お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

システム・テクノロジー・アイとロゴスウェア、ライブ型研修の提供で協業

~iStudy Enterprise ServerとPOWER-LIVEの連携により、E-Learningとリアルな研修を融合~

株式会社システム・テクノロジー・アイ(本社 東京都中央区 代表取締役社長 松岡 秀紀 東証マザーズ上場:証券コード 2345)とロゴスウェア株式会社(本社:茨城県つくば市、代表取締役社長:石神 優)は、E-Learningとリアルな集合研修を融合したライブ型研修の提供において協業を行うことを発表いたします。

報道関係者各位

----------------------------------------------------------------------
システム・テクノロジー・アイとロゴスウェア、ライブ型研修の提供で協業
~iStudy Enterprise ServerとPOWER-LIVEの連携により、E-Learningとリアルな研修を融合~
----------------------------------------------------------------------

                                         2007年7月18日
                              株式会社システム・テクノロジー・アイ
                                       ロゴスウェア株式会社

株式会社システム・テクノロジー・アイ(本社 東京都中央区 代表取締役社長 松岡 秀紀 東証マザーズ上場:証券コード 2345)とロゴスウェア株式会社(本社:茨城県つくば市、代表取締役社長:石神 優)は、E-Learningとリアルな集合研修を融合したライブ型研修の提供において協業を行うことを発表いたします。

これにより両社は、システム・テクノロジー・アイが提供する学習管理サービス「iStudy OnDemand」およびE-Learning用イントラネット・サーバー・ソフトウェア「iStudy Enterprise Server(以下、iES)」と、ロゴスウェアが提供するWebセミナー&テレビ会議システム「LOGOSWARE POWER-LIVE」を連携するインターフェイスを共同開発し、iStudy OnDemandのサービスメニューとして『iStudy OnDemand Liveサービス』を、iESのオプション製品として『iStudy Enterprise Server Live Option』を、それぞれシステム・テクノロジー・アイから2007年9月末日より提供いたします。

『iStudy OnDemand Liveサービス』および『iStudy Enterprise Server Live Option』の提供により、ライブ型研修を簡単かつ安価に実施することが可能となります。
ライブ型研修では、「iES」および「iStudy OnDemand」を導入・利用している企業であれば、受講者はFlashがインストールされたPCとインターネット環境を用意するだけで、遠隔地でもアクセスして受講することができます。
一般的な一方向のE-Learning環境と異なり、挙手ボタンや文字チャットなどによる質疑応答も可能となり、リアルタイムかつ双方向の学習環境も提供されます。

また、システム・テクノロジー・アイが提供するコンテンツ・オーサリング作成ツール「iStudy Creator NX」を組み合わせて利用することで、講師はMicrosoft PowerPointで作成した独自の研修資料をライブ型研修用に変換し、利用することができます。

価格は、『iStudy OnDemand Liveサービス』が1セッション開催あたり10万円で、1時間40名程度のバーチャルな研修ルームをご利用いただけます。
今後は、システム・テクノロジー・アイからライブ型研修コンテンツの提供も計画しており、1コンテンツあたり1,000円から2,000円程度で受講できる予定です。
また、『iStudy Enterprise Server Live Option』は1ルームあたり140万円で、時間が重複しなければ何回でも利用できるほか、同時に利用可能な研修数が無制限のメニューも用意しています。

通常、『iStudy OnDemand Liveサービス』および『iStudy Enterprise Server Live Option』と同様な他の製品・サービスでは、受講者側に特殊な環境の設定が必要となるほか、価格面でも敷居が高いため、導入に踏み切れない企業が多いといわれていました。
システム・テクノロジー・アイとロゴスウェアでは、簡単かつ安価に利用できるライブ型研修環境の提供により、多様化する企業の教育ニーズに柔軟に対応し、個人のスキル向上に貢献してまいります。

年間販売目標:初年度20社2,000万円


【『iStudy OnDemand Liveサービス』および『iStudy Enterprise Server Live Option』概要】

■講師機能
・ビデオ配信
・ホワイトボード機能
・セミナー資料配信&ファイルダウンロード機能
・デスクトップ配信(LiveOut)
・簡易Webページ配信
・テキストボード
・セミナー記録機能
・アンケート/投票機能

■受講生機能
・挙手機能
・文字チャット
・ファイルダウンロード機能

■価格
・ iStudy OnDemand Live            10万円/1セッション
・ iStudy Enterprise Server Live Option   140万円/1ルーム


●「LOGOSWARE POWER-LIVE 2.5」について
「LOGOSWARE POWER-LIVE」は、オーディオ、ビデオ、データを使い、複数ユーザーが、リアルタイムで通信できる遠隔授業&ネット会議システムです。Flashプレーヤで動作するため、追加プラグインなしで、幅広いブラウザ環境で利用できます。
また、API接続をサポートし、他システムとの連結が容易になっていることも特長です。
リンク

●「iStudy Enterprise Server」について
スキル診断/コンピテンシー管理、および診断結果に基づいた人材育成計画機能、E-Learning機能を搭載した、国内初の専用イントラネット・サーバーです。
企業内の既存人事システムと連動して、社員のスキル診断実績や社内のスキル分布が容易に把握できるほか、診断結果に基づくスキルアップ・ロードマップの策定や、全社的な研修計画・実績管理・E-Learning機能など、人レベルのスキル管理や全社的なトータルな人材育成を実現します。価格:651,000円(税込)から。

●「iStudy OnDemand」について
「iStudy OnDemand」は、個人から大企業まで、あらゆる規模での人材教育を支援するトータルな学習管理サービスです。SaaS(Software as a Service)型で提供され、iStudyの468タイトルにも上る幅広い学習コンテンツを簡単に利用でき、E-Learningと教室での研修の受講履歴や受講者のスキル診断結果などをトータルに管理することができます。また、導入企業の実際の組織体制に合わせて権限設定を行うことができるため、社員からの受講申請や管理者による受講承認のプロセスなどが反映された管理環境を提供します。

●「iStudy Creator NX」について
『iStudy Creator NX』は、社内研修に重点を置く企業のニーズに対応したコンテンツ・オーサリング作成ツールで、企業独自のコンテンツを簡単に作成することが可能です。
最新版の『iStudy Creator NX V2.1』では、Flashビデオのサポートなどさまざまな機能強化が行われています。


株式会社 システム・テクノロジー・アイについて
CSR教育、ビジネススキル、IT利用スキル等のE-Learning 学習ソフトウェア「iStudyシリーズ」および、ITSSやETSS等のスキル診断からスキルアップのPDCAの仕組みを構築し、戦略的人材育成を支援するiStudy Enterprise Serverの開発販売、ならびにOracle・IBMの認定研修など教育事業を中心に展開しております。
2002年12月13日に東証マザーズ(証券コード:2345)上場。
リンク

設立: 1997年6月12日
資本金: 346百万円
従業員: 37名(2006年12月末現在)


ロゴスウェア株式会社について
ロゴスウェア株式会社は、2001年7月に、高度なFlash技術をベースにした優れたeラーニングソリューションをマーケットに送り出すことを目的に 設立されたITベンチャー企業です。
リンク

設立: 2001年7月
資本金: 3,850万円
従業員: 31名(2007年6月現在)


■本件に対するお問い合わせ
株式会社 システム・テクノロジー・アイ
iES営業本部 板東秀則
Tel: 03-5148-0400
e-mail: iES-Sales@systech-i.co.jp
URL: リンク

ロゴスウェア株式会社
セールス担当 下村佳代子
Tel: 03-5818-8011
e-mail: com@logosware.com
URL: リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。