logo

アドベントネット,ネットワーク管理ツールセットをエンハンス

AdventNet SNMP Utilities最新版の販売を開始

アドベントネット株式会社 (代表取締役:山下 義人、本社:横浜市) は、本日、WebベースのSNMPネットワーク管理ツールセットのエンハンス版、「AdventNet SNMP Utilities 5.0」 (以下、SNMP Utilities) の販売を開始します。

【製品概要】
SNMP Utilities は、Java で開発されたクロスプラットフォームのネットワーク管理ユーティリティです。SNMP v1、v2、およびv3をサポートし、Web ベースのインターフェースを持つ使いやすい管理ユーティリティです。SNMP をサポートする機器、エレメント、アプリケーション、システムなどの管理に利用することができます。
  SNMP Utilitiesは、システム開発者よりもIT運用管理担当者をターゲットとした機能を豊富に装備しています。SNMP Utilitiesにパッケージされているアプリケーションとアプレットは、システム管理者やネットワーク保守担当者に役立つツールで、運用管理業務の作業効率の改善に寄与します。
 今回のリリースでは、新機能として、Privacy ProtocolのCFB-AES-128のサポートや、Trap Viewerでのトラップメッセージの国際化のサポートなどのエンハンスが実施されています。


【機能概要】
 SNMP Utilitiesは、IT運用管理者向けのネットワーク管理ユーティリティで、主な機能は次のとおりです。

SNMP v3 の User Based Security Model (USM-RFC 2574) と View Based Access Control Model (VACM-RFC2575) をサポート
SMI v1 (RFC1155) と SMI v2 (RFC1907) 形式のMIB 定義をサポート
アプレットと管理対象機器は直接通信を回避し、SNMP Applet Server (SAS) 経由の通信をサポート
SNMP テーブルの表示、ソート、グラフ表示当を行うためのビューを提供
 また、SNMP Utilitiesの主なコンポーネントは、次のとおりです。

MibBrowser: SNMPのMIBを操作するブラウザ
Trap Viewer: SNMPエージェントから受信したTRAPを表示するビューワ
Proxy Forwarder: SNMPv3のリクエストをSNMPv1/SNMPv2に翻訳してSNMPv1/SNMPv2に転送し、エージェントからの応答をSNMPv3マネージャに返送するコンポーネント
i18NEditor: 国際化対応エディタ
SNMP Decoder: SNMPデバッグ情報をデコードするコンポーネント
Web Server/SAS Server: SNMP管理アプレットをサポートするコンポーネント

製品情報 :
リンク

評価版ダウンロード: リンク


【主な新機能および改善項目】

 MIB Browserの機能拡張

TCP/UDPネットワークプロトコル通信をサポート(マルチプロトコルエージェントに対するSNMP操作可能)
Privacy Protocol のCBC-DES に加えて、CFB-AES-128をサポート
プロトコルレベルでIPv6をサポート
 Trap Viewerの機能拡張

SNMPv3 INFORM リクエスト/レスポンスをサポート
クリティカルなトラップ受信時に、メールを送信する機能をサポート
 ProxyForwarderConfig / ProxyForwarderの機能拡張

Privacy ProtocolのCFB-AES-128とCBC-DESをサポート
 その他の機能拡張

Trap ViewerにロードしたTrap Parserをアンロードするオプションを追加
SNMPv3パケットの最大メッセージサイズを65535に拡大
MIB BrowserのMIB Tree / Nodeを右クリックするとSNMP操作ができるように変更
MIB Browserにマルチバーバインドリクエストを行うためのタブを追加
Trap Viewerにおいてトラップメッセージの国際化をサポート
Windows版のビルドサイズの大幅削減
SNMPv3のINFORMで使用するManager.configファイルに、MIB BrowserのEngineBootの継続値を追加

用語解説

【ライセンスと価格】
AdventNet SNMP Utilities 5.0 の主な価格(消費税別)は、次のとおりです。

製品名
AdventNet SNMP Utilities ランタイムライセンス 初年度保守サポート付

ライセンス料金
82,000円

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。