お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

大手企業向け情報共有システム「アリエル・エンタープライズ」を正式リリース

ノーツなどの情報系システムを代替する、拡張性の高いパッケージソフトを提供

アリエル・ネットワーク株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:小松宏行、以下アリエル・ネットワーク)は、2007年7月6日(金)、大手企業向け情報共有システム「Ariel AirOne Enterprise(アリエル・エンタープライズ)」を正式リリースしました。

 アリエル・エンタープライズは、Web2.0に代表される最新トレンドやオープンソース技術を取り入れることで、拡張性・柔軟性の高いシステム基盤の構築とともに、企業内におけるシームレスなデータ連携と情報共有を実現するWeb型コラボレーションウェアです。

 
 アリエル・エンタープライズは、営業日報などの簡易的なものから、高いニーズのある企業内SNS、社内FAQ、文書管理、各種申請ワークフロー、顧客管理DB、ナレッジマネジメント、人材スキルマップなど、独自アプリケーションの開発が可能です。これにより、多種多様なビジネスシーンとニーズに対応するとともに、企業内におけるシステム開発や保守、アップグレードにかかるコストを大幅に削減し、情報共有の仕組みを簡単に構築・変更することができます。

 
 また、Lotus Notesを代表とする既存の情報共有システムからの移行においては、当社のNotesシステムや情報共有における豊富なノウハウと高い技術力を活かし、迅速かつ低コストに、硬直化した情報系システムからオープンで拡張性の高いシステムへの移行を実現します。



□製品名   :Ariel AirOne Enterprise(アリエル・エンタープライズ)


□主な機能  :


●ナビゲーショングループウェア機能
 スケジュール、電子会議室、ファイル管理等の標準的なグループウェア機能に加え、マッシュアップポータルやブログ等、企業内に分散した様々なデータやファイル、情報や知識を集約・一元的に管理し、利用者に最適化して表示することで、情報へのアクセスを容易にし、業務効率の大幅な向上を実現します。


●コラボレーション機能
 データベースやフォーム・ビューの設計、ワークフローを絡めたアプリケーションは、ウィジェット(フォームを構成する部品)をドラッグ&ドロップで配置するだけで作成できるため、業務を熟知した利用者自身が、各部門・組織内のコラボレーションに最適なシステムを構築することが可能です。


●システム管理機能
 柔軟なマトリクス組織グループを作成・管理することができ、大量かつ頻繁に発生する人事異動などのメンテナンス工数や、データのインポート・エクスポートのサポートによる、情報の一括登録やバックアップ、他システムからの乗り換えにかかる移行コストを大幅に削減できます。


●セキュリティ管理機能
 暗号化や複数のセキュリティ対応を施すことで、高い安全性を確保し、アクセス権限の柔軟なコントロールとログ管理・監視・解析することで企業内システム運用に関わる内部統制やSOX法対策を強力にサポートします。


●外部システム連携
 シングルサインオンにより、アリエル・エンタープライズにログインするだけで、ユーザーID・パスワードの入力なしに、シームレスに外部システムとの連携が行えます。また、モバイル環境のサポートにより、外出先など、利用者の場所や状況を問わず利用することができます。




---------------------------------------------------------------
□本件に関するお問い合わせ先
  アリエル・ネットワーク株式会社
  〒153-0061東京都目黒区中目黒3-3-2 EGビル7F
  Tel:03-5725-9201  
  広報担当 E-mail:pr@ariel-networks.com
  


□製品に関してのお問い合わせ先
  アリエル・ネットワーク株式会社  E-mail:info@ariel-networks.com
---------------------------------------------------------------

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

□アリエル・ネットワーク株式会社について

 アリエル・ネットワーク株式会社は、米国でNotes開発に携わった、旧ロータス社の技術者を中心に2001年4月11日に日本で設立。グリッドやP2Pなどの分散コンピューティング技術に着眼、分散コンピューティング環境開発基盤を自社開発し、日本初のビジネスP2P型グループウェアを開発するとともに、インターネット、社内ネットワークを問わずネットワークに接続された環境で、セキュリティを保持しながら、ネットワークを意識せずに必要な情報を取得、送信する仕組みを提供している。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。