お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「2007オンラインゲーム白書」を販売開始

メディア化するオンラインゲーム、進化する仮想世界のビジネスモデルをデザインする!

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、テレビゲームを中心とするデジタルエンタテインメント産業にフォーカスした、情報提供を手がける株式会社メディアクリエイト(代表取締役 細川 敦 東京都千代田区)が発行した調査資料「2007オンラインゲーム白書」の販売を開始しました。

報道関係者各位

平成19年7月27日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
リンク

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー、
「2007オンラインゲーム白書」を販売開始

~メディア化するオンラインゲーム、
 進化する仮想世界のビジネスモデルをデザインする!~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■ 要約 ■■

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、テレビゲームを中心とするデジタルエンタテインメント産業にフォーカスした、情報提供を手がける株式会社メディアクリエイト(代表取締役 細川 敦 東京都千代田区)が発行した調査資料「2007オンラインゲーム白書」の販売を開始しました。

詳細ページ: リンク


■■ 資料概要 ■■

<オンラインゲームの国内市場規模>

3-1 市場規模(本書より抜粋)
 
【2006年のオンラインゲーム市場規模は567億円】

PCオンラインゲーム市場における、2006年の市場規模は567億円と推計されます。本書で市場規模を算出するのは今回が初めてであるため、対前年比でどれだけ成長したのかまでは分かりませんが、月額定額課金制は堅調であること、ゲーム内アイテム課金、アバターアイテム課金が急激に伸びてきていること、またここ数年、オンラインゲームの利用者数が急速に拡大してきていることを考えると、今後とも大きな市場の伸びが期待できるでしょう。

ちなみに、家庭用ゲーム機の市場規模と比較すると、家庭用ゲーム機(新品のみ)における2006年の市場規模は6,034億円(ソフト3,379億円、ハード2,655億円)ですから、全体の約十分の一、ソフト市場のみでは約五分の一の市場規模となります。

【オンラインゲームの市場規模は2011年には1,011億円に】

今回の白書では市場規模の算出と合わせて、今後の予測も試ました。先にも述べたように、月額定額課金制は堅調、ゲーム内アイテム課金、アバターアイテム課金は急伸、オンラインゲーム利用者数は拡大傾向にあります。この傾向は今後とも継続すると思われ、市場の拡大とともに、インターネットカフェ、キャラクター商品売上からのロイヤリティ、ゲーム内広告も増加していくと見られます。また、パッケージ販売についても、ある種のダイレクトディストリビューション(直接販売)形式が確立しているオンラインゲームでは減少していくと思われがちですが、購入目的が従来の「月額定額のタイトルをプレイする」から「パッケージソフト購入によるインセンティブ」へと変化してきているため、むしろ微増していくのではないかと推測します。

これらを勘案すると、今後とも大きな市場の伸びが期待できるのは間違いないでしょう。PCオンラインゲームの市場規模は毎年100億円規模で拡大していき、2011年には1,000億円を突破、1,011億円に達すると予測します。


■■ 資料目次 ■■

第1章 市場動向
 1-1:国内オンラインゲーム市場の現状と展望
    伊藤雅俊[株式会社IRIコマース&テクノロジー SlashGames編集長]
 1-2:韓国オンラインゲーム市場動向分析
    魏 晶玄[中央大学(韓国)経営学科 教授 /
    (社)コンテンツ経営研究所 所長]
 1-3:中国のオンラインゲーム市場動向
    川口洋司[株式会社コラボ 代表取締役]
 1-4:オンラインゲーム開発拠点としてのシンガポール
    岩本玲央[立命館大学 政策科学研究科 博士課程前期過程]

第2章 業界動向
 2-1:トピック
    ●現実でなく、ゲームでもない、新たな媒体『Second Life』
     浅枝大志[株式会社メルティングドッツ 代表取締役]
    ●ユーザークリエイトコンテンツはどう形成されたか
     新 清士[ゲームジャーナリスト / 立命館大学映像学部講師]
    ●オンラインゲームにおけるゲーム内広告
     川村佳央[株式会社アドプレイン 代表取締役社長 /
     インタラクティブ・プロデューサー]
    ●RMTの現状と今後
     上山和久[株式会社ダイアモンドギル 代表取締役]
 2-2:マネジメント【経営視点】
    ●オンラインゲームのトレンドの変遷
     小沼竜太[リュウズオフィス]
    ●仮想世界の価値とビジネスモデル
     野島美保[成蹊大学 経済学部 准教授]
    ●オンラインゲームの国際分業
     澤 紫臣[株式会社ハイファイブ・エンターテインメント
     代表取締役 CEO]
    ●複合カフェにおけるオンラインゲームの動向
     兼森 淳[有限会社ベーダ横浜 代表取締役 /
     日本複合カフェ協会理事]
 2-3:ディレクション【運営視点】
    ●関連ソリューションから見たオンラインゲームの運営
     金 明均
    ●課金事業者から見たオンラインゲーム市場2006
     橋野太郎[株式会社ウェブマネー 執行役員 営業部長]
    ●コミュニティマネジメントについて
     石山隼行[株式会社アメイジンググレイス /
     シークレットガーデン 乙女なネットパーク
     「女神幻想ダイナスティア」 ゲームディレクター]
    ●ゲームマスターサービスについて
     高村 弓[株式会社ISAO アミューズメントオンライン事業部
     ゲームマスターサービス部 スーパーバイザー]
    ●根本から考え直すオンラインゲーム・プロモーション
     小沼竜太[リュウズオフィス]
 2-4:ユーザー【ユーザー視点】
    ●オンラインゲームと欲望
     ネトゲ研究日誌 後藤
    ●オンラインゲームユーザーの傾向分析
     神谷 健[ワンズ・コミュニケーションズ株式会社 代表取締役]
    ●ゲーム論文大賞 優秀賞受賞 オンラインゲームに関する消費者
     行動分析
     桑島淳郎 二見龍一 松岡一憲 八木崇裕[慶應義塾大学経済学部]

第3章 タイトル動向
 3-1:オンラインゲームの国内市場規模
 3-2:クライアントインストール型オンラインゲームの傾向
 3-3:オンラインゲームタイトルリスト
 3-4:2006年 業界NEWS

第4章 ユーザー動向
 4-1:カジュアルオンラインゲームユーザー
 4-2:クライアントダウンロード型オンラインゲームユーザー
 4-3:タイトル別ユーザー満足度調査


■■ 概要 ■■

商 品 名:2007オンラインゲーム白書
発 刊 日:2007年5月18日
発   行:株式会社メディアクリエイト
販   売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
判   型:A4版・208頁・ハードコピー
価   格:32,000円(本体価格30,476円+消費税1,524円)別途送料500円

詳細ページ: リンク


【お申し込み方法】
TEL・FAX・e-mailのいずれかにて住所・お名前・e-mail・電話番号・会社名を明記の上お申し込みください。
また、上記URLよりお申し込みページへリンクしておりますので、そちらのフォームでのお申し込みも可能となっております。


■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■

・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: リンク
・連 絡 先:〒107-0052
      東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@ns-research.jp


■■ この件に関するお問い合わせ ■■

〒107-0052
東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
TEL: 03-3560-1368 / FAX: 03-3560-1330
担当:安田
info@shop.ns-research.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。