logo

次世代ネットワーク「セキュリティ関連や“見逃し視聴”サービスに人気」 意外なのは,使いたいサービスと払ってもいい料金の不一致

日経マーケット・アクセスの「NGN市場総覧2007-2008」より

『日経マーケット・アクセス』は,NGN(次世代ネットワーク)の上でどういうサービスを使いたいか,個人ユーザーと企業ユーザーに分けて調査した。その結果,個人ユーザーではセキュリティ関係のサービスの人気が高いことが判明した。また,ユーザーが払ってもいいと思うサービス料金は,サービスの利用意向とは一致しないことなども分かった。

NTTなど通信事業者がNGN(Next Generation Network=次世代ネットワーク)の構築を始めている。NGNは電話網などの通信事業者のネットワークをインターネットと同じIP技術を使って置き換えてしまおうとするもの。電話だけでなく専用線やインターネットの一部としても使われる。これから2010年代にかけて世界中の通信事業者がNGNへの移行を開始する。

NGNには特定のアプリケーションのデータを優先的に通したり,一定の帯域を1つのアプリケーション用に確保するなど,今のインターネットが持っていない機能も多々あり,それらを使って様々なサービスが提供される見込みである。( 続きはこちら → リンク )

 『日経マーケット・アクセス』は,NGN上で提供される可能性がある様々なサービスについて,どれを使いたいか,また使いたいサービスについては,月額いくら払ってもいいかなどを個人ユーザーおよび,企業システムを担当しているユーザーに調査した。別冊「NGN市場総覧2007-2008」( 詳しくは リンク )に結果を収録しているほか,日経マーケット・アクセス本誌にも分析記事を掲載していく。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。