logo

シンクライアント端末とグループウェアをDoフィナンシャルサービスへ納入

セキュリティの強化と業務の効率化を実現

ソフトウェアの開発・販売を手掛けるサイボウズ株式会社 (本社:東京都文京区 代表取締役社長:青野 慶久 (戸籍名: 西端 慶久) 以下 サイボウズ) と、その連結子会社で、サーバー・ベース・コンピューティング(SBC)により企業に安全で効率的な情報管理を提供するサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役社長:土屋 継、以下 サイボウズ・メディアアンドテクノロジー)は、総合ファイナンス会社、株式会社Doフィナンシャルサービス(本社:東京都港区 代表取締役社長:鈴木 幸裕、以下 Doフィナンシャルサービス) へ、シンクライアント「Nexterm」とグループウェア「サイボウズ Office」の納入を開始いたしました。

報道関係者各位

平成19年8月30日
サイボウズ株式会社
リンク
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
シンクライアント端末とグループウェアをDoフィナンシャルサービスへ納入

~セキュリティの強化と業務の効率化を実現~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 概要 ■■

ソフトウェアの開発・販売を手掛けるサイボウズ株式会社 (本社:東京都文京区 代表取締役社長:青野 慶久 (戸籍名: 西端 慶久) 以下 サイボウズ) と、その連結子会社で、サーバー・ベース・コンピューティング(SBC)により企業に安全で効率的な情報管理を提供するサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役社長:土屋 継、以下 サイボウズ・メディアアンドテクノロジー)は、総合ファイナンス会社、株式会社Doフィナンシャルサービス(本社:東京都港区 代表取締役社長:鈴木 幸裕、以下 Doフィナンシャルサービス) へ、シンクライアント「Nexterm」とグループウェア「サイボウズ Office」の納入を開始いたしました。

今回、Doフィナンシャルサービスへ納入したのは、Nextermの省スペース型デスクトップシンクライアント端末「RT-500」とサイボウズの中小企業向けWebグループウェア「サイボウズ Office 6」になります。「RT-500」は業界トップクラスの低消費電力で稼動し、「サイボウズ Office」は2万4千社を超える企業様に導入いただいている実績があります。

詳細ページ: リンク


■■ 詳細 ■■

このたびDoフィナンシャルサービスの要望である、(1)セキュリティの強化 (2)管理の一元化 (3)運用・管理コスト削減 (4)省エネ・省スペース (5)業務の効率化、という条件を満たすべく、「RT-500」と「サイボウズ Office 6」の納入に至りました。

Doフィナンシャルサービスの「RT-500」と「サイボウズ Office 6」の導入経緯については、以下の通りです。

■導入経緯
Doフィナンシャルサービスは平成19年2月22日にプロミス株式会社の全額出資のより設立され、平成19年7月6日より営業を開始しました。同社設立は、プロミス株式会社が消費者の資金決済ニーズに直接アプローチする事業戦略を打ち出したことを受け、その一翼を担うことを目的としています。営業開始にあたり、まずは自動車の購入ユーザーに向けた「オートクレジット」と、自動車の売却ユーザーに向けた「オート残債ローン」の2商品を発売しています。今後はグループ内に設立した各事業会社の顧客を中心に、さまざまなニーズに対応する金融サービスを開発し、順次提供する予定です。今回、Doフィナンシャルサービスの設立に合わせて、Nextermのシンクライアント端末「RT-500」約60台とサイボウズのグループウェア「サイボウズ Office 6」100ユーザー版が納入され、稼動いたしました。

■導入理由
Doフィナンシャルサービスで導入されたシンクライアントシステムとグループウェアの特長は次の通りです。

(1)セキュリティの強化
シンクライアントは記憶装置を有していないために、端末へのデータ保存が不可能となっています。万が一端末の盗難・紛失があっても情報漏えいを防止することができます。また、シンクライアント端末には情報が保存されないので、スパイウェアやウィルスに感染する心配がありません。

(2)管理の一元化
NextermのシンクライアントはOSやアプリケーションをサーバーで一括管理するSBC(サーバー・ベース・コンピューティング)方式を採用。端末ごとに行っていたソフトウェアの更新やバージョンアップ作業、パッチ適用作業を一括で行えます。また、アプリケーションのインストールは管理者にすべての権限があるため、ユーザーが個々で指定外のソフトをインストールすることはできません。

(3)運用・管理コスト削減
シンクライアントでは社内パソコンの一元管理が可能なので、端末1台にかかる運用管理コストを大幅に削減できます。また、シンクライアントはハードディスクがないため故障しにくく、トラブル対応にかかる費用や時間の大幅な削減に繋がります。中でも、Nextermのシンクライアント端末は純国産で品質が高いため、圧倒的な不具合実績の少なさを誇っています(※1)。

※1
「RT-500」の故障率は約1%。他社シンクライアント製品と比べて、約5分の1というデータが出ています。

(4)省エネ・省スペース
会社の設立にあたって、余分に電力を消費しないように目標を掲げていました。その点、「RT-500」は低消費電力稼動で(※2)、また、電力増量による電気工事が不要です。また、シンクライアントでは重要な機能はすべてサーバーで行うため、通常のパソコンのように新OSの登場による買い換えの必要性が少なく、パソコンに比べ約2~3倍の期間、対応が可能となります。また、Nextermのシンクライアントは他社製品と比較して、スマートな背面装置ディスプレイが特徴です。机の上を省スペース化するだけでなく、オフィス全体の環境を整えます。
金融業では顧客の重要な情報を大量に扱っているため、個人情報の取り扱いに細心の注意を払う必要があります。その点、Nextermのシンクライアントはより高度なセキュリティ環境を提供するだけでなく、管理しやすい社内環境の整備と、大幅な運用・管理コスト削減を可能とします。

※2
「RT-500」の消費出力はわずか6W。通常パソコンに比べると、約10分の1、また他社シンクライアント製品と比べても、約5分の1という省電力製品。

(5)業務の効率化
Doフィナンシャルサービスは、サイボウズが提供するWebグループウェア「サイボウズ Office 6」を導入いたしました。「サイボウズ Office 6」には「スケジューラー」や「掲示板」機能が搭載されており、これらの機能を使うことで、スケジュール調整などの中間業務の省力化が可能になることはもちろん、各個人に閉じられがちだった知識やノウハウなども蓄積・シェアすることができます。その結果、企業の業務効率と知識レベルが向上し、会社全体の成長にもつながります。当製品は直感的なインターフェイスをベースに開発されていますので、パソコン操作に不慣れなスタッフでも簡単に使いこなすことができ、業務の効率化が進みます。


■■ 特徴 ■■

■Nexterm
・7年間に渡る豊富な導入実績
・ハードウェア自体はもとより、組み込みOS・アプリケーションが強み
 ⇒多様な提案パターンがあり、お客様の環境に合わせたカスタマイズが可能
 【Ex.業務端末、コールセンター専用端末、特殊機械内蔵端末など】
・上記の経験を元に多様な組込カスタマイズのライブラリーを有している
 ⇒短期間で安価な開発が可能
・純国産製品で、故障率が非常に低い
・海外製ではなく、純国産のシンクライアントで高品質
・圧倒的な低消費電力を実現

■サイボウズ Office 6
・2万4千社を超える企業の豊富な導入実績。市場トップレベルのシェアを誇る。
・約10分で簡単にインストールでき、すぐに使うことができる。
・スケジュール調整などの中間業務の省力化が可能。
・社内の情報が蓄積されるので、個人の知識やノウハウなどをシェアすることができる。
・監視機能やアクセス権設定機能などが搭載され、セキュリティ面も安心。
・専門知識がなくても画面に従って操作するだけで、誰でも簡単にシステム運用が可能。

サイボウズとサイボウズ・メディアアンドテクノロジーでは、このたびの導入実績をふまえ、シンクライアントとグループウェア事業において、今後より一層のサービス拡充・体制強化を図り、顧客企業の価値向上に貢献してまいります。


■■ サイボウズ株式会社 ■■

・設  立:1997年8月
・資 本 金:553,000,000円
・代 表 者:代表取締役社長 青野 慶久(本名:西端 慶久)
・U R L :リンク
・連 絡 先:〒112-0004 東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル12F
      TEL:03-5805-9037 / FAX:03-5805-9036
      contactus@cybozu.co.jp


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設  立:1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L :リンク
・連 絡 先:〒107-0052 東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@cybozu-mt.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

■サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 担当:安田
〒107-0052 東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
MAIL:info@cybozu-mt.jp / TEL: 03-3560-1369 / FAX: 03-3560-1330

■サイボウズ株式会社 担当:村松
 〒112-0004 東京都文京区後楽 1-4-14 後楽森ビル12F
 MAIL:pr@cybozu.co.jp / TEL:03-5805-9037 / FAX:03-5805-9036

※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。