お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Wi-Fiメッシュネットワークの成長が鈍化

米国の調査会社インスタット社では、Wi-Fiメッシュアクセスポイントは、今後数年間力強い成長が続き、2006年から2011年にかけて3倍以上の出荷数増加が見込まれ、しかもまた、インスタット社ではその成長の大部分は2006から2008年の間で、成長率は2009年から急速に低下するという予測結果も発表している。

Wi-Fiメッシュネットワーク機器市場は、2006年に出荷数が100%以上成長し、2007年も90%以上成長するだろうと米国調査会社インスタット社は報告する。Wi-Fiメッシュアクセスポイントは、今後数年間、力強い成長が続き、2006年から2011年にかけて3倍以上の出荷数増加が見込まれる。しかし、その成長の大部分は2006から2008年の間で、成長率は2009年から急速に低下するだろう。

「都市圏では自治体のメッシュネットワークの採用が継続するが、ビジネスモデルの問題があり、2008年以降の新規採用は鈍化するだろう。大企業向けのビジネス市場の成長と既存のノードの更新需要によって、新しい自治体ネットワークへの出荷の減速を補うだろう」とインスタット社のアナリストDaryl Schoolar氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ メーカーの収益は2011年まで成長するが、ノード毎のコストの下落ほどには出荷数は伸びないだろう
■ 政府向けのアプリケーションサポートは、自治体ネットワークの成功のために必要であり、多くの場合、消費者の接続はネットワークそれ自体を維持するのに十分ではない
■ WiMAXとセルラーは共に、Wi-Fiネットワークのターゲットとするノマディックユーザーを対象としているので、市場にとって悪い影響要因である

インスタット社の調査レポート「世界のWi-Fiメッシュ機器市場:技術、トレンド、ベンダ、シェア、出荷数、収益予測 - 2007 Worldwide Wi-Fi Mesh Equipment Market」は、世界のWi-Fiメッシュネットワークと機器市場を調査している。アクセスポイントの出荷数と収益、市場シェアの5年間の予測、技術プロバイダの分析と市場の変化、主要ベンダのプロフィールを提供している。


[調査レポート]
世界のWi-Fiメッシュ機器市場:技術、トレンド、ベンダ、シェア、出荷数、収益予測
2007 Worldwide Wi-Fi Mesh Equipment Market
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。