logo

映像配信サービスの課題を解決し、コストを大幅に削減するソリューション IPマルチキャストソリューション「CAST365PLUS」販売開始

「オーバーレイマルチキャスト技法とIP Tunneling技法」を用い、すべてのネットワーク環境で完璧なIPマルチキャストソリューションを提供いたします!

現在、最も一般的な動画配信方式であるユニキャストは、サーバとクライアントが1対1で通信するため、視聴者数に比例して配信サーバやネットワークインフラが圧迫されていました。
CAST365PLUSのオーバーレイマルチキャストは、サーバが送信したデータを同時に複数のクライアントに配信する技法です。データを受け取ったクライアントは、別のクライアントと相互にデータ転送を行います。視聴者が増加しても、配信サーバやネットワークインフラに対して多大な負荷を与えず、安定的なデータ送信ができます。
また、従来のIPマルチキャストと異なり、現在のネットワーク機器をそのまま利用することも可能です。
「CAST365PLUS」により、企業広報やIR活動、学校・塾等での教育サービス、特定会員様向けサービス等において、インターネットを介した高画質な映像配信サービス(IP放送)のご提供が可能となります。

CAST365PLUSの機能
○Dynamic Routing機能「特許出願中」
ネットワーク上、最もパフォーマンスの高いClient(親)を検出し、ネットワークパフォーマンス上、最も近いClientにデータ転送。
○Frame Rate Control機能「特許出願中」
ネットワーク障害によるパケットの損失から発生する画質劣化を最小限に抑え、サーバ負荷も大幅軽減。
○Overlay Multicast
ネットワークに隣接する複数のClientにデータ転送するため、配信サーバやネットワーク機器にかかる負担を軽減。
○IP Tunneling機能
IPマルチキャストパケットにユニキャストパケットをカプセル化し、IPマルチキャストパケットが通過できないネットワーク機器を通過させる技術。
○Record & Play機能
ライブコンテンツをオリジナルと同品質で録画。
○Proxy機能
配信サーバと同一の機能を発揮、配信サーバの負荷を軽減することにより、安定した配信を実現。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。