logo

アドベントネット、統合アプリケーション管理ツール

「AdventNet ManageEngine Applications Manager」 をエンハンス

アドベントネット株式会社(代表取締役:山下 義人、本社:横浜市)は、統合アプリケーション管理ツール
「AdventNet ManageEngine Applications Manager」をエンハンスし、「リリース7.4」として販売を開始しました。

AdventNet ManageEngine Applications Manager (以下、Applications Manager ) は、企業のアプリケーションやデータを効率的に監視するためのソリューションを提供します。本製品は、今日のビジネスのライフラインとなっているWeb アプリケーション、Web サーバ、アプリケーションサーバ、データベース、サービスなど、さまざまなビジネスアプリケーションをリモートから統合管理するツールです。企業のシステムやネットワークの管理者がアプリケーションシステムの状態を的確に把握し、予防保守や障害対応を効率的かつタイムリーに実施できるよう支援します。Applications Manager 7.4では、Ping監視機能、メール通知用のメールサーバ追加設定機能、監視グループ内でのサブ監視グループの生成機能などのエンハンスが行われ、サーバやアプリケーションの管理者にとって大変便利なツールになっています。


製品情報 :
リンク
評価版ダウンロード :
リンク


Applications Managerは、ネットワークに接続されたアプリケーションシステムに対するリモート監視機能、ディスカバリ機能、可用性/状態/性能/障害管理機能、レポート機能などを装備しています。障害管理機能では、アプリケーションシステムで発生した障害を通知するアラートを生成し、管理者にいち早く通知します。アラートには、電子メールやショートメッセージによる通知、SNMPトラップの送信、コマンド実行などのアクションを設定することができます。 
Applications Managerは、柔軟なアーキテクチャにより構成されており、JMXやSNMPプロトコルにより管理情報を公開している、ユーザが開発したアプリケーションシステムの管理も可能です。
このような豊富な機能により、管理者のスキルに依存せず、一様かつ高度なレベルのビジネスアプリケーションの管理やTCO削減を実現することができます。


Applications Managerの主な監視対象は、以下のURLをご参照ください。
リンク


Applications Managerの導入事例が、以下のURLでご覧いただけます。
リンク


【主な新機能および改善項目】
Applications Manager 7.4 の主な新機能は、次のとおりです。


Ping監視追加
メール通知用のメールサーバを2台設定可能
監視グループ内に、さらにサブ監視グループを生成可能
(システムのタイプや障害の影響範囲などさまざまな必要性により監視対象をまとめ、
監視業務を効率化)
監視グループビューを追加
Enterprise Edition のAdmin Server においても監視グループを生成可能


【動作環境】
ハードウェア:CPU Pentium 4 プロセッサ 以上
クロック数 1.4GHz 以上
メモリ 512MB RAM 以上
ハードディスク モジュール250MB 以上、データ領域 1GB 以上
OS: Windows ( 2000 Server / Server 2003 / 2000 Professional / XP )
Linux( Redhat Linux 8.0 / 9.0 / AS 2.1、 3、 4 / ES 2.1、3、4、またはDebian)
Webブラウザ:Internet Explorer 5.5 以上、Firefox 1.x 以上

このプレスリリースの付帯情報

appmgr_img

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事