logo

デジタルAddressable Advertisingはケーブル市場の主要牽引要因になるだろう

米国調査会社インスタット社では、Addressable Advertising関連市場の市場価値が2011年までに5億4000万USドルを超えるという予測結果を発表している。

2007年、ケーブルテレビ市場におけるデジタルAddressable Advertisingは発展し、今後数年間はハードウエア、ソフトウエア、サービスベンダにとって主要な市場牽引要因となると、米国調査会社インスタット社では予想している。また同社では、世界の関連機器、ソフトウエア、システム、サービスの市場価値は2011年までに5億4000万USドルを超えるという予測結果を発表している。

2007年、ケーブルテレビ市場におけるデジタルAddressable Advertising(アドレス可能な広告)は発展し、今後数年間はハードウエア、ソフトウエア、サービスベンダにとって主要な市場牽引要因となるだろうと、米国調査会社インスタット社は報告する。世界のデジタルAddressable Advertising向けの機器、ソフトウエア、システム、サービスの市場価値は2011年までに5億4000万USドルを超えるだろう。

「米国のCATV市場には現在8000のヘッドエンドがあり、世界中ではもっと多い。これらのヘッドエンドの多くは古いアナログシステムで、デジタルAddressable Advertisingを配信する機能はないだろう。しかしインスタット社は、2011年末までには、世界中のケーブルヘッドエンドの4000以上が、双方向のデジタル機能を持つだろうと考えている」とインスタット社のアナリストGerry Kaufhold氏は語る。

インスタット社は、下記についても調査した。
■ デジタルAddressable Advertisingは、ケーブルテレビ広告サービス市場を拡大するだろう
■ VODとHDTVは、ケーブルテレビのAddressable Advertising制作に長期的成長をもたらすだろう
■ ケーブルオペレータは、SDV(Switched Digital Video)によって、「ナローキャスト」によるテレビ番組提供におけるデジタルAddressable Advertisingの市場を拡大するだろう

インスタット社の調査レポート「Addressable Advertising:デジタルケーブルTVシステム - Addressable Advertising: Digital Cable TV Systems」は、デジタルAddressable Advertisingとそれをサポートする機器の市場を調査した。デジタルAddressable Advertisingを制作する機能をもつケーブルヘッドエンド設備数の予測、これらの成長によってもたらされる市場価値、2011年までのヘッドエンドのデジタルAddressable Advertising制作の購入、その制作の市場価値の予測を地域毎に提供する。


[調査レポート]
Addressable Advertising:デジタルケーブルTVシステム
Addressable Advertising: Digital Cable TV Systems
リンク

インスタット (In-Stat)について
リンク

※このプレスリリースに関するお問合せ
リンク

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
リンク
Eメール:info@dri.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。