お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

テック・インデックス、データセンター事業でシスコのネットワークバーチャリゼーションを活用した新サービスを提供開始

シスコの仮想化スイッチを導入し低価格・高機能・短納期ソリューション

株式会社インデックス・ホールディングス (代表取締役社長: 椿 進 本社: 東京都世田谷区 以下 インデックスHD)の子会社、株式会社テック・インデックス(代表取締役社長: 川浪 順介 本社: 東京都品川区 以下TIX)は、シスコシステムズ合同会社(代表:黒澤 保樹、住所:東京都港区赤坂、以下 シスコ)が開発・販売する仮想化スイッチCisco Catalyst 6500シリーズを利用したデータセンター用の新しいタイプの回線共有新サービス『マネージド回線共有サービスVシリーズ』を2007年8月31日より販売開始します。

TIXのIDC事業を支えるネットワークインフラには、これまでルータ、スイッチとファイヤーウォール(FW)、負荷分散装置(LB)のアプライアンスをそれぞれお客様ごとに導入してきましたが、Cisco Catalyst 6500シリーズの仮想化ソリューションを導入することにより、Cisco Catalyst 6500シリーズに搭載される物理的なモジュールにてLBやFWといったサービスのリソースを、仮想的にそれぞれの個々のサーバ、アプリケーションシステムに割り当てることが可能となり、それぞれが連携してオンラインで変更することが可能となります。

TIXは、インターネット回線共有サービスとネットワーク機能をワンストップで提供する「マネージド回線共有サービス」として、FW,LBを別々のアプライアンスで構成する『マネージド回線共有サービスMシリーズ』を既に販売しています。LB、FW機能は複数のお客さまで共有するため、その設定作業をTIXに依頼するサービス仕様でした。
新サービスの『マネージド回線共有サービスVシリーズ』では、Cisco Catalyst 6500シリーズの仮想化ソリューションを活用することで、お客さまは契約毎に付与されるID/PWを使用し直接ネットワーク機能(FW、LB)の設定作業を行うことが可能となり、共有型のサービスながら占有サービスと同等の利便性を享受できます。さらに高機能なCisco Catalyst 6500シリーズのFW、LB機能を低価格で利用でき、かつFW,LBの運用が単一オペレーションで可能になるため運用コストの低減も可能になります。

TIXでは、今回導入したシスコの仮想化スイッチによるネットワーク・バーチャリゼーション・ソリューションを活用し、今後の新サービスの開発、IDC事業全体のプラットホームとして利用してまいります。


インデックスグループはこれからも、さまざまな領域での革新的なモバイルソリューションを、積極的に推進していきます。今後の展開にどうぞご期待ください。

<特徴>
・インターネット回線共有サービスとネットワーク機能をワンストップで提供
・ネットワークバーチャリゼーションによりFW、LBは占有サービスの利便性を実現
・FW、LB機能を単一オペレーションで提供することで運用コストの低減が可能
・高機能ネットワークを大型の初期投資なく利用可能
・低価格・短納期を実現

<サービス一覧・販売開始日>
・販売開始、サービス開始
 2007年8月31日より
・サービス一覧
 1)基本サービス
   V10 :初期10万円、月額5万円
   V100:初期10万円、月額10万円
 2)オプションサービス
   V-FW(仮想ファイアウォール機能):初期5万円、月額5万円
   V-LB(仮想ロドバランサ機能):初期5万円、月額5万円

このプレスリリースの付帯情報

サービス概念図

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。