logo

クルーク株式会社、自社サービスのサーバーに自然エネルギー発電を導入。ユーザーと共にCO2削減を目指す。

クルーク株式会社(東京都渋谷区/代表取締役:片桐孝憲)はこの度、日本自然エネルギー株式会社(東京都中央区/代表取締役:正田剛)との契約により、「グリーン電力証書」を取得いたしました。年間5,000kWhの「バイオマス」による自然エネルギー発電を同社に委託することで、当社サービス"weime"(http://weime.jp/entry.php)、"crooc"(http://crooc.com/)
にかかる全電力が、グリーン電力に転換されることとなります。

プレスリリース
報道関係者各位

2007年7月25日
クルーク株式会社

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
クルーク株式会社、自社サービスのサーバーに自然エネルギー発電を導入。
ユーザーと共にCO2削減を目指す。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

クルーク株式会社(東京都渋谷区/代表取締役:片桐孝憲)はこの度、
日本自然エネルギー株式会社(東京都中央区/代表取締役:正田剛)
との契約により、「グリーン電力証書」を取得いたしました。
年間5,000kWhの「バイオマス」による自然エネルギー発電を同社に委託することで、
当社サービス"weime"(リンク)、"crooc"(リンク
にかかる全電力が、グリーン電力に転換されることとなります。

さらに、当社ウェブサイト上に社会貢献活動を紹介するページを新たに作成すると同時に、
オリジナルロゴTシャツの販売を開始いたします。Tシャツは一着2,500円で販売し、
売上の20%をグリーン電力購入費用に充当することで、ユーザーと共にCO2削減に向けて
努力してまいります。

バイオマスとは、太陽エネルギーを用いて水と二酸化炭素から生物が生成する資源
(木材や藁、資源作物など)であり、持続的に再生可能とされています。
近年、廃棄物処理コストの高騰などの理由により、自治体などがバイオマスに注目し、
実験的な利用を始めています。既に、東京都が2007年度より、動物性の廃油を
原料としたバイオマス燃料による都バスの走行実験に着手しております。

今回当社が導入した「グリーン電力証書システム」は、風力、水力、
バイオマスなどの自然エネルギーにより発電された電力を、企業などが
環境対策として利用できるようにする仕組みです。自然エネルギーを
利用できる環境にない企業であっても、CO2削減に努め、
自然エネルギーの普及という社会的貢献を行うことが可能となります。

クルーク株式会社では、2007年6月より、自分の「やること」をメモ代わりにポストして
達成状況を周囲と共有するタスク管理サービス"weime"を開始いたしました。
使用するサーバーに関して、バイオマスによる発電を直接利用できる環境では
ありませんが、日本自然エネルギー株式会社からグリーン電力証書を購入し、
自然エネルギーによる発電を委託することで、weimeに係る電力量すべてが
グリーン電力化されています。

クルーク代表取締役の片桐孝憲は、「weimeをはじめ、ウェブサービスを
展開していく上で、『インターネットサービスで人々の生活を豊かにしたい』
という強い気持ちがある。そのため、当然の前提として、環境に及ぼす影響にも
最大限配慮するべきであると思い、今回のグリーン電力証書取得に着目した」
と話しています。

当社においては、今後とも提供サービスにおける環境面への配慮のみにはとどまらず、
今後"weime"においてユーザー一体型の環境イベントを企画していくなど、
サービス、ひいてはインターネットを通じて社会に貢献できるような取り組みを
進めてまいります。


クルーク株式会社 CSR紹介ページ
リンク

クルーク株式会社 LOGOTシャツ販売ページ
リンク

"weime"
リンク


【クルーク株式会社について】
2005年7月設立。CMS開発事業、システム開発事業、
ホスティング事業などを手がける。2006年4月より容易にWebページを
生成できる無料サービス「crooc(クルーク)」の提供を開始。
2007年5月にはCMSホスティングサービス「dotpot」をリリース。
2007年6月よりtwitterライクなタスク管理サービス「weime」開始。


【本件の連絡先】
クルーク株式会社
担当者氏名:藤田
TEL:03-3341-3356
e-mail:press@crooc.co.jp
URL:リンク
関連URL:リンク
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-16-6-1F

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。