お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ウイングアーク、マイクロソフト社のERP製品「Microsoft(R) Dynamics(TM) AX」の国内導入に向けて、標準化・効率化を目指す帳票開発・帳票運用に「SVF」を提供

財務会計、販売管理用72種類の帳票テンプレートを両社で共同開発、無償提供

 Form&Dataのウイングアーク テクノロジーズ株式会社(以下 ウイングアーク テクノロジーズ、本社:東京都港区、代表取締役社長:内野弘幸)は、マイクロソフト株式会社(以下 マイクロソフト、本社:東京都渋谷区)が提供する、会計管理、生産管理、人事管理など各種基幹業務を統合したERP製品「Microsoft(R) Dynamics(TM) AX 4.0」日本語版(以下、Dynamics AX)に対して、帳票運用ソリューション「Super Visual Formade」(以下、SVF ※1)による帳票運用環境を、2007年10月より提供することをお知らせいたします。
 具体的には、マイクロソフトのERP「Dynamics AX」を取り扱う販売パートナー様に向けて、マイクロソフトの協力のもとウイングアーク テクノロジーズが開発した、財務会計、販売管理用の帳票テンプレート72種類の無償提供とSVF設計部の無償提供を行います。また、エンドユーザ様向けには、帳票開発支援サイト「帳票匠屋」(※2)にて帳票の開発支援サービスを提供いたします。この他、ウイングアーク テクノロジーズは「Dynamics AX」向けのデータインターフェイスの開発を行い、帳票開発の効率化を支援いたします。

 ERP導入における帳票開発は、業務の運用にあわせた帳票設計から実際に運用に至るまでに様々な開発工数が発生します。企業固有の帳票はとても重要で、国内ERP導入では結果的にカスタマイズや追加開発などで大きな工数や費用が発生するケースが少なくありません。とくに、業務に必要とされる帳票様式はさまざまで、これらの帳票開発を最小工数で設計し、運用の一元化をはかるためのソリューションが求められています。また、昨今では、帳票の開発・運用に加えて、帳票システム環境のメンテナンス性や拡張性がユーザ企業の課題としてあがっています。

 このたびマイクロソフトのERP製品「Dynamics AX」に、日本固有の文化が強く影響する帳票分野で高い支持をもつウイングアーク テクノロジーズの「SVF」の帳票運用環境を提供することで、一連の帳票開発・運用・メンテナンスサービスの環境を提供し、開発環境の効率化とエンドユーザ様の帳票運用の利便性向上をはかります。また、システム開発や運用面で大きな負荷をユーザ企業にかけることなく、また運用後の帳票変更やシステムの拡張などに柔軟に対応できるソリューションを提供いたします。

 「Dynamics AX」に提供する、帳票運用サービスは以下の通りです。
(1)マイクロソフトよりDynamics AX販売パートナー様向けて、マイクロソフトとウイングアーク テクノロジーズが共同開発した帳票テンプレート計72種類を無償提供
・財務会計向け帳票テンプレート 31種類
・販売管理向け帳票テンプレート 41種類
(2)「帳票匠屋」にて、帳票の新規開発・カスタマイズの請負サービスの提供
・Dynamics AX販売パートナー様、エンドユーザ様からの新規帳票カスタマイズ依頼や帳票修正依頼に対して、帳票開発を支援する総合サイト「帳票匠屋」が窓口となり帳票カスタマイズ支援を行います。
(3)ウイングアーク テクノロジーズより、Dynamics AX販売パートナー様向けに「SVF設計部」を無償提供
・Dynamics AXでの開発に限り、「SVF設計部 Dynamics AX版」を3本まで無償で提供します。但し、年間保守サービス料金にはサポート問合せ対応や無償バージョンアップ対応が含まれます。
(4)ウイングアーク テクノロジーズより、Dynamics AX販売パートナー様向けに「SVF実行部」を特別価格で提供
(5)ウイングアーク テクノロジーズが、帳票開発の効率化をはかるためのDynamics AX向けのデータインターフェイスを開発
・SVF for .Net FrameworkをベースにMicrosoft Dynamics AXから抜き出されたデータをもとにPDFを生成、もしくはプリントアウトするための、Microsoft Dynamics AXとSVFの接続インターフェースの開発を行います。

<本プレスリリースにあたり、マイクロソフト様より下記のご賛同コメントを頂いています。>
 Microsoft Dynamics AX に対応した「Super Visual Formade(SVF)」データインターフェースの提供および帳票テンプレートの提供により、Dynamics AXの帳票開発環境を補完することができ、心より歓迎いたします。今回のSVFは、.NETをベースに開発されていることから、Dynamics AXのみならず、マイクロソフトの既存製品との親和性も非常に高いソリューションです。今回72種類の帳票テンプレートをDynamics AXパートナーの皆様に無償で提供することで、日本市場におけるDynamics AXのビジネスの拡大に大きく貢献いただくものと期待しております。
マイクロソフト株式会社 MBS事業統括本部
統括本部長 御代 茂樹

【補足】
注1:「Super Visual Formade(SVF)」について リンク
 業務システムの再構築で課題となる帳票分野のシステム開発ツール。とくに、固有の帳票デザインで運用される請求書や伝票、発注書、見積書や給与明細、出荷指図書や検品ラベルなど、業務に必要なあらゆる帳票を少ない工数で設計開発することができます。電子化した帳票は、大量出力・Webからのクライアント印刷・PDF・メール・ FAXなど、業務の用途にあった運用を早期に実現できます。

注2:「帳票匠屋」について  リンク
 ウイングアーク テクノロジーズが経営する帳票開発支援総合サービスサイトです。お客様が構築した帳票システムに対して、変更や追加が発生した際にご利用いただける帳票開発の支援サービスの提供から、製品導入・運用に関する教育まで、幅広いサービスメニューを提供します。

<「Microsoft Dynamics AX」についての問い合わせ先>
マイクロソフト カスタマーインフォメーションセンター
電話:0120-41-6755

[ウイングアーク テクノロジーズについて] リンク
「Form&Data」のウイングアーク テクノロジーズは、大手SI企業や企業の情報システム部門が取り組むシステム開発と現場業務の効率化をはかるため、「帳票、レポート、ドキュメント」の分野に特化したツール・ミドルウエア製品、サポート、導入支援、トレーニング等のサービスを提供します。とくに、情報システムに共通する「データ」のINとOUTに対して、業務に見やすい「フォーム」を使ったユーザインターフェイスによって、ソフトウエアの組み合わせによる短期システム構築と、わかりやすい業務の運用を実現しています。
・「StraForm-X」【帳票入力】業務にあるドキュメントのデータ化とWebシステム化
・「Dr.Sum EA」【データ活用】業務に蓄積されるデータの高速な集計分析と可視化
・「SVF」【帳票出力】基幹系帳票システムの統合・共通化、帳票運用の効率的な一元化

[会社概要]
社名:ウイングアーク テクノロジーズ株式会社
代表取締役社長:内野 弘幸
設立:2004年3月
資本金:1億円
売上高:70億円(2007年2月期)
従業員数:146名(2007年2月現在)
事業内容:帳票・レポート・ドキュメントの分野におけるソフトウエア製品の開発、販売、導入支援、保守サービスの提供。

<製品に関するお問合せ先>
ウイングアーク テクノロジーズ株式会社  
〒108-0075 東京都港区港南1-8-15 Wビル14F
TEL:03-6710-1700  FAX:03-6710-1701  
E-mail:tsales@wingarc.co.jp

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。