お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ドリーム・アーツ、国内エンタープライズポータル市場において、市場シェア第2位を獲得

-国内ベンダーとしては、昨年に引き続き市場シェア第1位を獲得-

株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山本孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、IT専門調査会社IDC Japan株式会社より、2007年7月31日に発表された「国内コラボレーティブアプリケーション市場」※に関する調査レポートにおいて、国内エンタープライズポータル市場でシェア第2位を獲得したことを発表いたします。

IDC Japanの調査によれば、国内エンタープライズポータル市場は、民間企業から官公庁へ、また大企業から中堅中小企業へと導入の裾野が拡大しており、前年比23.6%の高成長を遂げています。今後も2006年~2011年の年間平均成長率19.8%と、最も成長が期待される市場です。

このような状況の中、ドリーム・アーツは、2006年の国内エンタープライズポータル市場 約89.1億円のうち、12.9%のシェアを占め、昨年の調査結果より順位を一つ上げ、市場シェア第2位を獲得しました。第2位を獲得した背景には、当社が2005年、2006年と2年連続で40%以上の成長率を遂げていることが挙げられます。同調査では、「ドリーム・アーツ社は、最新の技術をいち早く導入するなど、柔軟な対応が功を奏し、2005年に引き続き大きく売上を伸ばした」と報告されています。

また、国内ベンダーとしては、昨年のレポートに引き続き市場シェア第1位を維持しながら、さらにシェアを伸ばしています。

株式会社ドリーム・アーツ 代表取締役社長の山本孝昭は、今回の調査レポートの結果を受け、次のように述べています。「私たちドリーム・アーツは、1996年の設立以来、多くのお客様やパートナーの皆様に支えられて参りましたが、その輪は今、確実に大きく育ってきています。2005年には日本郵政公社における73,000ユーザの現場を支える世界最大規模の業務ポータル基盤として、弊社のINSUITE Enterprise(インスイート・エンタープライズ)が全面採用されたことをはじめ、これまでに、国内有数の大企業・組織で私たちのITソリューションが選ばれました。ドリーム・アーツは、これからも高い技術力と独創的な発想により一層磨きをかけ、“現場力”の強化に貢献する価値提供を拡大させて参ります。」

※IDC Japan, July 2007 「国内コラボレーティブアプリケーション市場 2006年の分析と2006年~2010年の予測」(J7310109)

このプレスリリースの付帯情報

2006年 国内エンタープライズポータル市場ベンダー別シェア

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。