お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ロアグループ社、「急速に成長するインドネシアの移動体通信市場 - 2010年1億3,300万の加入者数が展望される巨大市場を探る」レポートを出版

中国の携帯電話加入者数や2大キャリアである、チャイナモバイル(China Mobile - 中国移動通信)とチャイナユニコム(China Unicom -中国聯合通信)について分析しています。また中国の携帯電話解約率の予測やデータ加入者数予測も提供されています。
さらに別途提供されるMSエクセルファイルには、中国の各目GDPや消費物価指数、中国の携帯電話普及率などのデータが含まれています。

[目次]

エクゼクティブサマリー

1 インドネシアの市場環境

1-1 インドネシアの経済環境
1-2 人口及び所得増加
1-3 海外投資環境の改善
1-4 インドネシアの国自体のパワー不足

2 インドネシア情報通信市場の概況と政策

2-1 インドネシアにおける情報通信市場の概況
2-2 通信産業の政策

3 インドネシアの移動体通信市場

3-1 インドネシアの通信市場の成長とその規模
3-2 移動体通信市場の主要キャリアの分析

3-2-1 GSMキャリアの分析
3-2-2 CDMAキャリアの分析

4 移動体通信市場への設備投資状況

4-1 基地局(BTS)設置現況とその展望
4-2 基地局(BTS)の主な設備と市場動向
4-3 移動体通信キャリア別のシステム

5 インドネシアにおける移動体通信市場の予測及び結論

5-1 インドネシアの移動体通信市場の加入者数規模の予測(2007年-2010年)
5-2 結論

図表目次
 ̄ ̄ ̄ ̄
図目次

[図 1-1]インドネシアの人口規模とGDP成長率(2001年-2006年)
[図 1-2]2006年度上半期の対インドネシアの国別投資ランキング
[図 2-1]インドネシアの通信政策樹立団体及びそのプロセス
[図 2-2]Palapa Ring Network構築プログラム
[図 3-1]インドネシアの固定及び移動体通信加入者規模(2001年-2006年)
[図 3-2]GSMキャリア別の加入者推移(2005年、2006年)
[図 3-3]CDMAキャリア別の加入者推移(2005年、2006年)
[図 5-1]インドネシアの移動体通信市場の加入者規模の予測(2007年-2010年)

表目次

[表 3-1]インドネシア通信産業の構造及び競争現況
[表 3-2]インドネシアの各通信キャリアの持ち株保有構成
[表 3-3]Indosatのマーケティング活動
[表 3-4]通信キャリア別の固定無線電話(WLL CDMA)サービス開始時期と事業権の現況
[表 3-5]Mobile-8の料金プラン(2007年3月以降)
[表 4-1]インドネシアの通信キャリア別の基地局の設置現況
[表 4-2]インドネシアの移動体通信キャリア別のシステム
[表 5-1]インドネシアの移動体通信市場を予測する上での前提事項


[調査レポート]
急速に成長するインドネシアの移動体通信市場
2010年1億3,300万の加入者数が展望される巨大市場を探る

[ロアグループ社について]
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

インドネシアの移動体通信加入者規模の予測 (2002-2010年)

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。