logo

ティー・ティー・ティー㈱、新しい情報セキュリティ製品「データロック」を販売開始

パソコン/DVDのデータ流出を防ぐ新しい情報セキュリティ製品

IT産業におけるイノベーターとして新しい情報セキュリティーツールを開発・販売するティー・ティー・ティー株式会社(東京都豊島区、代表取締役:尾崎博嗣)は、情報を保存・移動するDVDデータをUSBメモリで暗号化し、データの流出を防ぐ情報セキュリティ製品「データロック(USBメモリ)」を開発し、来る8月15日に全国のPCソフト取扱店などで新発売します。


現在、組織や企業のデータ保護や移動はDVDを使用していることが多く、パソコンを暗証番号、指紋認証で保護しているにもかかわらず、データ流失が多く報告されています。一度パソコン内のデータをDVDにコピーすれば何処へでも運ぶことができかつその追跡は難しいという難点があります。


今回ティー・ティー・ティー㈱が開発・販売する「データロック(USBメモリ)」は、USBメモリでパソコン内のデータを暗号化・保存し、各自が所時する「データロック(USBメモリ)」でないと内容が見られない仕組みで、新しい情報セキュリティ機能を搭載したUSBメモリです。同製品は、縦73mm, 横19mm,高さ6mmの小型USBメモリで保存・運搬・PC接続が容易でハイセキュリティかつ利便性が高い周辺機器です。


「データロック(USBメモリ)」の使用方法は、同製品をパソコンに差し込むとDVD・パソコン内のデータが暗号化されます。同製品は個別に暗号化され、その人が使用している「データロック(USBメモリ)」のみで閲覧が可能です。又USBメモリは、暗証番号がないと使用できないので、二重にセキュリティをかけることができます。


個人情報保護法が施行されて2年、企業は様々な形で情報流出対策を試みていますが、情報漏洩は止まりません。「データロック(USBメモリ)」は、『自分のUSBメモリでしか読めない』個別化された情報保護ツールとして安全な情報管理を社会に提供することができる画期的な製品です。


特長:
1. DVD, パソコンのデータ流失が防げます。
2. DVD, パソコン内のデータが暗号化され、「データロック(USBメモリ)」なしでは、読み取れなくなります。
3. 暗証番号の盗難によるデータ流出を防げます。
4. パソコン廃棄や移動によるデータ流出がなくなります。
5. 「データロック(USBメモリ)」は、暗証番号で認証するため「データロック(USBメモリ)」の紛失や盗難があってもデータは流出しません。


製品概要:
製品名:「データロック(USBメモリ)」
規格:パソコン周辺機器
サイズ:縦73mm、高さ19mm、横6mm。
重さ:約5g
価格:20,000円
発売元:ティー・ ティー・ティー株式会社
発売日:2007年8月15日(水曜日)
発売場所:全国のPCソフト取扱店など


お問い合わせ先:
ティー・ティー・ティー株式会社 
代表取締役 尾崎 博嗣(おざき ひろつぐ) 
Tel: +81-3-5978-6055
Fax: +81-3-5978-6035
Mail: y-mori@tttnet.ne.jp
URL: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。