち家の人たちに比べて、ホームオートメーションやセキュリティの遠隔アクセス料金を支払っても構わないと思っている
■ 米国家庭の約18.6%は、何らかのセキュリティシステムサービスに加入している

インスタット社の調査レポート「北米のホームネットワーキングサービス市場:ホームオートメーション、ホームセキュリティ、遠隔操作などの利用状況と5年間予測 - Tying Home Automation & Security to Home Networks in NA: Renters Willing to Pay More for Remote Access」は、北米のホームオートメーションやセキュリティ市場を調査した。ホームオートメーションシステムの世帯普及率、遠隔操作のホームオートメーションシステムの世帯普及率、世帯ごとのホームオートメーションシステム所有数、ホームオートメーションシステム利用数、ホームネットワークにPCで接続するホームオートメーションシステム、遠隔操作でオートメーションシステムを利用する世帯、有料の遠隔操作を利用するユーザ、遠隔操作の平均月額料金、遠隔操作サービスの年間収益の、5年間の米国市場予測を提供する。インスタット社のホームオートメーションとセキュリティに関する米国消費者調査の調査結果も掲載している。


[調査レポート]
北米のホームネットワーキングサービス市場:ホームオートメーション、ホームセキュリティ、遠隔操作などの利用状況と5年間予測
Tying Home Automation & Security to Home Networks in NA: Renters Willing to Pay More for Remote Access
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。