logo

IT危機管理セミナー開催 社内インフラに潜む経営危機 ~IT活用の落とし穴~

セミナー詳細はこちらから http://www.spectator.jp/news_070829.html

報道関係者各位
プレスリリース                      2007年8月29日
                          株式会社デジターボ
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
           IT危機管理セミナー開催
     社内インフラに潜む経営危機 ~IT活用の落とし穴~
       リンク
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

昨今では、ITインフラの急激な発展で、業務効率の向上と引換えに、
経営危機に陥るほどのITリスクも存在します。
ここ10年間で、企業はITによって大きく発展してきたといっても過言では
ありません。

企業は、業務効率と利便性の向上に投資してきた反面、情報セキュリティは
先行投資と称して後回しにした結果、ITインフラの欠陥という落とし穴に
落ち、情報漏えい事故の発生、やがては経営危機に発展するケースが目立つ
様になりました。
本セミナーでは、ITインフラに潜む危険性として、経営危機への発展性に
ついて、実態例を基に詳しく解説します。

また今回は、マイクロソフト社顧問の田中芳夫氏による特別講演を行います。
本セミナーを通じて、「情報セキュリティ」に限らず、ITインフラの欠陥が
経営危機まで発展するケースをご理解いただき、ITリスクの現状把握と未然
対策として、SPECTATORがお役に立てればと思います。

----------------------------------------------------------------------
◆開催概要
タイトル:社内インフラに潜む経営危機~IT活用の落とし穴~
日付:2007年9月13日(木) 14:00~16:00(受付開始:13:30より)
会場:大手町サンケイプラザ 201会議室
定員数:48名
参加費:無料
対象者:経営者層(CEO/CIO)、システム担当者、SI/NIer、ITコンサルタント、
     内部統制担当者
基調講演:青山学院大学大学院客員教授・マイクロソフト顧問 田中芳夫氏
(元マイクロソフト最高技術責任者兼セキュリティ責任者)

----------------------------------------------------------------------
◆セミナープログラム
14:00-14:15
開催挨拶
(株式会社デジターボ 代表取締役 小坂崇氣)

14:15-15:00
事例から学ぶ、経営のIT危機管理
(青山学院大学大学院客員教授・マイクロソフト顧問 田中芳夫氏)
個人情報保護法、J-SOX法等、法令ベースの策定だけでは減らない情報流出事
故。なぜ、企業の情報流出は依然として減らないのか?
情報セキュリティ策定の思わぬ落とし穴について、事例を基に解説します。

15:00-16:00
ITリスク管理ツール「SPECTATOR Professional」のご紹介
(株式会社デジターボ ソリューション事業部 岩間誠)
企業のIT危機管理の基本は、素早い現状把握から。
これまでのエージェント型では不可能だった導入前のITリスクの現状把握。
管理者にとって、現実的で手離れの良い、エージェントレス型ITリスク管理
ツール「SPECTATOR Professional」のアドバンテージをご紹介します。

----------------------------------------------------------------------

■セミナー会場へのアクセス
大手町サンケイプラザ:リンク

■会社概要
商 号 :株式会社デジターボ
所在地 :〒101-0021
     東京都千代田区外神田3-1-16 ダイドーリミテッドビル5F
設 立 :1997年11月
代表者 :代表取締役社長 小坂 崇氣
企業URL: リンク

───────────────────────────────────
■本製品に関する報道関係者様からのお問い合わせ先
株式会社デジターボ
ソリューション事業部 広報担当
T E L : 03-5297-8585  FAX: 03-5297-8081
URL リンク
───────────────────────────────────

このプレスリリースの付帯情報

IT危機管理セミナー

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。