logo

2007年8月10日、秋葉原に「Antecショールーム」をオープン! 気軽に来て、見て、さわってAntec製品を確認できます ~DIY PCパーツメーカーとしては、初めての秋葉原地区ショールームオープンです~

株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区、
代表取締役:川島義之)は、2007年8月10日に日本のパソコンの
メッカである秋葉原に「Antecショールーム」をオープンいたします。
米国系のDIY PCパーツメーカーとして、秋葉原にショールームを
オープンするのはAntec社が初めてです。ショールームへ気軽に
来て、見て、さわってAntec製品をご確認いただけます。

ショールームではPCアップグレードおよび自作(DIY)向けコンピュ
ータハードウェア・アクセサリのトップメーカー、Antec社(米国カリ
フォルニア州フリーモント)の未発表製品を含む、すべての現行
製品の展示に加えて、Antec社PCケースを採用した大手PCパーツ
専門店各社のBTOホワイトボックスモデルを展示する予定です。

普段では確認が難しい、オンライン販売が中心の高性能なBTO
パソコンの性能や静音性もご確認いただけます。満足のいくBTO
パソコンをお選びいただく参考となれば幸いです。また改造PCの
先駆者、高橋敏也氏制作の徹底的なP182改造水冷マシン
(非売品)も展示いたします。自作ユーザーの方は必見です。

ショールームは、東京メトロ銀座線末広町駅から徒歩0分とアクセ
スが良いのが特徴です。ショールームのオープンに対しAntec社
上級副社長スコット・リチャーズ(Scott Richards)氏は次のよう
に述べています。

「秋葉原にAntecショールームを開設できるのを大変喜んでいます。
当社はお客様第一の製品造りをモットーに革新的でユニークな
製品を市場に投入してきました。ショールームでは実際にAntec
製品にさわっていただき、お客様のさまざまな声を今後の製品
開発に活かせるような場にしたいと考えています。是非、秋葉原の
Antecショールームに足を運んでAntec製品をご覧になっていただ
きたいと考えています。」

ショールームでは将来的に、保守部品の販売などユーザーサポート
機能も拡充する計画です。ショールームの運営・管理は、Antec社
の日本総代理店であるリンクスインターナショナルが行います。

なお、オープン初日には来場者のうち先着100名様に、粗品をプレ
ゼントいたします。「Antecショールーム」の概要は以下の通りです。

住所:〒101-0021東京都千代田区外神田6-14-9秋葉原MFビル1F、
電話:03-3835-8799、営業時間:11時~18時(水曜日定休)、
フロア面積:73.20㎡。



▼より詳しい情報はこちらをご確認ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。