logo

VTIテクノロジー社製センサーによってDe Havilland社製パイロット腕時計の精度は最高に

Vantaa, Finland, Sept 18, 2007 - (JCN Newswire) - スイスのDe Havilland社製パイロット腕時計は、精度の高い気圧計および高度計機能を有するVTIテクノロジー社の圧力センサーを利用しています。このDe Havilland社製パイロット腕時計は、離陸と着陸の時刻、飛行時間を記録し、各飛行区間の飛行時間と総飛行時間の両方を記録することも可能です。

VTI社の圧力センサーSCP1000のサブメーターの精度を活用して、De Havilland社製腕時計は以下のような明確な数値をパイロットに随時伝えます:高度(メートル/フィート)、QFE高度(hPa/Hg)、飛行レベル(FL)、QFEおよびQNH(hPa/Hg)、気圧トレンド(hPa/Hg)。

JDA Electronic SA社のパイロット兼取締役、Jean-Daniel Carrard氏はこのように話しています、「De Havilland社のパイロット腕時計DH-01、DH-02モデルは、パイロットのためにパイロットによって開発されました。De Havilland社の腕時計の特徴は、飛行データの精度と使いやすさを強化した独自のイノベーションにあります。DH-02モデルはVTI社のSCP1000圧力センサーを装備しており、1フィート単位の精度で高度を測定することができます。回転式ベゼルをベースとする全く新しいインターフェイスによって、ユーザーは(計器盤上で行うように)高度や圧力を調整し、時刻を合わせることができます。これは腕時計にはこれまでなかった知的特徴の一つです」。

VTI社のSCP1000圧力センサー担当のプロダクトマネージャー、Heikki Timonenは以下のように話しています、「スイスの腕時計業界における有名ブランド数社の設計パートナーとして知られるJDC Electronic SAと一緒に仕事ができることで、私たちは大変張り切っています。高性能なパイロット腕時計で使用する圧力センサーに対する需要はかなり高く、正確な高度情報、安定性とロバスト設計が、この需要の高まるアプリケーションにおいて圧力センサーが認められるための重要な要素なのです」。

画像はこちらからご覧ください。
リンク


JDC ELECTRONIC SA社について

1981年にJean-Daniel Carrard氏によってJDC ELECTRONIC社が設立され、その後1984年に同社はJDC ELECTRONIC SA社となりました。JDC ELECTRONIC SA社はスポーツ機器の開発と製造を専業とし、これらスポーツ機器のワールドワイドな販売に精力を注いできました。現在JDC ELECTRONIC SA社は風力測定機器における世界のトップ企業です。
www.dehavilland-watches.com


詳細は下記までお問い合わせください

Heikki Timonen
プロダクトマネージャー
電話 +358 50 385 3155
Email: heikki.timonen@vti.fi

Tiina Olkkonen
広報部長
電話 +358 40 827 8844
Email: tina.olkkonen@vti.fi


概要: VTIテクノロジー社

VTIテクノロジー社は、自動車産業用アプリケーションおよび心調律管理(CRM)用低g加速度センサー分野における世界のトップメーカーです。当社の振動センサーおよび圧力センサーは、自動車、医療、計器、スポーツ、携帯情報端末の分野に幅広く利用されています。VTI社は、独自の3D MEMS (マイクロエレクトロメカニカル・システム)を利用したシリコンベースの容量型センサーを開発、生産しており、これらは加速度、傾斜、衝撃、振動、角速度、圧力の測定に利用されています。VTIのオーナーは、EQTⅢプライベート・エクイティ・ファンドです。2006年のVTIの純売上高は7,240万ユーロ、従業員数は約700名です。本社はフィンランドにあり、海外におけるパートナー・ネットワーク、つまり海外販売・マーケティング・ネットワークの拠点は、ドイツ、米国、日本、中国に広がっています。フィンランド以外では、メキシコでも製造事業を行っており、当社製品の99%以上は海外で販売されています。URL: www.vti.fi

このプレスリリースの付帯情報

VTI社の圧力センサーSCP1000

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。