logo

最短1ヶ月で導入できる販社/卸業向けの多機能な販売物流管理システム「Logistics Station iDOL」を正式発売

販売管理と物流管理を一体化。最短で1ヶ月で導入できるほか、日中英韓をはじめ多言語に簡単に対応できるソフトウエア製品

株式会社フレームワークス(本社:静岡県静岡市、代表取締役社長 田中純夫)は、販社/卸業向けの販売物流管理システムとして、新製品「Logistics Station iDOL」を2007年3月16日に販売開始いたしました。

●開発経緯
当社は、物流拠点(倉庫、物流センター)の在庫管理・作業支援・情報管理を行う物流センター管理システム(Warehouse Management System、以下「WMS」という)を自社開発しており、パッケージシステム『Logistics Station iWMS』シリーズとして提供しております。
このほど、日本をはじめ東アジアで販売・管理、受注、在庫管理を統括して管理したいというニーズが高いことから、受注・販売管理と物流管理を一体化した販売物流管理システム「Logistics Station iDOL」を新たに開発いたしました。「販売物流管理システムは必要だが、高価なWMSまでは必要ない」という国内外の中堅企業を主な対象にします。

●Logistics Station iDOLの特徴
このシステムは、フレームワークスが東アジア戦略の展開に伴って蓄積した販売・物流の実運用に関する業務ノウハウをソフトウエア製品として結実したものです。カスタマイズなしの場合は導入に1ヶ月、カスタマイズを行う場合でも3ヶ月以内です。
1.販社や卸売、物流の管理を「見える化」
 販社・卸売りの業務と物流の現場実務の観点から、受注・販売管理と物流管理機能を統合しました。販売と物流からもたらされる経営情報をリアルタイムに把握し、現場で即時に求められる意思決定を実現します。受注から販売・回収までトータルで管理できるため、営業部門と物流部門の緊密な情報共有を実現します。
2.多言語対応
 専用辞書を標準装備し、クライアント側での簡単な設定によりシステム画面を全体的に日本語、中国語、韓国語、英語などの言語に切り替えて使用することが可能です。また、ユーザー企業の独自の用語などにも対応します。業務をストップさせることなく、使える言語に変更できます。
3.豊富な機能
 豊富な機能を備えています。
・時間と場所を選ばず販売・在庫の情報を見られるWeb照会機能
・すべての管理データをEXCEL形式で出力可能
・外部システムとの連携が可能な汎用インターフェースを前提とした設計
・輸送中在庫の引当・他倉庫の在庫検索
・セキュリティーと使い安さを両立させたユーザー権限管理  など

4.低コスト短納期
 1ライセンス500万円より。低コストで、しかも、短期間で導入が出来ます。
 例えば中国では、販売管理機能と物流管理機能を持つ複合製品はまだ少ないと見られます。中堅企業にも導入しやすい価格として、普及を図りたいと考えています。(注)
 実運用ベースで必要な機能と設定を備えていますので、パッケージを標準でご利用いただける比率は高いものがあります。カスタマイズをしなければ1ヶ月程度、カスタマイズがあっても3ヶ月以内での導入ができます。

●販売について
当面年間20本の販売を目指します。

●補足
主な機能
・得意先管理=本店・支店管理、グループ一括機能、与信限度額、出荷倉庫、担当営業、配送ルート、契約日、最終取引日等
・商品管理=品名、型式、カテゴリー、発売日、終了日、価格、重量、容積、出荷停止、返品停止、原産地、POSコード、仕入先、終身販売数、セット品、付属品等
・販売組織=全社、本部、営業部、課、係、販売員等
・販売管理=得意先別、カテゴリー別、モデル別、販売組織別予算/実績、得意先分類別、販売スケール分類別実績、リベート計算等
・売掛管理、得意先別、組織別の月単位の管理、前受金制度等
・回収計画表、未回収一覧表、回収実績表 ※オプション機能
・在庫管理=在庫日報、在庫月報、全数棚卸、循環棚卸、滞留品一覧表、助成別、未出荷品、ベンダー在庫、ロケーション管理、修理品、貸出中等
・受注管理=店コード検索、与信チェック、在庫検索・引当、予約受注、輸送中在庫引当、販売割振り、本部別在庫所有権、エリア別価格等
・仕入管理=マルチベンダー対応、自動補充指示、仕入実績表、ベンダー在庫自動振替等

注:当社調べによる。

用語解説

製品名は、「Logistics Station intelligent Distributor’s Operation & Logistics」の略

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事