logo

フィードパス、「feedpath Zebra」のバージョンアップを発表

~ サービスラインナップ拡充により、企業の多様な運用パターンに対応 ~

 フィードパス株式会社(本社: 東京都渋谷区 代表取締役社長CEO: 津幡 靖久 以下フィードパス)は、システム連携可能なSaaS型Webメール「feedpath Zebra」をバージョンアップすることを発表します。今回のバージョンアップでは、企業のニーズにあわせてお選びいただける複数の運用パターンや運用オプションが追加されるほか、多様なカスタマイズ機能もあわせて拡充します。2007 年 9 月 5 日 (火) より、上記バージョンアップ・サービスの提供を開始することで、今まで以上に、高度な企業のニーズに柔軟に対応可能なサービスへと進化します。

【feedpath Zebra】は、Webメール、アドレス帳、スケジューラ、ドキュメント管理/社内Wiki機能を標準装備し、その他様々なインターネットサービスとシステム連携することによりシームレスに提供可能な当社独自サービスです。2007年2月のサービスイン以降、当社は、 feedpath ZebraをSaaSで提供することで、短期間でサービスに加入頂くことや、運用・管理の手間を削減すること、また追加コストをかけず常に最新で利便性の高いサービスをご利用頂けることなど、高度な企業ニーズに柔軟に対応可能なサービスを提供してまいりました。

今回、多様な企業ニーズに答えるため、2点の大幅なバージョンアップを実施します。複数の運用パターンからご希望の導入形態を企業にお選び頂ける運用オプションの追加(*1)とメールの利便性を向上させるカスタマイズ機能の拡充(*2)です。
運用オプションの追加により、既存メールサーバー環境に手を加えることなく、feedpath Zebraの導入が可能になった他、自社ドメインのままメール運用を一括アウトソース頂くことも可能になります。また、社内の特定部門や特定部署における導入にも、今まで以上にご利用頂きやすくなりました。
一方、マウスを使わずに作業効率の向上が期待できる「ショートカットキー」などのカスタマイズ機能の拡充により、Webメールでありながら、旧来のクライアント型メーラーに勝る操作性と利便性を提供することで、ビジネスマンの更なる業務効率の向上を実現します。
フィードパス株式会社は、今後も 自社サービスのバージョンアップを重ね、移り変わる企業ニーズに合致するサービスをSaaS提供することで、企業が抱える運用/管理の手間やコスト過多の悩みを解消し、企業及びビジネスマンの業務効率を大幅に向上させる情報系サービスを提供し続けて参ります。

(*1)追加された運用オプションは、以下の一覧表をご覧ください。
(*2)拡充されたカスタマイズ機能は、以下の一覧表をご覧ください。


_____________________________________

■「feedpath Zebra」の運用オプション項目(*1)
 【運用オプション詳細: リンク
---------------------------------------------------------------------
今回追加された運用オプションにより、以下の運用3パターンが実現します。
1.既存メールサーバーのままfeedpath Zebraを導入
2.自社ドメインのままメールサーバーをfeedpath Zebraとして導入
3.フィードパス提供ドメインで、メールサーバーをfeedpath Zebraとして導入
---------------------------------------------------------------------
        ◇◇◇ 追加運用オプション(*1)◇◇◇
---------------------------------------------------------------------
 □ドメイン追加オプション
 複数ドメインを持つ場合に、全てのドメインのメールを共通に取得したい 
 場合。例えば、「taro@feedpath.co.jp」と「taro@feedpath.com」の2つの
 ドメインを持ち、どちらも受信したい場合

 □部門利用オプション
 自社内の特定部署のみfeedpathZebraを利用し、かつドメインは現行のまま
 にしたい場合サブドメイン提供オプションお客様にてDNSの登録を自由に行え
 ないため、弊社のSaaSドメインにお客様の会社名をサブドメインとして登録
 し、ご利用いただく場合 「@会社名.saaszebra.jp」

 □DNS登録代行オプション
 お客様にてDNSの登録を自由に行えないため、弊社にドメインの取得と管理を
 委託される場合

 □Disk容量追加オプション
 1ドメインあたり、Blackでご利用ユーザー数×1GB以上、Whiteでご利用ユー
 ザー数×500MB以上のDisk容量をご希望になる場合

 □メールアーカイブオプション
 お客様ご指定期間のメールデーターをアーカイブし、メールでお送りします

 □カスタムバックアップオプション
 feedpath Zebraのデフォルトバックアップ開始時刻(日本時間深夜2時)以外
 の、お客様がご希望のバックアップ開始時間を指定するオプション


■拡充されたカスタマイズ機能
----------------------------------------------------------------------
          ◇◇◇ カスタマイズ機能 (*2) ◇◇◇
----------------------------------------------------------------------
□追加システム連携
 
 □外部POPアカウントからのメール取得可能
 Gmailや各プロバイダで提供しているメールアカウントなどをお持ちの場合、
 feedpath Zebraのリッチでインテリジェンスなインターフェイスでそのアカ
 ウントに届いたメールを受信可能

 □複数の送信アカウント(from)の切り替え可能
 Gmailや各プロバイダで提供しているメールアカウント宛のメールをfeedpath
Zebraで管理している場合、メール送信時にはそれぞれのプロバイダで利用し
 ているメールアドレスを送信元に設定可能

□追加機能及び、カスタマイズ機能
 
 □軽量な簡易クライアント(ベーシッククライアント)
 従来のAjaxを使わずにより軽量な機能限定版(メールとアドレス帳のみ)の
 簡易クライアント。低速のネットワーク回線でもストレスなく利用可能
 
 □ショートカットキー機能
 メール/カレンダー/アドレス帳のそれぞれの切り替えや、メールやコンタク
 トの新規作成といった画面の切り替えをキーボード操作のみで可能

 □ショートカットキー機能(ユーザーごとに定義可能)
 ユーザーが個々にフォルダ/タグ/検索フォルダを作成してメールを分類して
 いる場合、それぞれの分類されたメール一覧を表示する時に利用可能
 
 □Google検索実行機能
 feedpath Zebraの画面上でGoogleのWeb検索が実行可能。検索結果は別ウィン
 ドウで表示
 
 □メールの一覧表示形式デフォルト選択設定機能(ユーザーごと設定可能)
 メール一覧表画面において、返信されたメールの組をまとめて表示する
 「スレッド表示」と、まとめずに表示する「非スレッド表示」にデフォルト
 設定可能

 □HTMLメールデフォルト設定機能(ユーザーごとに設定可能)
 HTMLメール作成時に、フォント/文字サイズ/文字色のデフォオルトを設定可
 能

 □コンタクトグループ作成機能(ユーザーごとに設定可能)
 一度に複数ユーザー宛に頻繁にメールを送りたい場合、複数の宛先をまとめ
 た「コンタクトグループ」を作成し、ワンタッチで一斉配信が可能
___________________________________

【feedpath Zebraについて】(リンク)
「feedpath Zebra」は、Webメール、アドレス帳、スケジューラー、ドキュメント共有等の機能を標準装備する、システム連携可能な SaaS型Webメールです。SaaS型アプリケーション同士の連携で、高度な企業ニーズにより柔軟に対応可能なサービスを目指します。

【フィードパス株式会社について】(リンク
フィードパス株式会社は、インターネットを通じて「情報共有の価値」をご提供するテクノロジーベンチャーです。弊社は、企業向けアプリケーションソフトのSaaS ビジネスを中心に、アプリケーションソフトのライセンスビジネス、及びコンシューマー向けのネットサービスの企画・開発、販売を事業ドメインにしています。個人・法人を問わず全てのお客様にご利用いただける革新的なサービスをご提供し、SaaS のリーディングカンパニーを目指します。

■その他資料
・feedpath Zebraプロダクトサイト【リンク
 ※本日リニューアルいたしました。(デモムービー搭載)
・マスコミ各社様向け画像ページ【リンク

■フィードパス株式会社
広報担当 西川 TEL:03-5728-2721
取材・掲載記事についてのお問い合わせ fp-relations@feedpath.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

外部POP アカウントからのメール取得設定機能

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事