logo

WebExが米Elearning Magazine誌の 「ベスト・オブ・Eラーニング2006アワード」で2冠を獲得

~市場シェア64%(*1)を誇るWebExのアプリケーションは 日本国内でも遠隔授業に活躍~

SaaS(*2)モデルのWebコラボレーション(*3)ツールをビジネス向けに提供するリーディング・プロバイダ、ウェブエックス・コミュニケーションズ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:田野豊、以下WebEx)は、米国において同社のアプリケーションがElearning Magazine誌の「Best of Elearning! 2006 Awards(ベスト・オブ・Eラーニング2006アワード)」においてベスト・バーチャル・クラスルーム賞とベストWebセミナー・ソリューション賞を受賞したと発表しました。

【Training Center: ベスト・バーチャル・クラスルーム賞】
ベスト・バーチャル・クラスルーム賞に選ばれたのは、WebExのEラーニング向けアプリケーションTraining Centerです。Elearning!の読者が選んだ理由のトップ3は「複数の学習管理システム(LMS)のシームレスな統合」、「卓越した顧客サポート」、「優れた品質」でした。WebEx Training Centerでは、標準的なWebブラウザを使用して従業員・パートナー・お客様に対し、いつでもどこでも、インタラクティブなオンライントレーニングを行うことができます。

【日本国内でのTraining Center採用最新事例】
WebExは日本国内において多くの導入実績を有しています。最新の例では、名古屋大学/南山大学/愛知県立大学/静岡大学の4大学および連携6企業産学協同教育プロジェクト(*4)の一環として、各大学院の修士課程に開設されるITスペシャリストコースの遠隔授業に、Training Centerの採用が決定しました。

この産学協同プロジェクトは、平成18年度文部科学省公募の「先導的ITスペシャリスト育成推進プログラム」に採択されているもので、名古屋大学/南山大学/愛知県立大学では、WebExとテレビ会議システムを同時に使用した遠隔授業を本年4月10日より開始する予定です。WebExは、データ共有機能に加え、ポインタやマーカーなどのインタラクティブなツールが充実していること、板書内容を容易に統合し共有できること、また、録画/記録機能を兼ね備えている点を評価され、採用が決定しました。

【Meeting Center: ベストWebセミナー・ソリューション】
ベストWebセミナー・ソリューション賞を受賞したのは、WebExのWeb会議向けアプリケーションMeeting Centerです。主な受賞理由は、「優れた顧客サービス」、「使いやすさ」、「ユーザーの効率的、効果的なプレゼンテーションを支援する一連の総合的な機能」でした。WebEx Meeting Centerを使用すれば、データの共有、プレゼンテーション、アプリケーション共有などを通じて、全世界のお客様や社員とのプロジェクトにおけるコラボレーションを実現できます。

【WebEx Meeting Center】
WebEx Meeting Centerは、データ/動画/音声共有、電話コミュニケーションなどのインタラクションに対応し、対面ミーティングと遜色のないミーティング環境を実現するWebコラボレーションのアプリケーションです。サーバーベースのコラボレーション・ソフトウェアとは異なり、WebExアプリケーションはオンデマンドで提供されるので、社内外とのビジネス・コラボレーションに容易に対応できます。WebEx Meeting Centerは、米PC Magazine誌のエディターズ・チョイスに選ばれています。(webex.com/go/pcmag)。

WebEx Meeting Centerは、14日間無料トライアルを実施しています。Webコラボレーションについての詳細や、無料トライアルのお申し込みはwww.webex.co.jpをご参照ください。

【WebEx Training Center】
WebEx Training Centerは、WebEx MediaToneプラットフォーム上で提供され、企業のトレーニング・プログラムの価値を高めるとともに、トレーニングの提供機会を拡大します。WebEx Training Centerは、リアルタイムでのアプリケーション共有、ブレイクアウト・セッション、バーチャル参加ラボ、自動評価、e-コマース機能など、教育・トレーニング機関/部署のニーズに合わせて設計された機能を備えています。WebEx Training Centerはオープンなプラットフォームであるため、コンテンツ管理、トレーニング管理、自己学習分野のパートナーやソリューション・プロバイダは、自社の製品と統合して提供することができます。

WebEx、MediaTone、Meeting Center、Training Centerは、WebEx Communicationsの登録商標または商標です。

【WebExについて】
WebEx Communications Inc.(NASDAQ:WEBX)は、SaaSモデルのWebコラボレーションツールを提供するリーディング・カンパニーです。Webの効率的な活用を通じたコラボレーションを促進することで、セールスやトレーニングなどのあらゆるビジネス環境を進化させることができます。全てのアプリケーションは、リアルタイムのセキュアな通信網として設計された専用グローバルネットワークWebEx MediaTone™ Network上で、オンデマンドで提供されます。WebExは米カリフォルニア州サンタクララに本社を置き、欧州、アジア、オーストラリアに地域本部を設置しています。
URL:リンク

用語解説

(*1)出典:Frost & Sullivan 2005 "World Web Conferencing Markets", Market Share of Web Conferencing Services Market
(*2)SaaS (software as a service): ネットワークを通じてアプリケーションソフトの機能をオンデマンドで提供する仕組み。必要な機能のみを、必要な時に使用できるため、導入・保守の手間や時間、コストを削減できる。従来のホスティングモデルと異なり、利用環境に合わせた柔軟なカスタマイズや他サービスとの連携が可能になった。さらに、一つのシステムを複数企業で共有できるため、より低コストでのサービス提供が実現している。
(*3)Webコラボレーション: Webを活用した複数人の共同(協働)作業。遠隔地間でのデータ/アプリケーションの共有や会議、意思疎通などを、効率的に行うことができる。これまで対面コミュニケーションでしか実現できなかったリアルなコミュニケーションが低コストで手軽に実現できる。
(*4)プロジェクト名:「OJL(On the Job Learning)による最先端技術適応能力を持つIT人材育成拠点の形成」

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。