お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

フィードパス株式会社、ヤフー株式会社の運営サービスにブログ投稿機能を提供

~「Yahoo!みんなのトピックス」と「Yahoo!トレンドワード」へ追加機能 ~

フィードパス株式会社
2007/06/01 10:00

フィードパス株式会社 (本社: 東京都渋谷区 代表取締役社長CEO: 津幡 靖久 以下フィードパス)は、ヤフー株式会社(本社:東京都港区代表取締役社長:井上雅博 以下 Yahoo! JAPAN)とコンシューマー向けインターネットサービスにて業務提携を行うことに基本合意しました。

今回の業務提携により、フィードパスはコンシューマー向けフィードリーダーである「feedpath Rabbit」の機能である「Blogエディタ」を Yahoo! JAPAN が提供するソーシャルニュースサービス「Yahoo!みんなのトピックス」(ベータ版)および、ブログやニュースでのトレンドワードを解析する「Yahoo!トレンドワード」(ベータ版)に提供することを本日発表します。

「Yahoo!みんなのトピックス」や「Yahoo!トレンドワード」のユーザーは「Blogエディタ」機能を利用することにより、それぞれのサイトに掲載されているコンテンツを自由に引用し自分のブログやSNSに対して、記事を直接投稿することが可能になります。これにより、サービスの活用範囲が拡大させ、今後も両社のサービス連携を強化して参ります。

■「Yahoo!みんなのトピックス」ベータ版について 【リンク
みんなで作る、参加型ニュースサービスです。最新の注目ニュースがここでわかります。インターネット上で見つけた気に入った記事を投稿し、その記事について意見を出したり、参加者間で語り合うことができます。話題のニュースはもちろん、ブログの記事や、おもしろいホームページなど、インターネット上にあれば、なんでも投稿できます。投稿された記事は、トピックとして表示されます。トピックの重要度や注目度が、スコアとして表示されるので、スコアの数値が高いトピックをチェックすれば「何がいま話題なのか」がわかります。

■「Yahoo!トレンドワード」ベータ版について 【リンク
~今、ブログやニュースで話題となっているワードをランキング~
「Yahoo!トレンドワード」は、ブログやインターネットニュースに掲載された文章のなかから出現頻度が高く、最近急に使われるようになったワードを抽出しランキング表示するサービスです。そのとき話題になっていることや注目されていることが一目でわかります。「Yahoo! トレンドワード」(ベータ版)の詳細は下記のとおりです。
●ブログ、インターネットニュースで出現頻度の高いワード(トレンドワード)を、それぞれ50位まで表示。ランキングは5分ごとに更新されます。
●トレンドワードと一緒に出現するワードを、その出現頻度順に表示。トレンドワードと関係が深いワードは文字サイズを大きく表示します。
●トレンドワードの出現頻度を24時間、1か月間、1年間のグラフで表示(ワードのトレンドグラフ)。
●「ニュースではこんな話題が載っています」欄で、トレンドワードと関係の深いニュース記事の見出しを表示。
●「ブログではこんな話題が書かれています」欄で、トレンドワードと関係の深いブログを表示。

■「feedpath Rabbit」について 【リンク
「「feedpath Rabbit」のベースである「feedpath」はWeb2.0時代を先駆けWebベースのフィードリーダーのイノベーターとしてフィードリーダーを中心にソーシャルタギング、Blogエディタなどの革新的な機能を提供してきました。2006年1月のサービス開始から、そのシンプルで洗練されたユーザーインターフェースは多くのユーザーに愛され利用されてきました。フィードリーダーが普及した現在、「feedpath Rabbit」は「feedpath」で培ったユーザーエクスペリエンスを踏襲し、多くのユーザーフィードバックを元に優れたインターフェースと革新的な機能をインターネットユーザーに提供します。

■Blogエディタについて 【リンク
この「Blogエディタ」では、「feedpath Rabbit」のサイトからMovable TypeやTypePad、アメーバブログ、はてなダイアリーなどの代表的ブログ、および日本最大級のソーシャルネットワーキングサービス(SNS)であるmixi、GREEなどの日記へ直接記事を投稿できます。また、標準で16種類の記事投稿テンプレートがあり、本や商品の評価・レビューなどが投稿でき、さらにAmazon、楽天などのアフィリエイト機能も利用できます。これまでITmediaやゴルフダイジェストオンラインに対して機能提供をしています。

【フィードパス株式会社 概要】(リンク
フィードパス株式会社は、「インターネットユーザーに対して、コンパクトかつリアルタイムなインターネット体験を提供すること」をミッションとしてエッジの効いたテクノロジーをベースに革新的なインターネットサービスおよび、Web アプリケーションを提供するテクノロジーベンチャーです。日本を代表するWebグループウェアを提供するサイボウズと、インターネットビジネスインキュベーターであるネットエイジグループのジョイントベンチャーであるフィードパスは、Web 型フィードリーダーである「feedpath Rabbit」をコンシューマーに提供する一方、企業向けIT ソリューションとして、イントラブログ・システム 「blogengine」、新しいコミュニケーションスタイルを実現するセキュアなメッセージングシステム「feedpath Zebra」、さらには、グルーウェアの代名詞である「サイボウズOffice6」とお手軽データーベース「サイボウズデヂエ」をASPサービスで提供しています。2005年設立。詳しい情報は、リンクをご覧ください。

■その他資料 マスコミ各社様向け画像ページ
リンク

●報道関係者からのお問い合わせ先

■フィードパス株式会社
広報担当 西川 TEL:03-5728-2721
取材・掲載記事についてのお問い合わせ Email: fp-relations@feedpath.co.jp

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。